2014年11月10日

「生存者ゼロ」


生存者ゼロ --- 安生正/著 宝島社 2013(文庫版2014)


ちょっとハード(戦隊モノっていうか自衛官が主人公)な生物ミステリーとでも
いいましょうか

ちゅん2が「これおもしろかったー!」って勧めてくれたので
^^
読んでみましたら

すごいおもしろかった。どんどんおもしろくなって、夜なべして読んでしまった。


北海道が全住民ごと壊滅する(ような)悪夢が起こるのですけど
狂気の天才感染症学者なんかも出てきて
モチーフは「黙示録」で(パウロの黙示録というものだそうで、本書によると和製らしい)

主人公は40がらみの防大出の自衛官なんですけど

この人家族いないのかなー
この生活ぶりはいないんだろうなー

っていうのをずっと頭の中で思ってました。(全く説明がなかった)( ´艸`)


権威を笠にきた分からんちんの上官とか
政府首脳がそろいもそろって無能だったり

こういうところはなんていうか
アルイミ青春小説かもなぁ


中2男子はこういうの好きなのかー
ちゅん2と感想を話し合ったり展開を予想したり楽しかった♪♪♪

ヽ(。^∀^。)ノ
posted by しろくま at 19:53| Comment(0) | こんなん読みました^^
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: