2021年06月14日

「その生きづらさ、『かくれ繊細さん』かもしれません」


その生きづらさ、「かくれ繊細さん」かもしれません --- 時田ひさ子/著 フォレスト出版 2020

いやー、まいったわ。

この頃、「HSP (highly sensitive person)」とか「繊細さん」っていう人たちの分類のこと、
よく聞くようになりましたよね
わたしは、どっちかというとガサツで呑気な方だし、そんなに気も効かないしー
知人がそのような(HSP)活動をされてイキイキしてるのを聞いても、
よかったねぇー、と思いながら
でもわたしには、関係ないわぁ〜ね〜〜〜

と、おもっておりましたのです。ハイ。昨日まで。きのうまで!

昨日この本のことをふと目にして、ん??と何かが引っかかって、kindleで買って読んでみたのです。
(以下、感想がずいぶん長くなりましたのでご興味のある方はどうぞ。)


HSPの中でも、ちょっと毛色の変わった
「内向的なんだけど好奇心旺盛で外向性の強い」タイプの人たち
HSS(High Sensation Seeking)型HSPという分類なんだそうですが

著者自身そのタイプらしく、このHSS型 HSPのこと(特徴と対処の仕方)が書いてある本なんですが

あらー
まぁー
これ、ほとんど全てわたしのことだわ。

もう、ホント、びっくり。

わたしは50数年生きてきて、自分なりに考えて対処してきたので(「ので」、っていうかさー)
今そう「生きにくい」とは、思っていないんですけども
(まぁでもこれも、本当にそう感じているのかどうかは、本書を読むと疑問の残るところです)

でも
そうなのそうなの。
大学生になって家を出るまで、そういえば、実家では生きにくかったの。

その後も長い間、自分の中で理想があって、そうできなかったら落ち込んでたの。
でもこれはさ、10年くらい前かなぁ、

「あ、でもわたしって、そういう(ポンコツな)やつじゃん」

って気がついた時の
あの!解放感。が今でも忘れられない。
で、その後はもうめっちゃ楽になって(今に至る)

あの時にこの本があったらよかったのになぁ。
いやー、なんでそんなに、わたしのこと知ってるんですか!???
って内容でした


「繊細」・・・・・ だったのか・・・・・・Σ( ̄ロ ̄lll)


本書に書かれてる「かくれ繊細さん」の特徴と合致するのは例えばこんな。

色んなことに興味があって色々勉強したり行動したりしているけど
本当に好きなことはなんなんだろう!??

ってずっと思ってきたし

好奇心旺盛だし
結構なんでもうまくできるわりにどうも自信にならないところとか
単純作業が異常に苦手なこととか
仕事は期限ギリギリまでやる気が起きないこととか

完全に1人の時と、姿は見えなくても家の中に誰かがいる時とでは、集中力が全然違うってこととか

直感で答えるよりも、考えて物事を判断するように癖付けて直感を使わないようにしてきた
とか

「バランスの良さ」にこだわるところとか
自然とみんなが選ばないものを選ぼうとする ところとか
場のバランスをとるような役割をしてたり
さらには「全体最適」を考えて自分の欲しいものを引っ込める傾向とか(あるある)

人とのコミュニケーションが好きだけど、1人の時間が絶対に必要なところとか

本当に感じたことを他人に隠しつづけて段々と自分にもわからなくなっていく
こととか

反射的に自分のせいだと思ってしまうところとか
本当の感情は見せたくないと思うところとか

あれもこれもまぁー!「かくれ繊細」のごく一般的な特徴だそうじゃーあーリませんか(古)

そうか。
これまで、困ったし、なんでだろうなぁと思ったし、変えたいなぁと思ったことがみんな

感受性の傷つきやすさを守るために
小さい頃から「痛み」を感じる都度
自分の中のいろんなものを封印して生きてきたからだったんだなぁ〜

ってことがよーくわかりましたです。

自分でも、
中学生くらいまではいろんなことに敏感だったし、これじゃぁ人生渡っていけないわと思って
「感じないように」した記憶がありまして
それで「もうすっかり鈍くなっちゃったわ〜」なんて実感としてもってはいたんですけど。

ちなみに、「封印」って言葉はこの本には書かれていないんだけども
わたしの個人的実感としてはこの言葉がぴったりな気がしてます。


でもさ。

思うに、この「繊細」って言葉は若干誤解を生みますよね。

HSPのことは全然知らないので、どういう定義があるのかこの本に書かれていることしかわからないんだけど
感受性の幅が一般的な人より広い、ってことらしいんだけど
(ちなみに、「かくれ繊細」は総人口の6%だそうです)

世の中には
感受性の幅は一般並みだけど、他者の言動に「反応しやすい」人ってものいて
(いません??すぐトリガーが引かれる人)
それも一般的には「あの人繊細だよね」って言われたりしますよね。
これはsensitiveっていうよりもreactiveって気がするんだけどな。

それから・・・
以前、出会ったことがあるんだけど
グループセッションの場で、生きづらさを話してくれた人が
「わたしは、繊細で、繊細で・・・」って泣かれるんだけど(ご自分でそうおっしゃることに当時のわたしはびっくりした)
でも先生のお話しされてる場で遅刻して場の真ん中を堂々と突っ切って席についたりする
これって繊細なんすか??って内心思ったことがあるのだわぁ
(ご自分の心へのベクトルには繊細そうだけど他人への配慮には鈍感って気がしました)

あれ?わたし何書いてたんだっけか


ともあれ

ちっちゃい頃から自分がちょっと変わった子だった理由がわかったし
まぁまぁ、そういうタイプなんだもんしょうがないじゃーん♪って自己受容できる本だね。
理屈がわかれば対処も楽になるというもんです

あと願わくば
同じタイプの人と出会って語り合ってみたいわぁ。

posted by しろくま at 19:07| Comment(0) | こんなん読みました^^