2017年09月03日

「元気に生きるその極意―健康増進力―」


元気に生きるその極意―健康増進力ー --- 金井聖徳/著 ギャラクシーブックス 2016

西宮にいい整体の先生がいるよ〜 ってオット(の友達)に聞きまして
整体院じゃなくて整骨院なんですけど
この夏から通っています

その先生が書かれた本で、受付で売っていました

ハワイに行ったときに持っていって、マウイ島のホテルで読んでました

オットの方がハマって、先に読み終えてしまってさ

わたしはようやく今頃。

でも
おもしろいです

さいしょに ナルホド!!!!って思ったのはね

イギリスに行ったとき、ベッドが小さかったんです
みんな背が高いのに、こんな170cm越えたら足が出るような小さなベッドで
寝てるのー???
ってすごい不思議だった

あと
のこぎりでもなんでも、日本では引いて使うのに欧米では押して使う、っていうのも
いつも不思議に思っていたのだけど

「日本人と西洋人の筋肉動作特性
(中略)
日本人は身体の中心に向かって身体を縮める特性があり、
西洋人はその逆で、体を中心から伸ばす動きをするのが特性です。
(中略)
日がな一日生活をしていますと当然、疲労は溜まってきて就寝時には日本人は屈筋系の筋肉を多用しますので、
昔からよく聞く表現で、休むときは畳の上で大の字になって寝たいのです。
披露した筋肉は縮んで強張ってくるのです。
疲れてするあくびの時に両手を万歳して身を丸くします。
どちらも、使って披露した筋肉を休めるための自然な姿勢への欲求です」


ほほ〜 なるほど〜〜〜!

そうそう「冷やす」治し方もね。
あんまり身体って冷やすもんじゃないって聞いてたから
意外だったし、機会があれば一度やってみたいです。機会はないに越したことはないですが。

あとね
「正しい歩行方法」のところで
「おへその水平線上の脇腹に股関節があるようにイメージして歩く」
っていうのがあるんですが

これね、実にaha! でございました

もう何年も前ですけど
なんだかわすれて、もうどうってことないビデオで
インドの女の人が歩いているシーンがあったんです

それが、きれいでねー…

まだ目の奥に残っているのですが
それがまさに
この歩き方だなぁ。って思います
ここを読んで以来歩き方に気をつけています
つい忘れるから、思いだしては気をつけています、っていうのが正確な言い方。



ちなみにこの先生
体のことだったらなんでも…いまのところ、なんでも…
お尋ねしたら教えてくれるのがおもしろい。

(* ̄m ̄)今度何聞こうかな〜
posted by しろくま at 22:21| Comment(0) | こんなん読みました^^