2016年07月08日

「無病法」


無病法〜極小食の威力 --- ルイジ・コルナロ/著 中倉玄喜/編訳・解説 PHP 2012

あはは これ面白かった!
著者はルネサンス期に生きたイタリアの貴族。
不摂生により40代で改心、一日350グラムの食事と400ccのワイン(を、2回に分けて)しかとらないっていう「極小食」で
生まれて初めて健康になって、しかも調子はウナギのぼり、結局120歳(当時としては異例とのこと)まで生きたそうです。

っていうのがこの本の事実のほとんど全部ですが

この食事法を行うことで、
「自分自身が自分の医者となる。しかも、その医者は最良の医者である」
っておっしゃっているのがなんとも説得力がある。

解説を書いている訳者の方は、ずいぶんな健康オタクっぷりがおもしろくって
結構楽しめる。
「空腹なときには、血液が今自分の体を修復してくれているな、と思うとよい」
これ、いただきます!!

あのさ、「微食」とあまり変わらんかなと思うのよね
それで
この本に足りないのは、
でもこれだけの量「しか食べなくて」栄養失調になったり餓死したりする人もおそらくいるわけだから

それとの違いを考えることかな
コレ大事じゃない?
(コルナロさんも、いろんな人がまねしようとしたけどできなかった、って言ってるし。)

わたしは、「意識」にあるんじゃないかとうっすら思うんだけど…(でも未実証デス)

でも
これやってみたい!!(* ̄m ̄) この頃友達に笑われるようになってきたけど…



posted by しろくま at 19:32| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: