2018年12月27日

“感情”をたどっていく〜

hirotajinguu_s.jpg
こんにちは。ちょっと間があきました。

この頃は、毎日大した予定もいれず
あんまり本も読まず
これということもせず
(実はやらないといけないこと…以前に約束してること…が2つ3つあり、それをしなくちゃなーーー…と思いながらせず、その間他のことも特段できず、いろいろと停滞しているのでございます)
大層非生産的な毎日を過ごしております

RAS(Release and Awakening System)でおべんきょうしたような言い方でいえば、
「〇〇しなくちゃ」っていうのは自分の個性・本質に合ったことではないんだな
まあでも約束したからさ… 責任あるしさ… とりあえず今あるこれを終わらせたいわ。
(で、次からは受けたくなければ受けないでおこう〜)

ところで。

わたしの「本質(“からださん”)」からでた宿題で、
1日2回、「感情を紙に書きだしてその後捨てる」
っていうのがあります
その時感じてる感情を紙に書いていく。そして捨てる。

やってみてるのですがこれがなかなか良いのであります

そもそも
感情
って何でしょうね?

わたしこれまでなまじっかホメオパシーとかコネクションプラクティスとかとか
勉強してきたせいで(せいで、っていうのどうなの?)

「感情」の定義に結構こだわりがあったのであります

ホメオパシーでは、「感情」と「感覚」とは結構厳密に区別するもの。
だって、クライアントさんが話すとき
感情 は(自分をカバーアップするための)嘘がつけるけど、感覚 は(善し悪しや意味がフツーは不明なため)嘘がつきにくいんです

コネクションプラクティスでは、(っていうよりNVCでは、でしょうかねー)
「感情」と、judgementalな考えからくる「感情もどき」とをちゃんと区別します。
NVCの感情とニーズのリスト)←NVC japanへのリンクです

一方で、たとえば 「有能/無能な」「役に立たない」「見下された」「劣った」「裏切られた」「無視された」「捨てられた」(と感じている)、みたいなのは
「感情もどき」っていうことになっています

でもね。
この感情をただ書いて捨てるワーク、やりながら思いました。

感情だろうがもどきだろうが感覚だろうが
いまそのとき自分が感じていることに変わりはないじゃん。
だから、区別せずに思いつくまま感じるまま書いてみる。どんどん書いていく。

個人的にですがおすすめは
「       」と感じている。
の「   」の中身を、書いていく感じです。
ただただ味わって書いていってふと浮かんだことも書いていって
自分のその「感じ」の中に入っていく。

すると
…すると…

なんだか深いところに辿り着くのであります

へぇー!
みたいな。

で、あとはキレイサッパリ破って丸めて捨てる。

だからもう何を書いたか、結構、覚えていないのでありますが

なんかすっきりして
解消されて
もう
同じもの・出来事には
あんまりトリガーされない(感情を惹起されない)のであります。

これ
すごーい

もうね
頭つかわない。
わたしこれまで使いすぎてた。



いいよ、これ。おすすめします


posted by しろくま at 15:42| Comment(0) | RAS ストレス解放システム

2018年12月07日

解放中

donuts.jpg
先週買ったドーナツの紙袋。
くまさんがかわいすぎる…… (≧∇≦)

昨日と今日と、午後RASのセッションを受けてました
昨日のはとってもしんどかった。
終わったらぐったりして、ひたすら眠かったし
インストラクターもゆっくりしてくださいねっていわはるし
左脳をあまり使わないようにした方がいいそうなので、本を読んだりもせずにただ
ぼーっとしてた。

今日は一転とっても軽々♪ってかんじでしたが
今日出てきたいろんな信じこみの中で

「安全な」っていう信じ込み(これはポジティブな方の信じこみですねー)を解放したら、
次の眼球運動の時
視野がずっと広くなってることに気づく。

「中心が定まっている」を解放しましょう、って出たときに
あれこれ思いめぐらせていると
いままで、しなくてもいい…無意識に中心をとることに、わたし、
すごーーくメモリを食ってたんだ… ってことにふと気づく。

そもそもこの「信じこみの解放」ってのは
いたずらにメモリを食ってるプログラムが外れていく感覚
だなぁー

「重要でない」ってのが出たときは
あっそうか、今のわたしのこの状況をつくっていたのは(そしてそれをストレスに感じていたけど)
わたし自身のこの信じこみ。ってのが腑に落ちたし

「汚れている」が本日ラストで一番重いやつでしたけど
これもいろいろ思い当たる、そして腑に落ちたことがありました

Aha! ってなりながら
いろんな不要プログラムをシャットダウンしているところです♪

とはいえ、効果はすぐに感じるものばかりではないとみえ
この、始まった統合のプロセスは完了までに4カ月かかるって今日わたしのからださんは言ってました

さーパソコンももうほどほどにしとこ〜^^
posted by しろくま at 19:59| Comment(0) | RAS ストレス解放システム

目のかゆみ

wisdomlies.jpg
数日前ですけど目がすごくかゆかったの
左目だったけどそれが治まったら今度は右目がかゆくなったりして
それで
この本だったか読みかけのこの本だったかちょっとわからないんだけど
思い出して
(ちょうどそのときなんかの待ち時間だったし… あ、月曜日だ)

目がかゆいのはどうしてかな?
ってつらつらと考えてみた
そうだわたし、目で見ること、目からの情報にすごく頼っているな、って思い当たったし
だから目を使いすぎる傾向もあるよね
なんて、いろいろ自分のことで発見がありました

そしたら……

それ以来一度もかゆくない。 いちども!!
で、そのあとふとfacebookで出てきた名言quotesがこれだった。

ネットに限らずシンクロがこの頃増えてる気がする。

20年近く前の会社の同僚に立てつづけにばったり出くわしたり

ややこしいメールを書こうと思っていた人が向こうからやってきたり


楽しんでいます〜

posted by しろくま at 19:40| Comment(0) | 日々雑感

I've never been to me


I've never been to me --- Cherlene/歌 Ronald Norman Miller, Ken Hirsch/詞・曲 1977

昨日ふと、youtubeを見てたら次のおすすめ?っていう曲が
これだった

昔から好きな曲でしたけど
久しぶりに聞いてみたら
歌詞が衝撃的だった

胸にこたえすぎて涙が出てきた

I've been to paradise, but I've never been to me

幸せは自分の「まわり」じゃなくて自分の「中」にあったのに



深すぎる……



posted by しろくま at 19:16| Comment(0) | My Favorite Songs

2018年12月05日

「本当の自分に出会えば病気は消えていく」(1/3)より 「苦痛系思考と報酬系思考」


本当の自分に出会えば病気は消えていく --- 梯谷幸司/著 三笠書房 2018

私は基本的に読み終わってからしか本のことは書かないんですけど
そしてこの本はまだ1/3ほどを読み終わったところなんですけれども

すごーい発見(わたし的に)があったので、忘れないように、書いておく〜!

はい。つい先日、
「ぎりぎりまで取り掛からない、っていうよろしくない癖がある」
「でもそれが気にならなくなった〜」

って書いたところなんでございましたが

でもやっぱり、いくら気にならなくなったとはいえ
やっぱりぎりぎりになる前にうきうきと取り掛かりたいもので。

今日この本を読んでいたら
こんなくだりがありました

「『苦痛系思考』と報酬系思考』」

「苦痛系思考とは、様々な決断や判断などを、『不安、恐れ、嫌悪、怒りといったネガティブな感情を生じさせる事態に遭遇するのを避けるため』という基準で脳を動かすパターンです」

「『〜しなければいけない』『〜すべき』という言葉を使っているとき、苦痛系思考になっているといえます」

「一方の報酬系思考とは、『〜を得たい』という思いが第一にあり、それに突き動かされて、様々な決断や判断をするという脳の動かし方をするパターンです。
たとえば、『自分の仕事を通して、世の中に貢献したい』「自分の感性を生かした芸術作品を発表して、世の中を刺激したい』
(中略)
いってみれば、本来の生きるも奥的に向かって生きている状態です。
このとき脳の中では、報酬系といって、自分にとってうれしいことや楽しいこと、面白いことなどに関わることを情報処理する脳の部位が動いています」


うっひょ〜!

そうか。
じゃ「今度のミーティングまでに●●を作らなきゃいけない」

と思っているのを(そしてだからちっとも気が進まないのを)

「●●を作ってみんなに喜んでもらえる♪」

なーんて思いの方向を変えてみたら、いいんじゃない???

で、それでもまだ、気が進まないようであったらそれはたぶん
「自分の本質」(@RAS) とは違うことを引き受けちゃった、
ってことなんじゃない???


「〜しないと」っていうのは、オットが本当によく使うフレーズなんでありますが
これって「苦痛系思考」の言葉よね。
で、わたしそれを聞くたびにキライだなーって思ってたんだけれども
要は、ほら、わたしの中にあるものを、この癖を、
身近でオットが見せてくれてただけ、ってことよね……

こういう気づきも、解放だなぁ っておもう。
だからRASで解放する方法もあり、こうやって自分で理解しながら解放していく方法もあり。
(だっていままでの人生の中ではずっと、それをやってきているんだし)

RASのセッションを受けてたったかと、ファシリテーターさんがわたしのからださんと相談しながら、
わたしはただ立っているだけ、目を動かしているだけで
ストレスを生んでいる大元が、パカパカ解放されてく、という方法も
とってもスピーディーで楽ちんでいいんだけれどもね。

自分でも理解して解放したい、っていう思いが、こういう道を開いてもいるのかもしれないなぁ?
なんて感想をもったりしています今ね。(しらんけど。)(* ̄m ̄)


さぁて
この本ゆっくり読み進めていきまーす(^_-)
posted by しろくま at 01:49| Comment(0) | RAS ストレス解放システム

2018年12月03日

こゆこと?

sakurafur.jpg
まだよくわかんないRASの効果。
でも、ふと思いつくのは

わたし、頼まれたこととか、やらなきゃいけないこととか
(自分が好きでかって出たものも含め)

ぎりぎりまで取り掛からない、っていうよろしくない癖があるんでございます
どうも、これはちゃんとやりたい、大切なものであればあるほど(事の大小はさておき)
その傾向があり……

これ、結構なストレスになっていました。


お習字の課題、結局ぎりぎりまでやらないのは変わっていないんだけど
全然ストレスに感じなくなってる。
(で、結局いいものができたりする)


現状は変わっていないのに、「気にならなくなった」という治癒が起こるのは
以前実家の父にホメオパシーを試してもらったときにも実感したことがある。
ほほー……


ちゅん2の制服のカッターシャツ。
前の日にアイロン掛けてたら楽なのにぃ〜 ってじぶんでも重々思ってたのに
どうしても気持ちが向かわなくて
毎日朝アイロンかけてた。お弁当慌てて作って。
それが
お洗濯した後すぐに、ふふ〜ん♪ ってアイロン掛けてる今。



このストレス
10月に受けた最初のセッションでも
今シリーズで受けてる解放セッションでも
相談してないんだけど。(思いつかなかった)
こういうところに効果?が現れるっておもしろいな〜♪

楽〜(* ̄m ̄)

posted by しろくま at 11:45| Comment(0) | RAS ストレス解放システム

電球が切れる…

sakura_s.jpg(さくらさん近影。)

前にも書いたことありますけど
ちゅん2がおなかにいたときはよく、助産院で機材を壊しました

お腹診てもらっているときにエコーの機械がとまってしまったり
血圧計っているときに測定器が動かなくなったり
それぞれ何度か

それ以降も、オットと大げんかをして憤然としてお風呂に入っていたら
風呂釜が壊れたってこともありました

まぁね、そんなこともありますかね? あるある?

電気系統のものって、わたしたちの生体エネルギーに干渉しやすい気がします。


RASの解放セッションを受け始めて
まだ1、2週間なのですけれども
家の電球がその間に5つ切れました。多ない??

(* ̄m ̄)…おもしろいけど… ちょっとめんどくさい…
posted by しろくま at 11:36| Comment(0) | RAS ストレス解放システム

「体に語りかけると病気は治る」


体に語りかけると病気は治る --- 長田夏哉/著 サンマーク出版 2014

3,4年前に一度読んだ本でしたが
その時はkindleで読んだのでしたけど

RASのセッション受けててふと、この本を読み返したくなって
今度はちゃんと紙の本を買ってみました
やっぱ神… もとい紙……^^


著者は整形外科のお医者さんですけど、
敢えて自由診療でなく、普通の臨床の中で、
病の原因は心にあるんですよ、ってことを伝えて、そして成果を上げていらっしゃる。
いいかんじですよねぇ こういうお医者さんがもっと増えるといいなー

「肉体に現れる症状は、肉体自身に原因がないからです」

「体にあらわれている症状は、ほんとうの気持ちや痛みを病気という形で表していることがほとんど」

「私自身は、日常の中で、苦しさや違和感、不満など、さまざまな感情をもつどんな自分からも目を背けることなく、自分を信じるようにするうちに、感覚的なものが研ぎ澄まされていきました。
意識しはじめて5年ほどかけて、自分の中の内なる声のメッセージをうけとれるようになりました」

「病気やケガは、あなた自身の声であり、あなた自身に気づきと変化をもたらすメッセージです」

「相手に感じるものは、たいていは自分の内側にあるものです」

「健康になるためのは、本当の自分の声に耳をかたむけなくてはなりません。それは、自分にとって耳の痛いことも受け入れるということです。しかし、いったんそれを認めてしまうと、
『本当の自分に気づく』ことのすがすがしさを味わうことができます」

「病気は、今自分が何を感じているのか、本当の自分に気づくためにやってきてくれています」

「親から無意識のうちに引き継いだ信念体系……(中略)……
親からどんなソフトウエアをダウンロードしたとしても、自分次第で変われるということを自分が身体で知った出来事でした」

「体に何かしらの症状が出ているときは、体からの伝えたいメッセージがあるということです」

「意図をもって提供していれば、その意図に見合ったエネルギーがその場に注入されます」


この、親から受け継いだ… という信じこみを解放する、っていうセッションを
そういえば先日受けたところ。
パソコンやインターネットができてきて、その仕組みが
人間の在り方の仕組みに似てる、っていうのはよく使われる説明ではあるけどホントそうだと思う。

で、その先祖から受け継いだ信じこみ、を自分が解放することで
自分の肉親にも、先祖にも、さかのぼって解放が起こるということだそうで
これはこれでとても楽しみなんであります〜^^


で、(この本にちらっとだけ名前の出ていた)フルフォード博士の本を…… これも15年前に(amazonさんによると♪)読んでてうちにある筈なんだけど……
また読みたくなって探しているのですけど、

本棚にない。

???
posted by しろくま at 11:25| Comment(0) | RAS ストレス解放システム

RAS(ラス) ストレス解放システム

sunrise.jpg

わたくし、どうやら癒しとかヒーリングとか代替医療とかにたいそう興味がありまして
(ご存知の方はきっとご存知……)

ちょっとマニア?

こないだ、ふと思い出してこれまで習ったり学んだりしたものをリストアップしてみましたら
思い出せるものだけでも
ホメオパシーを筆頭に… 20や30ではきかないのでありまして

(* ̄m ̄)もう名前も思いだせなかったものもありましたけども


少し前に、RAS(ストレス解放システム)というテクニックのことを知って
なんかピンと来てセッションを1度受けてみましたら

こーれは、いいわ!!!って直観も、認識もありました


それで……
すこし逡巡はいたしましたが(^^;

先月末から「ファシリテーター養成講座」を受講しています
(受講後OKいただいたら人様にセッションができるようになる)

養成といっても。

(まだ途中なんでよくわかっていないことも多々あるかと思いますが)

まずは、自分自身が、いろんなもの(信じこみ)を手放して解放して
できるだけフラットなニュートラルな状態になっていないと
人様へのセッションもできないよん♪ということで

まずはまんべんのない(リストがあるんですね〜)解放セッションを受けております。

RASってどんなもの?っていうのは協会のホームページを見ていただければいいとして

わたしの、この体験しながらのつぶやきなんかを、
ここで少しずつメモしていこうかなって思っています……

たのしみ〜♪ ( ・◡・ )
posted by しろくま at 11:03| Comment(0) | RAS ストレス解放システム

「アイヌお産ばあちゃんのウパシクマ」


アイヌお産ばあちゃんのウパシクマ〜伝承の知恵の記録〜 --- 青木愛子/述 長井博/記録 樹心社 1983

10年以上ぶりにこの本を読み返した。
特に、後半をじっくりと。

イコインカルクル(助産婦)であり、ツスクル(降霊能力者)であり、ウエインカラクル(観自在者・霊視・千里眼とも?)であり、療術師(薬草や整体)でもある愛子さん(故人)。
おもしろいなぁ。
でも、ご自身と、血縁者には施術ができなかったとかで(そういうものらしいです)
苦しみもたくさんあったのでしょうね。

アイヌに特有と思われていることで、アイヌの方々によくみられるものなんだそうですが
イム というものがあるんだそうです

神懸り的な?癲癇症状のような?本文からはよくわからないのですが……



先日RASの解放セッションを受けていて、
解放項目の中に載っていない
「サイキック」という言葉を、わたしの身体さんが提示してきて
よくわかんないながらも、解放していただく。

「サイキック能力に引っかかりがある」とわたしの身体さん曰く。

そのあとで、ふと読みなおそうと思って久しぶり〜に手に取った本がコレだった。


なんかふしぎ〜

posted by しろくま at 10:47| Comment(0) | RAS ストレス解放システム