2016年03月27日

「守り人」シリーズ(再読)


先週の土曜日に、楽しみにしてたTVの「精霊の守り人」ドラマがはじまって
家族で視てました^^

映像はすごく美しくて
でも やっぱり…

自分で想像してる守り人の世界とはずいぶん違うものだから
(でも、あのイラストよりはずっと素敵ですが)
どうしても読み返したくなってたまらなくなってしまい〜〜

10冊読んでしまった。
(一番最近読み返した「闇の守り人」以外)


精霊の守り人 --- 上橋菜穂子/著 偕成社 2006
昨日NHKの対談番組で上橋さんがおっしゃっていたけども
この作品は正味3週間くらいで書き上げたのだそうです

バルサの体温も、実際に感じながら書いてました

ってすごいなぁとしみじみ…

 夢の守り人

 虚空の旅人

これは、チャグム王子が主人公で
のびやかな南国の風景と素敵な少年が鮮やかな素敵な作品。

 
神の守り人(上)(下)

蒼路の旅人
チャグムと南の海の取り合わせはとても好きなんだなぁ
この作品で、初めてヒューゴが出てきます。ヒューゴが一番好きだ!!

  
天と地の守り人(1)(2)(3)

これはチャグムの冒険譚。バルサと再会し、二人でさらに困難を乗り越え…

成長したチャグムがなんともすてきで、息子の母としてはコタエられない三冊。

この守り人シリーズは単行本、この軽装版、ときて今は文庫本が出ているみたいですね!
単行本はハードで素敵だけど軽装版は漢字を増やして読みやすくなっているそうです。
文庫版はどうかな?表紙のイラストがまた違うのね。
わたしは慣れないのでどうも手が伸びませんが…


それから
炎路を行く者
(これも軽装版が出ています)
ヒューゴの、少年時代の話がもう涙、涙…

今回これが一番感動したかも。

こうしてまた読み返してみて
しあわせだったんですけども
二つ、以前読んだ時と違うことにふと気がつきました

世の中を、好き・きらいだけで見ていては
見逃してしまう、あまりに興味深いことがたくさんあるなぁということ。


自分の尺度だけで見てたら腹も立つのよねぇ
それを、楽しんでしまえる秘訣でもあるかな。

それから

自分の中にたくさんの「他人(の視点)」を入れること 


でも、これって
多角的に理解すれば視野が広がって楽しいわ
っていうことと同じようなことなんだけれども…



そんなことを思いました
守り人漬けの一週間…
 

そうそう
今回、二木さんのイラストはやっぱり勘弁してくれ…omg…って再認識しましたが
佐竹さんのイラストの方は結構好きかも… ってのが分かりました(どちらのイラストか表示がないところもあるのですけど)
posted by しろくま at 16:29| Comment(0) | こどもの本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: