2019年04月26日

4月の高山植物園

sankayou_s2.jpg
明日からGWでしょう

きっと六甲山も混むだろうなぁと思って
でも連休が終わるまで10日間も我慢するのってもうムリ〜
今日はやっぱりお天気は怪しかったのですけれど

思い切って午後から(午前中は用事があって)登ってきました
車で♪
だって(植物園まで)20分ちょっとの裏山なんだもの〜
(裏山っていうとホントおこがましい感じですよねー)

時折晴れ間も見えていたのですけど途中から
やっぱり降ってきました
でも雨の植物園もすてきだったよ!

↑の花はサンカヨウという花だそうですが

雨に濡れると花びらが透けて透明になるんだって!

結構しっかり濡れないと透明にはならないそうなのでこれはまだ白いよね。
でも
可憐で素敵な花でした

ロックガーデンではpulsatillaが咲いていました
pulsatilla_vulgaris_s.jpg
これは西洋のpulsatilla vulgaris(セイヨウオキナグサ)で

okinagusa_s.jpg
こっちは日本のオキナグサ。

たのしかった♪

woods_s.jpg
posted by しろくま at 18:34| Comment(0) | 日々雑感

Best therapy is...

55594258_1211039952387341_4359544882369396736_n.jpg
(↑これfacebookからです)
今日念願の六甲山にドライブに行ってきました
っていうか
高山植物園に行きたかっただけなんだけど〜

そうだよね。
long and winding roadと新緑のトンネルと好きな音楽。

癒された〜

だけど

本当にパワフルで有効なセラピーは

自分に向き合うこと。

自分の判断や気持ちに向き合って
ちゃんと受け止めて感じて承認して
クリーニングすることだなぁー


まだカーブは手が少し痛いのでゆっくり運転しました^^
連休直前でまだ車もとっても少なくてありがたかったです


posted by しろくま at 18:15| Comment(0) | 日々雑感

2019年04月25日

「女王陛下のお気に入り」


女王陛下のお気に入り(原題:The Favourite) --- ヨルゴス・ランティモス/監督 アイルランド・イギリス・アメリカ合作 2018

(リハビリもだいぶん進んで)今週から運転OKとはなったものの……

そりゃあ車線変更もスムーズだし進入もイイカンジなんだけど

やっぱりカーブとか、曲がり角とか
昨日は細い道で急に猫が目の前を横切ってブレーキ踏んだりしちゃったときなんかは
まだ手が痛くて不安になります

とはいえ、やっぱり車でどこか行きたくって山は今日は雨っぽいし
この映画気になったので思い立ってみてきました


アン女王を囲み、二人の女性が覇と寵愛を争う物語。
なんですけど

なんか救いがないっていうか

観た後、自分の感情を持て余してしまった
苦しいし、切ないし
すごい変な表情をして映写室から出てきたと思う

現実のどうにもならなさや、それに翻弄されてる自分が…
そんな自分に重なって
揺さぶられたような気がするな

これまで、映画っていうとその筋や内容を頭で考えて
腑に落とそうと思っていたような気がするんですよね
考えてみれば

でも
細かい内容はともかくとにかくも感情を動かされる観方って
はじめてかも

それはとても新鮮でありました



posted by しろくま at 16:06| Comment(0) | たまに観る映画のはなし

思い出の写真

20190423_tsujihitonari.jpg
一昨日だかの夕刊に、
辻仁成さんのエッセイが載っていて(画像クリックでちょっと大きくなります)

離婚されて息子さんと二人暮らしになって
家事をすべて辻さんがするようになり

「まるで人生の修行のように僕は米を研ぎ、買い物をし、食事をつくり、黙々と部屋の掃除をする。
家事がぼくの人生を変えたのである」

この一文になぜだか胸を掴まれた。

記事の左側の枠内にあるように、たぶん要旨をまとめるとそういうことなんだろうけど
そういう要約にはない切実さの感覚がこの一文にはある。

ところで
記事に載っている写真、これがまたなんだか素敵なんだなぁ

ちゅん2と沖縄〜宮古〜に行ったのはもう3年前なんですが
(中学を卒業した時だったんだよね)
似たような写真を撮ったっけね。
首里城御庭_s.jpg
(首里城の中庭でちゅん2が撮ってくれた)

それからこんなのも。
宮古島本島から大神島にいくフェリーの中だったかなぁ
oogami_ferry_s.jpg

この足は今はもっと大きくなっているよ

posted by しろくま at 11:11| Comment(0) | 新聞より

2019年04月20日

なぜだかしあわせ…「自分を愛する」へのステップ2/2

hirbgardens4_s.jpg
つづきです)
こんなかんじで、自分に時間と手間を向ける、っていうことが少しだけ
できるようになりかけたわたし。
何かのためではなく、欠落した何かを埋めるためでもなく、ただ自分を丁寧に扱うために。
今までそんなことしてないってことにも気づいてなかったんですよね。



