2015年02月13日

"The Spook's Battle"


The Spook's Battle --- Joseph Delaney, Red Fox Books, 2007

2,3と読んで、
今度は原書で読んでみることにしました。

やさしい英語だった〜 びっくり!
Harry Potterの1巻よりも簡単かも。(未確認ですが)
日本語になると対象年齢が上がる?
(けど分厚いのでDarren Shanよりも骨がある)

Changeoverが、少し上のワカモノ向きっていうか、意外に骨があったのかもね?
(アレ読んだ後だから、余計に簡単に思ったんだと思いますー)

ストーリーはこんども、
もう絶対あかんやろ!っていう窮地から生還。痛快だけど
でもFiendが地上に現れたし、
先々に嫌な予感が漂ってるよね…


やっぱり原書で読むと楽しいです
CasterのBaneだって、「ベイン」よりやっぱBaneだよね…

とはいえ

主人公の(Spookの弟子)Tomの男気ある筋の通った感じが
これは和訳のほうがしっかり(大人びて)感じるかも(?)
Aliceのちょい悪な感じは、原書のほうが好きだなぁ(この辺りは私見です)


日本語版の和訳担当のお二人に
ハリーポッターシリーズも訳してもらいたいなぁって思いました


続きもボチボチ読んでいこうっと♪

posted by しろくま at 23:06| Comment(0) | こどもの本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: