2021年01月29日

「アイヌモシリ」

https://youtu.be/hH1nIFL3zxk
アイヌモシリ−- 福永壮志/監督 日本 2020

先日観てきました。
もうこの、主人公の少年が最高だった。
佇まいも、真っ直ぐさも、目の力も。

舞台は北海道の阿寒温泉あたりで
アイヌコタンがあるんだね
観光を生業としていて。
観光客は、「あなたアイヌ?」「わー日本語上手ですねー!」とかいう。

説明は一切されないんだけれども、彼のお父さんは亡くなっている様子。
土産物屋をやっているお母さんと中3の彼の二人暮らし。
ちょいちょい出てくる(最初おじいさんかと思ったけど違うっぽい)髭もじゃの「デボさん」

可愛がって世話してた子熊を、イヨマンテで殺すことになると知る。
彼から愛するものをまた奪うのかって
それから。。。


映画観て帰ってきてからたまたま、なんかのはずみで
秋なんとかデボさんの歌のような〜。。。っていうフレーズを
映画とは全然関係ないサイトで目にする。あらぁ、さっき見た映画の人?

この人でした〜


リリー・フランキーさん以外はみんな「本人役」なのかも。
すごいよね

アイヌモシリ、はアイヌの国、ひいては人のいる大地、この世、っていう意味かな
この映画、ほぼ必見と言えるのではないかしら
posted by しろくま at 18:35| Comment(0) | たまに観る映画のはなし

「パリのすてきなおじさん」


パリのすてきなおじさん −- 金井真紀/文と絵 広岡裕児/案内 柏書房 2017

パリに住んで40年のジャーナリスト広岡さんの案内で、
おじさんに鼻のきく「おじさんコレクター」金井さんがインタビューをして絵と文章を書く。
ここに紹介されているのは30人ほどだけど、2週間の取材で取れ高は67人だそうな^^

そんなユーモラスな設定ですが
なんのなんのじっくりどっさり、面白くて感動した。
パリという華やかで有名である意味世界の中心的な街にいる
様々な人たちの様々な来し方。
その人たちに話を聞いて、
「あなたの人生で大切なものはなんですか?」って尋ねるのが黄門様の印籠的な展開。


中でも心に残ったのは
ホロコーストを生き延びた「隠れた子ども」だった
ロベール・フランクさん(取材当時87歳)

それから
クルド人で「クルド人自治区の領事館的な役割を果たしているオフィスで仕事をしている
レワン・ハッサンさん(同29歳)

それから
ベトナム出身の医師が語る、ボートピープルと呼ばれた人々の話。

読んでいた間、ふとしたときに
わたしの人生で大切なものはなんだろう?
って
ふと考えたりしてました。

歴史で習ったり本や新聞で読んだりする「歴史」も
出会う人の口から語られると、
急に人の顔を持って
胸に迫るよね。そうか。
posted by しろくま at 12:36| Comment(0) | こんなん読みました^^

「強い者が弱い者をいじめ、死者が出るのが戦争だ。過ちを繰り返してはならない」

IMG_20210129114924.png
Asahi digitalで。これ、新聞では読んでないなぁ。

島田さんは、20歳で招集される。

砲弾を受け倒れていた塹壕の中で、
滑っても何度も壁を這い登ろうとする蟻に希望を見る。

鉄兜に銃撃を受け落馬、失神していたが気がつくと、
傍に馬が、島田さんを庇うように立っていたと。

このエピソードが記事のタイトルになっているわけですが
そのほかにも書かれている、島田さんが体験してきた一つ一つが
重くて
大切にしなければと思う

20歳といえば今のちゅん2と同じ。
息子をもって以来、戦争の話は
戦いに行ったものも、国に残されたものの話も、重く鋭く心に痛い。


「強い者が弱い者をいじめ、死者が出るのが戦争だ。過ちを繰り返してはならない」と島田さん。ただ、平和を上から唱えても伝わりにくいとも思う。だから「友達と仲良くする」「楽しく生活する」――そんな暮らしを大事にする思いが伝わればと思う。
 毎年12月に開く大室小での講話はコロナ禍で昨年は実現しなかった。でも、コロナ禍が落ち着けば改めて訪ねたい。「生の声で、命ある限り伝えていきたい」


こういう営みを実現させないコロナ禍って人災ではないんだろうか

でも
コロナ禍を逆手に取って、
いっそ世界中にメッセージを届けられる映像アーカイブ化するっていうのも如何かしら。
posted by しろくま at 12:06| Comment(0) | 新聞より

