2022年07月03日

「潜在意識3.0」


潜在意識3.0〜「臓器との対話」で人生をアップデートする方法〜 --- 藤堂ヒロミ/著 サンマーク出版 2020

先日高野山へいきましたのはですね
この著者の講演会があったからです
というかこの方のことは全然知りませんでしたが
ゆの里に泊まって、お二人の講演会を聴いて、次の日高野山へお参りするというツアーだったのでした

ツアーのことはまた別途書くとして〜

お話が面白かったし、本を取り寄せて読んでみました。

この方は自分や他人の臓器と話ができる、色や音も聞こえる、という方で

そうそう、臓器に話しかける、対話するというコンセプト自体は、そう目新しくはなくて、
これままで別の方々からもお聞きしたり読ませていただいたりしておりまして
わたしお腹のトラブルがあった時や、手術の前後には自己流ですが結構試みたつもりではいたし
その後コネクションプラクティスの共感を使って対話したりって経験がありましたが

この方が話してくださったように、
臓器ちゃんがこんなにお喋りなんだってことは知らなかったわ。

そう思ってまた改めて向き合ってみると
受け取れることが本当にたくさんあるものねー!

おすすめのやり方とかコツとかが書いてありますので
ご興味のある方は是非手に取ってみてください。
(この方のセッション受けるのもいいでしょうけど、自分でもできると思う)


わたし自身はこの本を読んであーそうか!って解けた疑問がありましたのですが
それはですね

もうずっと前から、自分と向き合ってきた中で時折
ふっと気づく、そしてスッと楽になる、なんだかシフトするような瞬間があるんですが

でも別に解決策を思いつくわけでもなく
ただ、気がつく、ってだけで
それだけでいいらしいと話には聞くものの
(で、実際に自分でも変化をすごく感じるものの)

なんで、気づくだけでいいのー?
って実はよくわかんなかったんですよね

でも本書にこういうくだりがあって

(臓器からのメッセージに)「そこにあなたが耳を傾け、気づいてあげることで、思い込みはアップデートします」
「体は全体で働いていますから、臓器が発する思い込みをアップデートすることで、身体の内側全体の周波数(振動数)が自動チューニングされます」


と、説明がありますが、
具体的に著者が見聞きしたアップデートのその瞬間の、
美しい音が聞こえてくる、オーケストラがハーモニーを奏でだす、美しい色や光があらわれる・・・
といった描写の方が、なんだかとても説得力があって

ほほー。っとすっかり納得してしまったのでありました

その他にも

潜在意識の「思いこみは、あなたの人生でなんらかの形で役に立ち、あなたを守ってきてくれたものなのです」
やさしい・・・ 思いこみを悪者視するのではなくって、感謝できる。

そうそう、「思いこみ」「感情を感じ切る」など、
RASのコンセプトにとってもよく似ているのでした。

「本音と思いこみのズレに気づき、潜在意識をアップデートする」

これは本書の最後には「先祖から受け継がれた思いこみ(集合意識)の解放とアップデート」
という話が出てきて

あー、この本に会うために(も)高野山ツアーへ行ったんだなぁ
って思ったのでした

いい本でした。
また読みたいと思います

posted by しろくま at 18:43| Comment(0) | こんなん読みました^^