2021年06月28日

「細菌ホテル」


細菌ホテル --- キム・ソンファ、クォン・スジン/文 キム・リョンオン/絵 猪川なと/訳 岡田晴恵/日本語版監修 金の星社 2020

この頃、絵本をあんまりご紹介しておりませんでした。結構読んではおりますんですが



わたしはこども(ちゅん2)を育てるとき、
まぁそもそも大してきれい好きでも潔癖でもないこともありまして〜
「菌との共存」を心して暮らしていたわけですが

菌との共存っていうのはあれですわ
もちろん、有用な菌は利用する(お味噌作ったり、EM菌使ったり。味噌は素手で作るから、家族の常在菌入り〜)一方で
適切に雑菌を浴びて育つ。病院のスリッパの裏とかはダメだけど、大抵のものは舐めてよい。公園の土くらいちょっとは食べてよい。
大体、産道を通る瞬間から、菌にさらされ菌と共生するのが人間なんでありますから。
そうやって丈夫になっていくわけですから。
(でも現代日本人は、インドに行くと下痢したりするんだけども。)

なんですが
去年からのコロナ大騒動で
なんだかなー・・・ってことが増えておりますねぇ。
抗菌剤じゃぶじゃぶ使って。。それが河川から海へと流れてるだろうな。

そんな中
この絵本を手に取る機会がありました


細菌ホテルっていうのは人間の体のことです
「あったかくてジメッとした、すばらしいホテル」

語り手は「大腸菌」

「ところで、体重は何キロ?
『えっ?30キロだけど・・・・?』
ふーん。なら、そのうちの3キロは細菌だ!
体重の10ぶんの1は、細菌の重さなんだ。
これからは体重をきかれたら、細菌の重さをひいて『27キロです』っていうべきだね」


つまり、「菌もわたし」なんであります。しかも結構な割合で。

体の中に菌がいないとどうなるか。「無菌ホテル」

抗生物質をどんどん使い続けるとどうなるか。

なんてことも、ユーモラスな絵とともに、楽しみながら体験できるような絵本になっています。
作者は生物学・分子生物学者だそうです。


個人的には、
シーソーの片方に地球上の細菌が乗っていて、もう片方に地球上の動植物が全部乗っていて
シーソーは細菌の方に傾いてる、っていう絵がインパクトがありました。

そりゃ、たまには強い困った菌もいるけどさ。
(ここではウィルスは扱われていないっぽい)
これ全部を、目の敵にするのって不毛どころかむしろ破滅だわね。

細かいところが面白いから、読み聞かせというよりは
おうちで手に取ってじっくり読んでほしい絵本です〜
posted by しろくま at 12:29| Comment(0) | 絵本

テスト(セルフチェック)してみたら

BE7FF210-72C0-4552-B241-3A5506525C08.jpeg
先日、阪急電車の滅多に乗らない路線に乗ったら、大阪地下鉄の乗り入れ車両で

うぷぷ
豹柄ですやん・・・♡(動物園前駅へ行くやつやね??)

しかも、よく見ると、連結器のドアのところ
うっすらと動物の影が。(わかる?)
これはサイみたいでしたが、反対側の車両との間のドアは、遠目に見たかぎり象みたいでした。

すごいね!!!


ところで
この頃おんなじ話題が続いて恐縮ですが

昨日ご紹介した「HSP/HSC/HSSセルフチェックテスト

オットにやってもらいましたらば(HSCは子どものなんでやってない)

まずHSP。。。 あらー。あんまり、当てはまらない。
おめでとう!あなたは普通の人です♪

そしてHSS。。。
「え?これ全部しろくま(わたしのことね)やん。しろくまテストやん!」

さすが、わかってますねぇ。もちろんオットはこれにも当てはまらず

いやー、わたし長年、色々と細かいオットから「鈍感力あるわ」といわれてきましたが
繊細なのわたしの方やんか。
でもちょっと、わたしのことわかってくれたみたいでした


それから妹。

テストやってみ〜?ってリンク送ったんだけど
さっき電話で話したら

「質問の意味がわからへん」

?????
え? ニホンゴわかりますよね???

聞いてみると、どうもそういうふうに考えたことがないから、そもそも意味がわからないみたい。
チャラ〜ン!おめでとう!あなたは普通の人です♪

まぁ、HSPったって5人に1人だそうですから、別になんも特別ってことではなく
ただ少数派ではあるわね

でも妹も、HSSのリストをチラッと見て
「これお姉(しろくま)やん」
「このテストで分かったところでなんの役に立つん?」

・・・なんかちょっとだけ、わたしが何を言いたいのかわかってくれたようではありました。。。
(でも興味はなさそうやった)(≧▽≦)
posted by しろくま at 12:05| Comment(0) | 日々雑感

「妻は見えるひとでした」


妻は見えるひとでした --- 小野寺S一貴/著 扶桑社 2021

本屋さんで、なーんか気になって、あ、違った、Amazonで(やったかなぁ)
買ってしまった。
思い出したけど、この方の別の本、だいぶ前でしたがやっぱりこれは明確に本屋さんで
これね、これこれ)
目について買ってみたことがありましたっけ。

なので、今回は(その時と違い)ちょっと逡巡したのですが
(あ、あと、この人のこれも読んでた。この時も買うの迷ってたーぷぷ)
表紙に馬の絵があるもんだから

やっぱ読んだのでありまーす
やっぱり軽〜くて
そして面白かったのでありま〜す( ̄(エ) ̄)ノ

この著者夫妻についてというか、細かい設定については
上にリンクしたページに書いたような気がするので、今回は割愛。

本書で心に残ったのはー

subtle senseを大事にしようねって話。(p.63)

わたしも不思議に思っていた、人の念がそんなに強力なら、なんで有名人芸能人は大丈夫なの?(ま、あまり大丈夫じゃない方もいらっしゃるかもですが)っていう話。(p.137)

「信仰心とは、『信じよう』と意識してするのではなく、ごく自然なこと」として受け入れてるものだって話。(p.214)

これはよくいわれることですけど
「見えない存在の多くは物体を持たない代わりに、電子機器を通してメッセージをくれることがあるようだ。電磁波に影響を与えることで、電子機器を通して人間達に何かを伝えようとする」 (p.220)

ちっちゃいカッパや小さいおじさんやぽこぽこした梵さんたちの話。
「心の中にいる虫に、どの栄養をあげるかで道が分かれる。
文句や言い訳ばかりだったり、すぐに怒る人はかんしゃく虫が育っちゃう。
逆に、嬉しかったりありがたがったりする人は、気づき虫が育つ。
虫を飼っている人もどんどん大きくなっていく。
小さいことに気がついて、嬉しくなって、幸福になる。
どっちの虫を飼うかは自分で決めなくてはダメ。
そういう意味でどんどん人生が分かれていく」
「これからは、そんな気づき虫がいる人の家、周りの人から慕われるような人の家にすみたいという、幸運を呼ぶ精霊がたくさん現れる。いえ、すでにそんな家を探してこの世界をポコポコと徘徊している」
(〜p.228)

なんかスムーズにいかないな、
あれ、おかしいな。。。
「そんな出来事があったときは、誰かがあなたに、『やめておけ』と囁いているのかもしれない。
そんな時は、いったん立ち止まって、見直してはどうだろうか。
声なき声に耳を傾けることで、トラブルが減らせるかもしれない」
(p.299)

これ、書かれていた実際の例も面白かったです。。。


最後の、芦毛の「やまちゃん」とのエピソードは、もう
涙なくしては読めないような(と、書きつつ泣いてはないけど。)
心を打つもので

ワカさん(著者の奥さんで、「見える」「聞こえる」人)は
この馬の声も聞こえたんだそうですー
落馬してすっかり怖くなっている馬上のワカさんに
「安心しな。つかまってりゃいいから。ただ乗ってりゃいいから」
って。。。(ノД`)・゜・。

あー いいなぁー!これはちょっと羨ましい。
でも、この能力のあるワカさんでさえも、声の聞こえる馬に出会うまでの道のりは
結構大変だったんだものねぇ(いわんや・・・)

わたし、乗馬クラブのお姉さんにも話したことがあるんだけど
自分は馬みたいやわーって思うことがあって
(好奇心が強いくせに怖がり)
これは最近、HSPだってわかったとこなんですけど

動物って要するにすべからくhighly sensitive(人間と比べて、だけどさ)な訳で

なんかにわかに一層
親近感を感じたりしてしまうのでありました。

わたしも心で会話できるようになりたいなぁ^^

競馬の話もあって、面白かったです〜
posted by しろくま at 00:45| Comment(0) | こんなん読みました^^