さてここからは昨日わたしがやってみたある種のワークのおはなしです。

ええと、たとえば今、あなたにだいすきな恋してる人がいるとして。
その人にしてもらいたいことを紙に思いつくままに書いてみます。

恋してる人がいないときは…まぁべつにいなくてもいいんだけど、その方がイメージしやすいっていうだけで…
憧れの人や思いつく限りの理想の恋人でもいいんじゃーないでしょうか
ともかく

そのサイコーの彼氏彼女にこんなことしてもらいたーい♡っていうことを
紙いっぱいに書き出してみます
どんな些細なことも、照れちゃうことも、恥ずかしいことくだらないことでも全然いいんです
他に誰も読まないんだから!
(あ、でも家族の目に触れるところには放置しないようにしましょうね)



やってみたらわかるんですけど
書き出すだけでいろんな気づきがあります
この、書く、っていうのが絶対にお勧めです

最初は少ししか書けないかもしれなくても
だんだん慣れてきたら思いついてきます。あんなことも!こんなことも!!

ひとしきり書いて眺めてみたら
あーわたし…… 自分のこんなこと、実は否定してたんだなぁー
って気がついたこともありました(自分でびっくりです)


それでねそれでねそれから
その書き出したことを、こんどは、自分で自分にしてあげるんです


優しく触る。(触ってもらう。)だったら自分に優しく触ってあげるんです
化粧水をつけるときも優しく優しく、ほら、愛するようにつけましょうってそういえば
美塾で習ったよね?

今日はどんな日だった?って聞く。(聞いてくれる。)
あ、そうか。自分のウニちゃん(ウニヒピリ)に、今日どうだった?って聞いてあげればいいんだ…


わたし昨日の夜これやりました。
リストの中のほんのいくつかだけですけど

あっというまに幸せになりました(単純?)
アフロディーテのエネルギー(まるで恋する人のような!)もなんか降臨してきたような気がしています…


やっぱり
全部自分のせいだったんです
だれかが何かをしてくれないからじゃぁないんです


簡単で単純なようだけどこんなにパワフルなワークは初めてかもしてない
これが自分を愛する、ってことなのかなぁー


(ということで、「アフロディーテのワーク」とでも呼んでみたりして。おすすめです♪)
posted by しろくま at 14:38| Comment(0) | 日々雑感

なぜだかしあわせ…「自分を愛する」へのステップ1/2

herbgardens3_s.jpg
昨日日中はしょんぼり気味だったって書きましたけど……

夜になる頃、ふとやってみたことで結構な気づきがありまして
一転幸福感に包まれたりしてましたので書いておこうと思います

そもそも……

この頃、自分のお手入れというか、少しだけ、自分に丁寧に優しくできるようになってきたなぁって思ってたのは
やっぱりケガをしたからなんですよね
(と、しばらく前置きです)

両手を骨折すると何もできないんです(特に骨折当初)
周りの人にいろいろお願いして
自分はじーっと座って
外出もやめて用事も断って
下手すると一日ずーっと坐って(* ̄m ̄)

なので
ギプスが取れてからはケガした両手に保湿クリームを塗ったり
そうしたら両手がこれまで見たことないくらいにすべすべになってきて^^

あーわたしって自分の手をこんなに大事にしたことなかったなぁって


いろいろできなくて気分も滅入ることもたまにあって
そういうときはイラっとしてちょっとオットにあたったり(←コレハ1回だけね)
ごはんもみんな自分で何とかして〜
自分だけの時はめんどくさーいつくらなーい
って好きなこと言ってたり

今までオットや息子の帰りを待っていたりそれから晩ごはんを用意したりしていたけど
もうこの頃は夜9時にはお風呂に入って10時過ぎにはさっさと寝るんです
(外出できるようになったころはすぐ疲れてたので、そのころから習慣になりました)

でもけが人だからみんな納得っていうか文句も言わないのだ。これ何もなくてやってたら、非難囂々だったかもよ?

そうして春になったし歩いて外出もどんどんできるようになって
お出かけ(おおむね病院)の帰りに途中下車してランチを食べたりお買い物したり
そうしたら明るい服が欲しくなってかわいくもなりたくなって服買ったり化粧品も買ったり

もう毎日わがままいっぱい♡自分のことだけして生きてました
この2カ月弱というもの



はいここまでが前置き、下地です^^ 長くなるので続きます〜
posted by しろくま at 14:17| Comment(0) | 日々雑感

2019年04月19日

「アナスタシア5 私たちは何者なのか」


アナスタシア〜ロシアの響きわたる杉 5〜 私達は何者なのか --- ウラジーミル・メグレ/著 にしやまやすよ/訳 岩砂晶子/監修 直日 2015

ゆっくりゆっくり読んでいます アナスタシアシリーズの5巻目です

表紙で女の人が馬に乗って疾走していますが、本文のここの描写を読みながらこの絵をみると
なんかちょっと違うんだけどなぁ
両足を揃えて(イギリス貴族の女性のように)馬にまたがっているようなかんじだし
鐙に足をかけていないって書いてあるし〜

ともあれ

いろんなことが書かれているのだけれどわたしに一番勇気をくれたのが
80代の老哲学者とその家政婦の40代の女性の恋のところ
この女性の強さとゆるぎなさ。


今日病院に行ってお買い物して帰ってきたのだけれどね
わたしは
じつは少ししょんぼりしちゃって元気がなくて。

でもねー
バス停から家まで歩いていると
ウグイスの声が聞こえて
あちらからもこちらからも

あーアナスタシアの言ってる創造主の言葉だって思ったら

鳥の声も水のせせらぎも風の音も

そうしたらすごく、とっても、慰められた。



「僕はまだまだ若い神
それに僕には経験もないかもね
でもね、かわいいお嬢さん、君の助けになりたいんだ
そして君の暮らしに陽の光を注ぎたい

君はいつでも大忙し
仕事は休みもないほどさ
でも君は鼻に白粉のせて、ランチに出ていく
そしてカフェで彼に出会うのさ

列車はどこか遠くへ走り去る
飛行機は航路を間違える
彼が行ってしまったら、二度と逢えない
だから、行かせちゃだめなんだ

どうして突然黙り込むの
彼の目をみて
怯えなくていいんだ
長いことかかったけれど、やっとできた
彼を君に逢わせたのは僕なのさ」


ロシアの流行歌の歌詞だそうです
やっぱロシアってば詩と文学の国。

posted by しろくま at 19:16| Comment(0) | こんなん読みました^^

春のハーブガーデン

herbgardens1_s.jpg
昨日用事があって神戸に行ったのですけど
あっというまに用事が終わってしまったしあんまりお天気がすてきなので
ふと思い立ってロープウェーに乗ってハーブガーデンに行ってきました^^

herbgardens2_s.jpg
そんなに混んでもいませんでしたけど外国の方がたくさんいらっしゃいました

この景色だもの!

あーしあわせ。
カフェでシャンパンを飲んで、お庭も満喫いたしました
でもね
個人的にはこんな素敵に整った商業的なにおいのするところよりも

六甲山の植物園みたいな素朴なところがすき。
運転できるようになったら、すぐにでも行きたいなあ
もう
spring ephemeralsは終わっているかなあ

きょう病院の帰りにバスを降りて家に向かう道で
お家ごとに石垣に咲いている花がわりと違うな〜って楽しみながら
歩いてました
kyuurigusa_s.jpg
キュウリグサ。やっぱりこういうのがすき。

uti_s.jpg
ツタバウンラン(と思う)この頃よく見かけますねー
うちの(勝手に生えてるんだけどさ)は白ですけどピンクのが生えてるお家の石垣もあるし
バスから見えた駅前の道端のはもっとすごく花も葉っぱも大きかった。

ゴマノハグサ科でいうと今日病院の近くの信号の横に、マツバウンランが咲いてるのをみました
うちの庭にもそろそろ咲いてるかなぁ

cats_s.jpg
(おまけ)川べりで集っているネコちゃんたち(* ̄m ̄)

posted by しろくま at 19:01| Comment(0) | 日々雑感

2019年04月17日

「ラスト ラン」


ラスト ラン --- 角野栄子/著 角川書店 2011

今月の、「児童文学を読む会」のお題なので読んでみた。
この会に出るのも久しぶりです〜

それにしても
児童文学の主人公が70代のおばあちゃんって意表をつかれたわ。
30代のバルサでさえ、「子どもの本の主人公が中年女性…」って(アメリカで)絶句されたのにね。

ということで最初おばあさまの独り言のあたりは結構退屈でしたけれども
一旦旅に出たらば展開がそれはそれはおもしろくて
やめられなくなりました

で、結局帰ってきたけどこの小さな女の子は一緒なのね……
(絶対いなくなると思ってたからなんか肩透かしではありました)

とはいえこれからもなにかありそう。それは楽しみなんだけど
でもきっと
今回の旅はラストランのつもりだったのにラストではなくなりそうね?

文庫も出てます。表紙は、文庫版の方がちょっとかわいいね
posted by しろくま at 18:39| Comment(0) | こどもの本

このごろ

violetHP_s.jpg
このごろは、どこへでもバスと電車で、てくてく歩いていきます。
これはこれで、楽しい。

このスミレは、病院の横の道で出会いました。
うちの横に生えている紫のやつよりは、ちょっと大きいし葉っぱも長いです。
shirosumire_s.jpg
(これはおなじく家の横のだけど白すみれちゃんのほう。)

それにしても
今年の春の空はほんとうにきれいですねぇ
kumo_s.jpg
桜の時期もとても長くて、うちのあたりではまだ楽しめます。
今日バスで有馬温泉を通りましたけど、有馬ではちょうど満開でサイコーにきれいでした。

saiun_s.jpg
これは駅前。
彩雲が出ているんだけど、カメラで撮ると分かりにくいなー

posted by しろくま at 18:31| Comment(0) | 日々雑感