2017年08月22日

「アリになった数学者」


アリになった数学者 --- 森田真生/文 脇坂克二/絵 (月刊)たくさんのふしぎ2017年9月号 福音館書店

先日、武道家の甲野善紀さんのセミナーに行きまして…

そこで買った絵本。
先生が2冊だけ持ってこられてたそうで、その1冊をゲットハートしましたのですが
(それはそうと、セミナーのこと書く前にこの絵本のことってどうよ)

どうしてこの絵本を?とお尋ねしましたら
この著者の数学者、森田真生さんと対談をされたことがあって云々…

と先生はおっしゃっていました
(甲野先生は各界の方とのコラボが多いものね)

絵本の体裁ですけど(そして絵も素晴らしいですが)
なんで絵本なのかな

数学者がある日アリになっていて、
アリの目から数学を考える、っていうストーリーなのですが


すごーい ふかーい っていうか
おもしろーい
数学のことはちっともわかりませんが(わかったらもっと面白いんだろうなぁ)

数学者っていうのは、数や図形や、実は「存在しないもの」のことを考えている人たちなんだ
ってことや

自分ではない相手の心をわかるってことは、「自分ではない相手の心と、深く響きあうこと」
「数学を分かることも、これに似ている」


個としてのアリと、集団としてのアリのこと。

人間とは全く違う、アリたちの「数」と「計算」のこと。

とくにこのアリの数学の描写が
とても不思議で瑞々しくて

人間以外の存在への敬意も感じられて

とてもすてきです

中学生や
高校生になんても、読んであげたいなぁ。と思う、絵本

自分で読むより人に読んでもらった方が素敵だと思うよ?

だからやっぱり絵本なんだな


posted by しろくま at 23:07| Comment(0) | 絵本

「成功を引き寄せるアニキのオキテ」


成功を引き寄せるアニキのオキテ --- クロイワ・ショウ、丸尾孝俊/共著 日本文芸社 2014


ということで、すっかりアニキのパンチのきいた語り口のファンになってしまいまして

でもいろいろ結構出ているアニキ本はちょっとみただけで引いてしまいまして

ふとfacebookで見かけたこの本を手に取ってみた。

これは二人のどっちが書いたって読んでたらわかりませんが
アニキが弟子って感じのクロイワをちょいちょいこき下ろしながら
前半は人生訓を語り、
後半はいろんな人からの質問に答えています

リーダーとしての人心把握術「のようなこと」や
(でもこの方は「技術」ではなく「素」でやっててそれがほんまもんなんやろね)

会社組織や、国にまでいろんな提言をされてますけど
それがなかなか柔らか脳みそで面白いんやわ。(しかも説得力がある)

「ハードディスクにデータばっかり溜める教育っていうのは、部品教育や。
そんな教育受けた者がなかなかザックバランとか、臨機応変でき難いよ。
それよりCPU鍛えろと思う」



そうそう、本文中に、金持ちになろうと思ったら会社に就職したらあかんと思た、みたいな
(成功しようと思ったら、やったかな?)箇所があるんですけど
わたしも若い頃そう思ったわ…


楽しく読めました♪ アニキを見習ってざっくばらんにぴちぴちと楽しく豊かに(心もよ)生きたい。



posted by しろくま at 21:59| Comment(0) | こんなん読みました^^

「大富豪アニキの教え」


大富豪アニキの教え --- 兄貴(丸尾孝俊)/著 ダイヤモンド社 2012

楽読の教室で、本棚にあった本。
ソフトカバーでめくりやすい本が並んでいます。
「初見本」のレッスンで使わせてもらったんだけど、
おもしろくて!!!
そのままお借りして帰りました

この方、ずいぶん有名な方らしく、
大阪出身(ぱりっぱりの関西弁)、わたしと同い年、
兄貴、って呼ばれるくらいの親分肌で
中卒でいろんな仕事をしたのち、ひょんなことからバリ島で大富豪になったという…
(まぁなんと雑な紹介♪)

まぁでもこの方の紹介はググればすぐ出てくるでしょうからこのくらいにしておいて。

実際に今バリ島にお住まいで、
日本中からたくさんの人たちが兄貴を訪ねてバリ島までやってくるのだとか。

そんな中の一人、冴えないサラリーマンの「いっちゃん」が
兄貴と過ごした日々をレポート… ってな内容ですが
実際は兄貴がご自分で書かれたいわばフィクションていうか、
何百人も来られた方が質問する平均値をストーリー風にまとめたもののようですよ?

失敗無くして成功なし、だれよりも失敗した経験が今の兄貴をつくった

継続無くして成功なし

人はなぜギャンブルをするのか… 「それは、打ち込めるものがなくて、ほんとうの仲間がいなくて、『さみしいから』」

「大人になってから、『間違う』ことがないように子供を育てるのが親の役目やろ?
なのに子供から『間違うこと』を取り上げてしまってはいけないんや」

「それはな、親自身が過去にな、『自分の限界に挑戦してこなかった』からや。
その自分の過去の経験に照らし合わせて、子供の限界も、勝手に決めてしまいよるんやて」


ってこーんなことが書いてあるわけですが
(もっとたくさんよ)

歯切れのよい関西弁で繰り出されると、楽しく読めて、そして胸に響く。
本当のことだからかな


posted by しろくま at 21:48| Comment(0) | こんなん読みました^^