2016年05月31日

「トロイメライ 唄う都は雨のち晴れ」


トロイメライ 唄う都は雨のち晴れ --- 池上永一/著 角川書店 2011

うひひ 他の本もボチボチ読んでいるんですけども
このシリーズ面白いからついこちらに手が伸びてしまうわ。

風水師の話は、不細工な女の子が実は…一皮むけてそれが風水師の眼力
なんて展開を期待していたのでちょっとがっかり。
かわいい女の子がやっぱり(そう性格よくもないのに)ゴールイン、っていうお話はフツーすぎる。

まぁでも
笑いあり涙あり
おもしろかったです。

黒マンサージ氏が誰なのかが気になる〜〜〜〜
これはつづきがまだあるということよね?


そうそう
挟み込んであったチラシに、この時代の那覇〜首里の地図が載っていた。

ネットで古地図探しながら読んでたため、
大層うれしかったのですが(地図好き)
なぜこれが本の中にない…
posted by しろくま at 22:38| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: