2016年01月08日

「波のそこにも」


波のそこにも --- 末吉暁子/作 偕成社 2015

特に説明も読まず読みだしたのですけど
海の底の国に上(地上の国)から幼い帝が降ってきて
尼御前とか三種の神器とか味方の赤旗敵の白旗とか...

平家物語の世界とつながっているファンタジーなのでありました

わたしファンタジーは十二国記みたいな緻密にできた世界が好きなので
これはどうも読み進みながら物足りなかったのですけれど

しかも
主人公だれよ?(いや、一番たくさん出てくるタマオが主人公みたいなんだけどさ)
とか
たった一回探したところで逆鱗をひろうなんって都合よすぎね?
ウシオのキャラ変わりすぎじゃね??
みたいな…


でもね
人魚族(ザンの人々)あたりのくだりはとっても素敵だったな


いやー 十二国記読みたくなった
posted by しろくま at 21:00| Comment(0) | こどもの本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: