2017年09月12日

something as small as that


Former US Navy Admiral, William H. McRaven, conquers his day with this one small task in the morning
元アメリカ海軍将校(提督?) ウィリアム H. マクレーベンさんのスピーチ。
途中からですけど

すっごくないです?

何度も
「世界を変えたいなら」
っておっしゃる。

あんなことも こんなことも
乗り越えてこられた素敵なエピソードを話してくださる。
(ちなみに、NAVY SEALs って海軍の特殊部隊なんだそう。へぇぇー)


これからの世代のために
「世界を変えたいなら」

まず!
毎朝寝床を整えるんだよ

って

それが毎日最初のtask。
ひとつひとつをきちんとやる。一個一個、コンプリート!!していく。
それが自分を励まし、力になる。


何年か前だったと思うんですけど
たぶんSpace ClearingのKaren Kingstonさんのblogだったと思うんだけどなぁー
(どこに書いてあったんだか見つけられない)

なんかね
正確なところは忘れましたけれどもね
やっぱり
人生を変えるには
毎日起きた後の布団を整えること

そういうちっちゃなことからはじまる
it starts with something as small as that
っていうのをいっとき、心の支えにしていたときがありましたっけ

なんかこの動画見てそれを思い出しました



フルバージョンはこちらね?
まだ見てないけどこれから見てみる〜


University of Texas at Austin 2014 Commencement Address - Admiral William H. McRaven
posted by しろくま at 19:03| Comment(0) | 日々雑感

昭和の歌♪


ブルー --- 渡辺真知子 

午前中コーラスの練習で、「異邦人」を初めて譜読みしたもんですから
なんかなつかしの昭和のニューミュージックLOVE♪って感じで帰ってきて
youtube見だしたらチェーンでいい曲が流れるもんでやめられなくなってしまった。

なかでも
これ!
お若い頃の、渡辺真知子さん。
この強い瞳、強い歌声。なんかさー 泣けてきちゃうわ……

わたしのヘビロテはほかにこの辺りです↓

思い出のスクリーン --- 八神純子


思い出は美しすぎて --- 八神純子


ということで、お習字の練習しようと思っていたのになー
もう夕方になっちゃった
posted by しろくま at 18:22| Comment(0) | My Favorite Songs

「関ケ原」


関ケ原 --- 原田眞人/監督 司馬遼太郎/原作 日本 2017

いやーこっちの方を先にみたんですけど
次の日に観に行った「さとにきたらええやん」がすごくよくてこっちの印象が薄れてしまいました

岡田くんファンなんですが
島左近役の平岳大さんが迫力あってすごかったなー

あの
丁度行けた時間が、「日本語字幕付き」の回だったの
心なしかお客さん少な目?だったんですが
字幕邪魔だけどね
でも、そう歴史に詳しくもないわたしにはとっても助かったっていうか
わかりやすかったです(字幕ありがとう!)

あと
ちょいちょい姫路城が出てきた… 搦手門とか、腹切丸とか。
馬から斧とか投げて的に当ててた(すごい!!)のは、下賀茂神社の流鏑馬の道かなぁ

鯨波。母衣。
志村ふくみさんが、母衣のことをなんだか書いてらしたっけなぁ…

そーゆーのもおもしろかったです

posted by しろくま at 18:13| Comment(0) | たまに観る映画のはなし

「さとにきたらええやん」


「さとにきたらええやん」 --- 重江良樹/監督 ノンデライコ 2015 日本

確か去年映画館でやっていて観に行きたかったんだけども
そのときは予定が合わなくて

それがなんとー
ちゅん2がお世話になっていた(昔ね…)保育園で自主上映してくださるというので
喜んで行ってきました
(会場間違えて焦ったけどさ〜 間に合った!)

ええとー
これはドキュメンタリーです(「みんなの学校」みたいな。)

大阪の釜ヶ崎(ドヤで有名なところ)にある「こどもの里」っていう、
保育園でもないし
なんなんだろう
こどもならだれでも、きていいよ、泊まってもいいよ、お金はいらないよ、
っていう場所

そこに顔を出すいろんな子がみんな主人公。
ちっちゃい子、中学を出る子、高校卒業とともにさとも卒業していく子、
さとにくる子どもたちのお母さん。

みんな一生懸命でみんな素敵。

「さと」代表の女性、愛称「でめきん」
子どもたちが私の人生を変えてくれたねん、っていうみんなのすごいお母さん。
そのでめきんが、脳溢血で倒れて……


ところどころに挟まれる、こどもたちと地元のおっちゃんたちとの触れ合い。
運動会や夜回り。
スタッフもすごいー

こんなところがあるんやぁ
出てくるみんながいとおしくなって、応援団に入ってしまった感じ

なんかすごく胸があったかくなって
それからとっても切なくなって
すごくパワーをもらったかんじ。

挿入歌はあったかい関西弁のラップ。
disるんじゃなくって、応援して心をあっためてくれる。
いいなぁー
ラッパーはSHINGO★西成さん、ってひとですが、ちょこっと映画にも登場してて
声が、いいんだねー。やっぱり歌手っていうか、普通の人とは違う声でした。


ええ映画やった! とってもおすすめ
posted by しろくま at 17:45| Comment(0) | たまに観る映画のはなし