2021年03月29日

世界はわたしたちの知らない「ありがとう」であふれてる

C5FAE2EE-5847-44FD-BDDE-80EAF08DFB59.jpeg
駅のホームから。

ちゅん2は今、ボーイスカウトの春キャンプに行っています。
はい、もう指導者なんですねー(それももう2年経つわけですが

先週出発したんですけど
スカウトの子どもたちが出発した日はとってもいいお天気で
わたしも、よかったなーって思ったし
きっとお母さんたちもそう思ったに違いないのですが

指導者の子たちはそれより前に出発してるんですね。
現地に先に入って、迎える準備をしてる。ちゅん2が現地入りした日は雨でした。
(もっというとその何日も前から、計画を立てたり、下見をしたり、近隣にご挨拶をしたり。。とキャンプは始まっているのでした)

そんなこと、わたしは全然知らなかった。
ちゅん2が指導者になるまで分からなかったわぁ。

世界は
わたしたちの知らない「ありがとう」で溢れてるんだね


で、ここしばらくちゅん2がいないもんで、わたしはわりかし暇です
これから、大学を卒業して就職したりするともう本格的に
ちゅん2のいない生活になっていくんだなぁ
やっぱりちょっとさみしいねぇ。。。
なんて、朝洗濯物を干しながらふと思いました


posted by しろくま at 21:58| Comment(0) | 日々雑感

This is interesting.

9CF0CC7F-E5F9-4E04-99AD-AA6A3DF22E33.jpeg
これは図書館の入り口に咲いてた。
綺麗ねーえ!
春です

ところで
先日、bodytalkの練習会に行ってきました。
わたしはまだ、たいして勉強もしてなくて、練習もまだまだ始めたばかりなんですけれども

2人1組でclient役と施術者役と交代して練習していたら。
わたしが施術していた時

「その他のシステム」っていうところに導かれて
聞いていったら(筋反射でクライアントのinnate wisdomに尋ねます)
「ホメオパシー」で

この「その他のシステム」っていうのは
施術者ごとに、これまでの人生で身につけてきたことや技術〜できること〜が違うから
その人のできることをbodytalkの施術に活かせる
っていうなんともまぁ画期的な部分なんであります

こういう賢いところが好き〜!
(まぁ賢いのはinnate wisdomなんですが)

で、それから
特定のレメディーに導かれ
でも
それを実際に使う、ということじゃなくて(そういう時もあるのかもしれないけどさ)
その情報をわたしが認識することが施術の助けになるということみたいで


面白かった。

すごーく


あ、そうそう
Client役になった時
(あんまり詳しく聞いてないんだけど)
「麻酔の毒」っていうのが出てきてました。
まだ、残ってたんじゃないかな。全身麻酔だったしさ。おなかのとき
posted by しろくま at 21:27| Comment(0) | Bodytalk

「古森のひみつ」


古森のひみつ −- ディーノ・ブッツアーティ/作 川端則子/訳 岩波少年文庫 2016

イタリアものでファンタジー(ってことになってた)って珍しくないですか
読み始めたら、最初の方、主な登場人物の退役軍人(大佐)がなかなかとんでもない人物で
あんまり面白くなくって読むのやめたくなったけど

もう最後まで読んだら面白くって

最初へんてこな味だと思うけど食べてるうちに病みつきになる
ってまさにそんな感じでした

面白かったところはまず
風が!
人格があっていろんなキャラがいて。

あとランダムにいきますと

5人の「悪夢」が訪ねて来るのよ。夜中。
大佐と一緒に暮らしていた病気の甥っ子のところへ。

すると大佐は
「驚きもせず、懐中電灯を手に、ベンヴェヌートの部屋まで5人の悪夢を案内しました」
ってなにそれ・・・!!きゃはー!

大佐はさ。この甥っ子が死ねば彼の財産(森)も自分のものになるって考えて
甥っ子を殺そうとするのよね。
森に置き去りにしようとしたり。。。
風に頼んだり。。。

まぁ失敗するわけだし
最後は甥っ子を助けようとして。。。(と、ここからは書かないでおきますわー)

でも
このとんでもない大佐だけど、
普通大人になったら見えなくなる森の妖精たちが見えたり
風と話せたり
するわけなんです


なんかムーミンシリーズを思い出したな。

変な人、感じの悪い人、どうしようもない人たくさんいるんだけど
それもみんな
愛おしい個性じゃないかって
自分の狭量さの方に気がつくっていうか

ともあれ
この人のお話は面白いです
うちにある
「シチリアを征服したクマ王国の物語」の作者だって知らなかった。
これも(積読中。。)読んでみようー^^
posted by しろくま at 21:16| Comment(0) | こどもの本

「これも経験だわ〜」

262504B5-81B3-4095-9AEE-55BD04BD6E68.jpeg
今年はさくらも開花が早い早い。
なんならツツジもちょっと咲き始めたりしてますねー

うちの横の道端にも可愛らしい(本当に、とっても小さい!)スミレちゃんが
ここ、人も歩けば犬も歩くのよね
こんなに可憐なのにすごい根性だわ。

ところで
政界の偉い方が、「私は皆さんを信じています」ってなんかの通達を出したとかで。
(ニュースを小耳に挟んだだけ)

よく親とかもいうらしいじゃないですか?
思春期の子ども(大体は娘じゃないだろうか)に「私はあなたを信じてるから」

わたしに言わせれば
本当に信じてる人はそんなことわざわざ言わないんだな

「信じてる」っていう人は本当には信じてない人なのよね
「信じてない」でも「信じたい」だから「わたしに信じさせて」っていうメッセージよね
上から目線だし、これは、この言い方は、卑怯です。ハイ。


てなこと言ってますが、少し前、
わたしもちょっと疑心暗鬼になってたことがあって。
コロナ以降なかなか会って話せないから、ついそういうことにもなりがち。
でも

いや!そんな人じゃないし!信じるわ!って気持ちを変えまして
そしたら自分も(変に心配しなくていい分)とっても楽だし
実際やっぱり(案の定)いい人だったわよ。。。

っていうことがありました。
詳しく書いてもきっと面白くないだろうから書きませんけど。


それで
わたしの日常はもうこれで完璧ハッピーハート︎かと思いきや

やっぱり波立つことはあるんですよねぇ。

まぁどうしたものかしら。
でもね。
こないだお布団に入ってぼーっとしていたらふと

降りてきた。(としか言えない)

あのさ
「これも経験だわ〜」
と、思ったら、イライラしないし腹もたたなくない?
むしろ
楽しみ。おもしろい。

あとは
ユーモアが(どっかで)あればもう怖いもんはないのだ。

posted by しろくま at 21:03| Comment(0) | 日々雑感