2015年09月10日

'The Spook's Blood'


The Spook's Blood (book10) --- Joseph Delaney, Randomhouse, 2012

あかん 読み出したら止まりません!
(このシリーズ、いつもは読み終わったら次を2冊ずつ注文するんだけど、これ読みながらあと残りの4冊、大人買いしてしまった。大人だけどさ)

今回は、っていうか、今回も、
奇想天外な展開で(作家ってその世界の神だよねぇホント…)
しかもやっぱり、Tomがずーっと出てくるのはいいなぁ!♪

「あ、これtrapだから!ぜったい危ないから!!」
なんてやきもきしながら読みました
それでJohn Gregoryがあんなことに……!!!!!!

結局Tomは闇と戦う中で
今回の巻では特に、自分の中の弱さ、と向き合うっていうか
とことん直視させられることになりましたね
でもそれを、立ち向かう力に変えていくのがすごい。そして、かわいい^^

まぁね

Tomもこの本の最後には16になりましたね
それで今後はChipenden Spookとして。見習いを続けつつ、新しいスタートです

がんばれーーー

posted by しろくま at 00:37| Comment(0) | こどもの本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: