2022年04月23日

馬に乗るのが怖いんですー をなんとかしたい件

F3C70772-F2B6-45ED-9BC9-37C66F0397CB.jpeg
昨日(いやもう既に、一昨日)乗馬のレッスンに行ったんですけど
初めて当たるお馬さんで
んーんこのお名前、なんか記憶が・・・
・・・・・って思い出したぁぁ!!!

先週、レッスンの後手入れと片付けが終わって、騎乗日記つけながらクラブハウスの中から
他の方(2人馬)のレッスンを見ていた時
一頭、めっちゃ跳ねて横っ飛びして馬場をすごいスピードで走り回っていて
わたしは度肝を抜かれ、見るだけでびびっていたあの子(馬)ではありませんか〜!

歳も若い子(しつこいけど馬です)で。

馬の歳の数え方は人間と違うので何歳になるのかよくわかりませんが
(今ググったら、満年齢になったんですねー!?)
じゃ5、6歳かなぁ。
先月落馬して捻挫した時のお馬さんもこのこと同い年だったことも発覚〜

ダメじゃん。こんな若い子(馬です)、わたしに乗れるわけないじゃーん(涙)

先生に話したら大丈夫大丈夫!やってみよ!と言われ
馬場に出たら(4人馬でした)
すごい軽くて、常歩めっちゃ早いし、引っ張るし、止めにくいし
そうかと思えば止まるし
向こうでは別の馬が近くにいる子を蹴っているし
もう何だか緊張でしんどくなりまして〜
(怖いもんだから姿勢も丸くなりまして〜)

結局馬変えてくれて
何周か速歩して終わりましたけれども


凹んだー

なんか自分でもびっくりするくらい凹んでしまった。
こんなに怖いのをどうしたらいいんだろう!??
(なのに乗るのをやめたくはないのだ)

帰り道にある温泉に寄って、ゆっくりお湯に浸かって心を落ち着けていたんだけど
ふと
あーそうかーって思いましたんです

聞いてくれる?



よく、「馬は人間の5歳児くらいです」
って聞きますけど

知能が5歳、っていうより
心が5歳、って考えると

ちゅん2が5歳だった頃のことを考えるまでもなく(いや考えるけどさ)

知らない人がガラッと部屋に入ってきて手を伸ばしてきたら怖い!って思うだろうし
(だから一回、芦毛の子に噛まれたんだと思うのよねぇ。怖かったんだよね〜)

緊張でバクバクピリピリしたお母さんに手を引かれたらドキドキ緊張するだろうし

勉強するよ!がんばってよ!って雰囲気満々で外に出るより
楽しいことしようね〜!って行く方が
ずっとリラックスしていい運動できるよね。

ということに!
思い至ったのでございます

ちなみにこの時は、どうやったのかといいますと
わたし一体どうしたらいいんだろう・・・
この怖さをどうしたら減らせるんだろう。
あ!そうだ。わたしのinnate wisdomに聞いてみよう!と閃いたもんで
昼下がりの温泉が空いているのをいいことに
心置きなくのんびりと1人キネシオロジーをして
yes/noで質問してみたのでした。

そしたらさ。

身体的にはバランスを練習すること。
マインド的には「喜んで乗る」「楽しいことしよう!」という気持ちで接すること。

って(自分自身に)教えてもらいました。

キネシオロジー、RASレジスタードマーク️でも練習してたけどRASでは「1人キネシ」は推奨してなかったので
BodyTalkをするようになって、こっちはむしろ推奨で、心置きなく自由にできるようになったし慣れてきたし自信もついてきた。

で、この時は、そうか!!きらきらって思ったんだけど
夜にはまた(そんなんでできるんかいな・・・って)ちょっと不安になっていたので今度はまた
夢に聞いてみた。

前にも書きましたけど、寝る前に質問を頭の中で考えて、それから寝るっていう方法です)
そしたらさ。

こんな夢を見たんです

爆走している列車の、車掌室みたいなところに乗ってる。
(電車というより、SLのような、窓ガラスとかなくって開放的な車掌室です)

窓から顔を出して前を見たいんだけど、
ビュンビュン通り過ぎてく沿線の木や柱やなんかに顔をぶつけるんじゃないかって
怖がっている。床の丸い模様(黄色と茶色の円が二つ並んでる)かなんか見ている。
そのうち
そーっと少しずつ、顔を窓の外に出してみる。
細ーいところから覗くように、まっすぐ前を見てみると、意外と何もぶつからないし、スピードも遅く感じる

っていうの。

すごくない!??

下見ずに顔上げて
細いところで乗る感じよ。
その方が怖くないってよ。


さて
今日いつものLさん乗せてもらってきました。
もう結構なベテランで穏やかで安定感抜群のLさん。
この夢の、車掌室から外見る感じやってみました。
楽しかった〜〜〜!
(こういう穏やかな馬に乗るのは怖くないんだわ)

ともあれ
馬が違うからこんなに違うのか
夢のおかげか

posted by しろくま at 01:36| Comment(0) | 馬とわたし