2021年01月20日

「ねずみ女房」”The Mousewife”


ねずみ女房 −- ルーマー・ゴッデン/作 W.P.デュボア/画 石井桃子/訳 福音館書店 1977


The Mousewife −- Rumer Godden, Pictures by William Pe´ne du Bois, The New York Review of Books, 1967

大人のためのおはなし会に使うお話を探していて
久しぶりに読みました
10年以上ぶりかも。

このお話について、清水真砂子さんのご本だったと思うんだけれども
「これ不倫の話じゃない!??」って言う人がいた。。。って
あったような気がしますけれども

今回読んだら、あらぁ、ちゅん2が巣立ったら私こういう気持ちになるかもぉ

って思いました
一人息子を手放す母の思い。

要するに
愛するものを失う、話なんですよね
でもこのお話の素晴らしさはその後に

鳩が、渾身の力と思いでもって鳩を逃してあげたねずみ女房の方を見もせず気づかずに出て行ったあとに
(それを残念だとかってちっとも思ってないじゃない?このひと。読んでる方はそう思うのに。清々しい!)
この、主人公のねずみ女房が自分で、星を見る、星をみつける
っていうところなんだな


愛するものを手放した、或いは失ったことのある人には
この話は(多分)沁みるんじゃないかと思うから
大人のお話会には子どものよりも、向いてるかもと思いながら、でも
愛する人を失った子どもには沁みるんかもしれないと切なくなりながら

でもでも
自分で何かを見つけたことのある、見つけたいと思っている人には年齢関係なく
訴えるもののある話かと気を取り直しました

気を取り直したっていうのもおかしいかぁ〜 ^^

それだけでない面白さもある。もちろん。

再読ってよいものね。
posted by しろくま at 11:38| Comment(0) | おさかなやのこと

2021年01月18日

「蘇生」「蘇生U」


蘇生 −- 白鳥哲/監督 2015


蘇生U 〜愛と微生物〜 −- 白鳥哲/監督 2019

お正月に観た白鳥監督映画のその5と6〜

なんの映画かっていうとEMの映画だった。

EM菌は有名でしょ?
私も関連商品は使ったことあるし、生活団でも排水溝にEM流してたし
乗馬クラブでも堆肥作りにEM散布してる(みたい)。

でもさー
こういうものなんだ!って、全然知らんかった〜!!

EM(Effective Migroorganisms) 有用微生物群

これ、セシウムやストロンチウムなどを吸収しない、
そして(もう理屈は忘れた)土壌中などのセシウムやストロンチウムなどを他のものに変えて減らす。
8割減らすんだそうです

これを飲料にしたものは、
放射性物質を体内から排出させ、内部被曝を「消す」。

「光合成細菌」に、水を加えて餌になるミネラル(塩とか)を入れるだけ。
海水を被った土地は、その塩がEMの餌になって、肥料に変わり、豊かな作物を得られる。


すごすぎー!

EMを開発したのは、琉球大学の比嘉照夫先生。

福島や
ベラルーシや
で実験されてデータもあって実証済み、

韓国や
タイでは
放射能ではなく、環境の美化、浄化に、
官・民・軍あげて利用され効果をあげている。

タイでは女性のお役人の方が
水質浄化に、○億(ただ私が忘れただけです〜)かかるところが、予算ががなかったのでEM使って、
12万円でできました
って言ってた。

Why not in Japan ?!


もう随分前ですけども
予言みたいなものをどこでだか読んだことがあるんですけども

日本で、食物、食品に関係する発明がなされて、世界を救うって

私ずっと、誰かなぁって楽しみにしていたんですけれども

これ
比嘉先生とEMのことじゃぁないでしょうか


posted by しろくま at 11:21| Comment(0) | たまに観る映画のはなし

真面目についてふと。

AB2673C7-5DAD-4B0F-A5ED-8441FE589399.jpeg
肩の話で自分なりにあーそうかーと思ったことがあるんですけども

真面目、ってね、それ自体は悪くないことやと思うんですけども

えてして近視眼的っていうのか
目標が目の前のことになりやすいのが、よくないのよねぇ

そしてその方が、側から見ると真面目に見える。

たとえば得意なことを生かして世間のお役にたちたい、と思ったとする。
そうやなぁ、たとえば八百屋さんがそう思ったとする。

そんなら美味しい野菜を安く人に買ってもらいたいと思う
まぁ想像ですけど。

じゃ、明日売る野菜を、ええもんを安く仕入れてこな!と思って
誰よりも早く市場へ行って、美味しい野菜を作っていると評判の売り場に直行して
値切って買い占めて帰ってくる。
野菜は体にいいねんで、肉なんてあかんで、とかいうかもしれない。

一見真面目やけど、このやり方で長くいい循環が続くとは思えないよねぇ。

一方で、美味しい野菜を作っている農家さんとこにしょっちゅう顔を出して、
たとえばこんなふうに作ったら美味しくて体にもいいんちゃうとかって一緒に盛り上がって
どんどん参加したり周りにも広めて行ったりしたとする。
よく店からいなくなってあいつ遊んでんちゃうかって思われることもあるかもしれない。
この野菜はこのお肉とこうしたらよくあうよ、なんてお肉の宣伝したりもするかも。

それは他の食材と一緒に体に良くて美味しい「食」を広めることにもなるよね。
農家さんと考えた、それが何十年か後に、日本中に広まる○○農法野菜みたいなのを作るきっかけになるかもしれないよね


いやたとえば絵が好きで上手だったとする。
自分の描いた絵でひととき幸せな気持ちになってもらいたい!

真面目に努力して目指せ○○展に入選、
そのためには周りの画家は皆敵。。。

一方で
じゃぁ子どもたちにはこうして絵に親しんでもらおう
仕事で疲れた大人にはこうして絵に親しんでもらおう という方向を模索するとしたら。。。

(いや、あくまでもわたしの脳内の仮定の話ですけども)



真面目にっていうのは
近視眼的になりがちなことと
真面目でない、○○だ、と何かを「判断」しがちだということと
だから排他的になりがちということと

こんなことがtrapだとちゃんとわかっていたら

とっても素敵なことだー

(逆にいうと、広い視野を持って、ジャッジせず、助け合って、ってことですかねぇ)

でもそれは
真摯とかなんか別の言葉で呼ばれがちなのかもしれないわぁ
「真面目」受難。コツコツ、というイメージと狭量、というイメージが両方ある。
posted by しろくま at 10:31| Comment(0) | 日々雑感

2021年01月16日

“Earwig and the Witch”


Earwig and the Witch” −- Diana Wynn Jones, Greenwillow Books, 2012

Diana Wynn Jonesは、1番好きかもしれない作家。(Paul Fleichmanもかなり好き。あとUrsula Le Guin。一人には絞れないねぇー!)
NHKでこの物語が原作のアニメ(「アーニャと魔女」)が始まったそうで、
見ていないんだけど(だいぶ改変されているらしいですが)
原作に興味が湧いて読んでみました。

小さい子向けのお話で、こんなに大きな活字で(シンプルな英語で)
こんなに面白いお話を書けるなんってやっぱりすごいわぁ。

あとこの本は(わたしの読んだのはペーパーバック)イラストも楽しくて、
特にページ数のところにカエルのイラストがあって、各ページで違うので
凝ってるわぁ。

読後、お母ちゃんはどうなったの?
とか、ツッコミどころが結構あるので
これはもしかしたら続編を前提にしていたのかも?

D. W. Jonesらしい皮肉も利いてるし
面白かったです!

ホメオパシーのレメディーになってる毒草の名前がいっぱい出てきてそれも楽しめた〜!

そうそう。
魔女Bella Yagaってやっぱり、ロシアのバーバ・ヤガーから来てるよね…^^わはは
posted by しろくま at 18:02| Comment(0) | こどもの本

2021年01月15日

荒神さん


お正月はずいぶん寒かったのに
昨日は急に春のような日和で

車の定期点検で、半日代車を借りたので
帰りがけに… ちょっと足を伸ばして、清荒神さんにお参りしてきました。

もう20年以上前に、一度お参りしたことのある清荒神さん。
その時は
確か長い参道を歩いていったんですけど…

(ところがその晩にお腹を壊し、一晩苦しんだのであんまり覚えてない)

気軽にナビに入れて出かけたら、
参道のずいぶん駅に近いところに着いてしまって、HPの略図とgoogle mapが結びつかなくて、
大層苦労をしてようやく駐車場に到着。

車を降りたら歩いてすぐでした。
駐車場(第1〜第3まである)結構いっぱいでしたー

本当はね
お参りというより、富岡鉄斎の美術展を見たかったのだ

でも
境内は山の奥まったところにあるのに結構広くて、
結構人がいるのにしんとした清澄な雰囲気があり(特に護法堂の奥)

いいところでした。
たくさんお参りして帰ってきました。

鉄斎さんの絵は、見たかったやつが多分後半の展示なのかな?
また行かねば。

お日様がポカポカして、のーんびり座ってゆーっくりしたかったなー
(に、しては人がちょっと多かったのよね)


荒神さんすごいね。


そうそう、今年初めてのおみくじを引きました。
ありがたかったので持ち帰ってきました〜^^
DDD901C9-8628-4566-A2F4-28768C50E66B.jpeg
posted by しろくま at 18:33| Comment(0) | 日々雑感

破魔矢ことはじめ

8D6A19AB-970B-45D9-8234-39FA806B5071.jpeg
これはうちのお雑煮じゃなくって、
お正月に割烹でいただいたもの。
(うちのはおすましです)
お餅でなくって、里芋でした♪♪ 丁寧に作られていて、おいしかったぁ〜

ところで
今日面白いことがありました!

近くの神社で「とんど焼き」(って呼ぶのよ。ここでは)の日だったので
お正月のお飾りをお焚き上げしてもらおうと外出したのですが

途中、ふと(たまに初詣に行くこともある)別のお寺にちょっと寄ってみようという気になり。

ちょっと辺鄙なところにあるこのお寺には
参詣の方は誰もいらっしゃいませんでしたが
(昨日訪れた、清荒神さんには結構たくさんお人が来てらしたけれどもね!)

拝殿で手を合わせていたら、なんだか甲高い女性の声が。

「すみませんー!スミマセーーーん!すみません、破魔矢をいただきたいんですけれど!」

奥の方からお寺の方が顔を出して、破魔矢を授けていらっしゃいました。

静かな境内にはちょっとそぐわない感じでしたけども
へー 破魔矢ってお寺にもあるのかぁ〜とか
私はあんまり縁起物を買ったことがないので、そんなふうに思ってました。

で、その後、横にある護摩堂の方に回って、お不動さんを拝んだりしていましたら
今度は男性の方が、
「御住職〜!御住職〜!!」と何度も大声で呼んでいらっしゃいます。

どうも、授与所がまた無人になったらしく。

帰ろうとちょうどそちらの方に歩いていく頃には
どなたか出てこられたようで
そのおじさん
「破魔矢いただけますか?まだいいですか?」
「ありますよ〜」
「おいくらですか?」
「1000円です」

ほぉぉ、1000円なのかぁ、と思うわたし。
えべっさんの縁起物みたいに、もっとすごい高価なのかと思ってました〜

「あれ、さっき破魔矢買いに来ました?女性が?」
「こられましたよ」
「あ そうですか!?ちょっと聞いてきますわ」

と、おじさん、その場を離れる。

あ。。。という感じの御住職(多分)。

で、ちょうど通りかかったわたしが、
「あ、じゃぁわたし、いただきます」


なんかねー
破魔矢って買ったことないし
買うつもりもなかったし
お値段も、全然知らなかったし

でも
これは
買えってことだわ〜( *´艸`) ( *´艸`)
って思いましてん

ちっとも気がつかないわたしに、何度も何度もサインを送ってくださったんじゃぁないかなぁ

リビングの高いところに飾りました♪

あれ、飾り方ってあるのかしら?

posted by しろくま at 18:03| Comment(0) | 日々雑感

2021年01月13日

「神様の御用人8」


神様の御用人8 −- 浅葉なつ/著 メディアワークス文庫 2018
ということで
こちらはネットで買いました

これは一冊丸ごと
(短編集の体ですが)
動物たちと、
自信を無くした神様のオンパレード。
これって、こういうシリーズだったっけ??

徳島の金長たぬきが出てきて
(そうなのか〜たぬきのお饅頭とか有名だけど、こういう話だったのか。)
その仲間のタヌキたちのおしゃべりがおもしろーい

最後の八幡さまの出てこられたところでは
涙ぐみそうになってしまった

岩清水八幡さんに行ってみたくなりました。

面白かったー

それはそうと。

表紙の良彦くんの絵
イケメンすぎやしませんかー?^^


posted by しろくま at 20:56| Comment(0) | こんなん読みました^^