2020年12月23日

「博士と狂人」The Professor and the Madman


博士と狂人 −- P. B. シェムラン(ファラド・サフィニア)/監督 イギリス・アイルランド・フランス・アイスランド 2019

今日日中に観れる映画ないかな〜って探したらこれがかかっていまして
行ってきました
新聞の映画評欄は結構読んでるはずなんだけどな
この作品の記事はついぞ見なかった気がするな


行ってよかった

これ名作じゃないですか?

同名の原作があるそうです

Oxford English Dictionaryのーーー構想されてから長年誰も成し遂げられなかったこの大辞典の編集を
ある「権威のない」在野の学者が任され(しかもアイルランド人)
一方で戦争で精神を病み、犯罪を犯して収監されていたアメリカ人軍医が
獄中からこの編纂作業にボランティアで参加し

この二人が出会う。

世間や時代や
Oxfordの権威や
などなどが二人に立ちはだかるのですけれども

それとあの看守さんがいてくれて本当に良かったな


いやー、ショーン・ペン、すごいです。
この人といえばマドンナだったけど(私の中で)
それが全く払拭されてしまった(今更です。ごめんなさい〜)

顎髭を刈り込んで丸顔に見える、メル・ギブソンとの
対比もいいですよね

ビビリの私にとっては結構しんどいシーンもあったんですけど
(違う話ですが私は辛いのもまるでダメなので、ちゅん2に笑われてます)

これは本当に観てよかった。車で帰りながら
私の心に美しいものが溢れてました

一回観ただけでは細かいところがわからないの
登場人物とか
本読むべきか… でも怖い描写とかあるとやだな…

ともあれ
映画は
Must seeと言わせてもらおー (`0´)ノ
posted by しろくま at 19:25| Comment(0) | たまに観る映画のはなし