2015年09月27日

草刈り瞑想

tour.jpg
ちょっと前にこんなこと(聞く耳のない人のこと)を書いてはみたものの

もうすこし(こんな糾弾調というか指摘じみたというかではなくって)優しいところはないものかなぁって
実はずっと気になっておりましたが

つい先日こんな発見があったりもしまして

読んでくださる方の中にはお気づきの方もいらっしゃると思いますが

なぁんだ
自分のことじゃん って

気になる、っていうかわたしの場合若干annoyed、って感じもあったんですけども
それってやっぱり
自分自身の中にあるものをよりわかりやすく誇張した形で
(その人たちが)見せてくれてた、ってことなんですよね

(たぶんこんどお会いした時にはわりに違うキャラになっているんじゃないかな
もう見せてくれる必要がないからです)


だから他人の何かが気になるときはね
それは自分の中にある何かを、形を少し変えて、見せてくれているんだなぁって
やっぱり思って間違いないんじゃないかなって思います
思いめぐらせてみるいいきっかけと思えばいいんじゃないかって思います


これ難しいでしょうけれどもね
だって

「人間が物を探すときにいちばん最後になって気がつく場所は
ひとりひとりの心のなか」

なんだものね…




それで、それから
もっと考えてみましたら聴く耳っていうか
わたしの場合ですが(話の内容をっていうよりも)
相手の感情をきちんと受け止めて大切にしていないんじゃないか っていうことは
要は
自分自身の感情をきちんと受け止めて大切にしていない からじゃないか
ってことに気がついてしまった。

そうか…
ナルホド…



なぁんかさぁ
いうじゃないですか
怒りがわくときは怒りましょう!
悲しいときは泣きましょう!
って。

これって
エネルギーの発散、っていう意味もあるかもしれないけど要するに
そう感じている自分をちゃんと認識して
感情をしっかり感じましょう
っていうことなんだよね…



今日は夕方日が陰ってから庭の草刈りをしてまして
電動草刈鎌をぶんぶん振り回しながら
なんかね無心になれるというか…
それでこんなことをつらつら考えておりました

いいもんですね

瞑想みたいな効果があるのに、ただ座っているだけの瞑想よりも
お庭もきれいになって一石二鳥〜♪
2時間頑張ったけどまだ半分いかへんってどういうこと…
(まだまだ瞑想のし甲斐があるということで!)


なんていうか、単純作業だから頭を空っぽにできてだから
自分と向き合えるのかなぁ


あら?

またなんか降りてきてしまった。

わたしがもう昔っから、ルーティンの、単純作業がどーも苦手なのは
もしかしたらそうやって自分に向き合うことを無意識に避けているからなのかも



また草刈りしよう…


posted by しろくま at 21:29| Comment(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: