2016年04月30日

「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」展

gorey.jpg
GW前のことですが
伊丹市立美術館で開催されてる、ゴーリーの展覧会に行ってきました。

↑が図録。手前の半券が何ともおしゃれなチケット。
関係ないけどわたしの手帳と携帯(PHSですが)。

この色が好きなのだー

伊丹市の美術館はこぢんまりしたとってもおしゃれなかわいい美術館で
ゴーリーの著書(原書もあり)をたくさん読める小さな机もあり
くわえてお天気もよく(中庭もあるのでございます)人も少なく
圧倒されつつも堪能いたしました

ゴーリーのマニアックな緻密さお茶目な変人っぽさが好き。
描かれる人物の衣装がとんでもなくおしゃれ。
(舞台衣装なども手掛けていたそうです。なるほどー)

今回
中でも、とっても心に残ったのが

20代のころにお母さん宛に書かれていたという手紙の、
その白くって横長の何でもない封筒に描かれていた絵。

宛名の文字までデザインされていて、ホント一幅の絵。

こんな手紙が息子から来たら泣くなぁー
(息子以外からだったらたぶん泣きはしないけど間違いなく超うれしい)

人物の絵はジョン・バーニンガムを
文章はロアルド・ダールを
ふと思わせる、っていうかなんとなく共通点があるわね、って思いました




そうそう
ゴーリーが愛用してたというカラーインクが、
わたしがアメリカの田舎の高校で美術展に入賞した時、副賞に頂いた
(何ドルか以内で、好きなもん買っていいよってお店に連れて行ってもらったの)
カラーインク一式と同じものだったのでちょっとうれしかった。
(まだ持ってますけど色によっては固形化してるような…)

インク絵、描きたくなった…


そうそうagain

1階で、常設展(なのか!?)
与謝蕪村の書簡展をやっていました

墨の色も黒々と…こちらも大層素敵でございました

そういえば、先週天王寺の美術館に、王羲之(などなど)の名筆展も観に行ったのでした。

こちらはまた別に書きます…
posted by しろくま at 17:16| Comment(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: