2020年11月13日

「にほんの結界不思議巡り」


にほんの結界ふしぎ巡り −- 桜井識子/著 宝島社 2020

今日届いて今日読んでしまった。とっても面白かった。

東北で、呪法のかかった五芒星を巡った識子さんが
その大昔の呪術にかかってしまったこと。

急に体のどこかが痛くなって、あれよあれよという間にひどくなったりするのは
わたしも経験があるから

ひょー!あれももしかして!??

なんて思ったりもしました。

識子さんは、ついている神様に治してもらったそうですけど

わたしの場合は
レメディー飲んだら治ったりしたこともあったし
何もしなくても寝たら治ったこともあったし

ああ、でも、もしかしたら
わたしのだいすきなわたしの守護霊さん(Mr.Mとでも言っておきましょう)が
治してくれたのかもしれないなぁぁってちょっと思いました。

東京のミステリースポットを識子さんが回ったルポもあるんです
結構すごい… 夜は行きたくない…

そういえばね。

若い頃は出張で東京に行くことも結構あったんですけど
その都度

仕事終わったら夜は遊びに行こう〜
知り合いに連絡して会いたい〜

なんて、思っていたのだけどいつも
実際に東京に行くと
なんだか疲れてしまって
夜に出かけようという気にならなくて

っていうのがいつものことで

東京っているだけで疲れるよねぇ。なんて今でも思っているのですけど

これも、もしかしたら
My Mr. Mトカがそうしてくれていたのかもって
まぁ知りませんけど
そんな気もしなくもないな
ってこの頃結構こんなふうに思ったりしするのはわたしも結構年がいってきたということなんでしょうかー

ま ていうか

ずいぶん突拍子もないように思えても
直観(やら直感やら)に素直になろうと思っているのです
このごろ。

posted by しろくま at 21:25| Comment(0) | こんなん読みました^^

2020年11月09日

なくしもの見つけ。

baba.jpg
この頃ステキな秋晴れが続きますね。
これは馬場の空。
ずっとおやすみしていた乗馬をまた、はじめました。
初日はもう常歩(なみあし)もこわごわで、なんかまた初心者からやり直ししています。

ところで

先日こんなことがありました。

ちゅん2が出かけ際に
「鍵がない〜〜」と家じゅう大捜索。
わたしもオットも一緒に探したけれど、
でもみつからなくて、結局鍵をもたずに出かけました。
っていうか、彼の鍵は家の鍵も原付の鍵も一緒にしているのです。それはお困りでしょうよ……


で、ちゅん2が出かけてしまってから

そうだそうだ。鍵探してみようっと。

あれあれ。quick coherenceがあるじゃなーい♪

で、
目をつむって、胸に手を当てて
そしたら

「台所」

って浮かぶじゃないですか。
えーないでしょー台所にはー

まぁでも台所に行ってみた。
ふと食器棚を見た。
ちゅん2が前の日にコンビニで買ってきたカップ麺が、袋ごと突っ込んであった。

何気なくコンビニの袋の中を探ってみた。

あらーありました!


あれほど家中探したのにね。

quick coherenceすごいです

この「直観が働くstate of mind」のことを
quick coherenceでは、「脳と心臓を同期する」といいます。
mind scapeでは、「α波の状態」といいます。

なんかおんなじことを指している気がするんだけれども。


あれmind scapeの話、しましたっけか?
posted by しろくま at 21:40| Comment(0) | 日々雑感

「僕のワンダフル・ジャーニー」


僕のワンダフル・ジャーニー (原題:A Dog's Journey)--- 2019 アメリカ


amazon primeで観た。
そして今知った。これ続編!

まぁいいか〜

なんというか割合ベタな物語で
まぁ現代風のおとぎ話って感じなんだけど

なんでか心がじーんとするのよね。


犬はやっぱり、人間と違ってまっすぐな生き物だからかもしれないし
去年死んださくらちゃんを思い出してしまうからかもしれない。

posted by しろくま at 21:23| Comment(0) | たまに観る映画のはなし

「アナスタシア8-1 新しい文明(上)」


アナスタシア ロシアの響き渡る杉シリーズ8−1 新しい文明(上) --- ウラジーミル・メグレ/著 にしやまやすよ/訳 岩砂晶子/監修 直日 2020


このシリーズはスキですが、ビミョーに馴染めないところがある。
地球も、この宇宙も、皆人間のためにあるというところ。

ほんまやろか?

ともかく、久しぶりに新刊が出たので読んでみました。
発売後すぐはamazonで扱っておらず、出版元から買いました。


……といっても、読んだのはもう1か月以上も前で、
今さぁblogに書こう〜とページをめくっても、なんか何にも出てこないのだわ。

なんでだろうー

そうそうひとつ

この中に美談として出てくる、
ジョン・ハイツマンの物語

わたしはこのサリーのような人生はまっぴらごめんだわ



posted by しろくま at 21:15| Comment(0) | こんなん読みました^^