2015年12月28日

「だれもが知ってる小さな国」


だれもが知ってる小さな国 --- 有川浩/著 講談社 2015

この頃有川さんの本連読。で
この表紙…!!!????

読むしかないっしょ、ということで、早速〜


ですが
ええと
面白かったんだけれども

さいごの怒涛の種明かしはなんというか、興ざめ。
やっぱり
子どもに、というより大人向きのおはなしだし。

「しれっと」は一回も出てこなかったけどさ。(たぶん)

これ
(わたしの中の定義では)ファンタジーとは言わないわ…

あれ?でも
何でそう思うんだろう?
ファンタジーって何だろう?(自分の中の定義もはっきりしないのだ)

「ファンタジー論」を読めば(そう思った理由や是非が)わかるかな…


ちょっと納得できなかった本でした。ううむ。



2010年7月にこの本

を読み返したときのblogには(今は消えてて、コピーがあるので探してみました)
「ふしぎで、細やかで、豊か」
ってワタシ感想を書いてるんですよね

有川版は、ふしぎで、細やかで、豊か、では、なかったかもなぁ…
posted by しろくま at 02:20| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: