2016年06月20日

「龍使い」になれる本


「龍使い」になれる本 --- 大杉日香理/著 サンマーク出版 2016

先日、ふとおもいついて
心斎橋のヒーラーさんのところに行ってきました。

ヒーリングをしてもらってから
龍の柄のカードをいただきました(ってか勧められて買ってみた)

あ、そうそう、余談ですが、このヒーラーさんすごかったですよ
ちゅん2の生年月日見て、見ただけで
「この子相当スピリチュアルですよ」

はーい 存じておりまする^^


帰り道に
なんとなくデパートに寄ってみたんですけど
入った一軒目のショップに

今朝ほしいな〜って思ったばかりのイメージ通りのサンダルと
何年もほしいな〜って思ってたイメージ通りのドライビングシューズと
イメージ通りの夏のカーディガンと
イメージ通りの革のポーチと
あとイメージはしてなかったけどとても心惹かれる小ぶりのバッグが
ほぼ1店舗内にありまして
(しかもポーチ以外は全部40%off)

なんかまるでマイケルみたいに買い物しちゃったよ?
("This... and this.... and this...♪"って感じー?)

すごいわー
なんか憑いてるわ。


そのあとオットが車で迎えに来てくれるのをまっている間
初めて立ち寄った書店で「潜在意識」の本がふと目について
(ヒーラーさんと潜在意識の話をしていた)
レジへ持っていったらカウンターの上にこの本が2冊ディスプレイしてあって
なぜか瞬間的に一冊掴んでおりまして

買ったの。


オットが到着するまで道路でしばし立ち読み。

帰る道々、
808 とか 8 とかやたら8のつくナンバーの車を見た。
(808は3台見たけど、オットにそういうと、もっといたぞ?って)

この本によると、「8」は龍の数字なんだって。
(八、というより、レムニスカート型のエネルギーなんだそうです。水の性だからかなー)

しかも
家につく少し前に、西の空に龍の雲を見た。


ええとね
この本との出会いは全くの偶然ですが(偶然とは言わないかも)
わたしの守護霊さん(のうちのひとり?いつもお世話になってる人)の名前は
○龍さんっていうのね そもそも

あ これ初耳?(そりゃ、めったなことではお披露目しませんわよ)

ええとね
前置きが長くなりましたが
著者は「龍」(一般的には見えないけどね…)とご縁をもらって 以来
人生の後押しをしてもらっているそうで

そんな風に龍と知り合いになって、願いをかなえる人のことを
「龍使い」と呼んでいらっしゃいいます

この本は
そんな龍使いになる方法が書いてある本で

でもそちらに意識を向けると
龍っていうのはたくさんのメッセージを送ってくれているようなのです

巻末に、龍神や龍のいる神社 のリストが載っていますが
ちょっとみてびっくり

十和田神社…今の住まいを買ったとき、ちょうどここを旅していたし
(旅行中に不動産屋さんが交渉してくれて、金額が折りあって購入が確定したのでした)

貴船神社…オットと初めてデートしたところだし(渋くね?)

金毘羅神社…結婚式はここ(…は縁切りの神社とうわさがあるので、この麓で)でしたし

斎場(せーふぁ)御嶽…4月にちゅん2と行ったばかり。(神社ではないけどね〜)

そのほかにも
北海道神宮…ふるさとの思い出深い神社。
春日大社…数年前に一人でのんびり行きました(ちょうど正倉院展の時)
出雲大社…も行ったね♪

などなど
人生の節目に、不思議とご縁があるのだわー


とにかく
この日の一連のことはちょっとないくらい特別な感じでしたが

でも
ずっと以前からご縁をいただいていたんだろうなぁって改めて思いました

これからも
いえこれからは
もっと龍さんと仲よくして
いろんなサインを見落とさないようにしよう!と思います


龍使いになるための心のコントロール法A というところに
「不安や恐れの正体を突き止める」
という方法というか行というか、が載っています

とにかく
「自分の感じている(ネガティブな)ことに対して、『なぜ?』と繰り返し訪ねていくだけです」

これわたしもよくやりますけど
「なぜ?」っていう言葉は覚えておくと便利だわ。

posted by しろくま at 18:55| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: