2017年08月21日

"Gifted"


Gifted --- Marc Webb/director, USA, 2017

帰りの飛行機の中で(行きは夜だったので爆睡していました)
これと、もうひとつ「海賊と呼ばれた男」を観た。

英語で観てみよう〜^^ と思ったけど、ううむ、やはり
字幕でもないとちっともわからないのでありました。で
英語字幕がなかったため(たしか日本語字幕もなかったのでは…)日本語の吹き替え(だったのではないかな…もう記憶が遠くなっておりますが)で観ました。
残念。オリジナルの音を聞くのが好きなんだけど。


ともあれ
天才的数学者の娘として生まれた、信じがたいっていうかわかりやすいっていうか、っていうくらいに
数学の能力の高い小学校1年生の女の子が主人公。
gifted:天賦の才能をもつ っていう意味。

この子のお母さんは、やっぱり数学者だった母親に人生をコントロールされて
(要は英才教育による数学漬けの、他人から目標を与えられた人生ね)
結局娘を生んで、弟だけに遺言を残して、亡くなってしまったので
その弟が女の子を育てているんですけど…


だれもが健康な当たり前の人生を生きて
周りの人とのかかわりの中で
人間としての自分を楽しむ必要がある、って

ほほえましいながらも結構怖い映画だった。

posted by しろくま at 11:04| Comment(0) | たまに観る映画のはなし