2016年11月01日

「武士道シックスティーン」


武士道シックスティーン --- 誉田哲也/著 文芸春秋 2007

「一瞬の風になれ」を勧めてくれた仲間がこれもおもしろいよ〜〜〜♪って
もう
読むしかないでしょう!4冊シリーズだから3冊(なぜに-1…)大人買いしてしまった


昨日の夜読み始めて。
うむむ… コレはちょっと、わたしダメなやつかも…
って最初思っちゃったんですけども

剣道少女の話なんですけれども。
(ダブル主人公)
最初に出てくる女の子が、いやー、こんな子、いないでしょう!!
って(わたしも武道をやってただけに)なんかリアリティが感じられなくて

でもさー
いやいや、ところがどっこい、ずんずん面白くなるんですわ
あとは結構イッキで、本日の晩ごはんは手のかからないものになってしまいました

おもしろかった!!!


まぁさー、↑の極端少女がずいぶん変わるんだけれども
その変わり方がなんだかあっけないような気もするんだけども

基本的に前を向いて生きるまぶしい青春なのよね。あーさわやかだった

もう一人の主人公の少女が
「たぶんわたしはかなりの自分好きなのだ」

って思うところ
昨日読んでた本とも共通するメッセージだなぁ

posted by しろくま at 23:09| Comment(0) | こどもの本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: