2017年07月04日

Timeなのね。


Gods Cricket Chorus --- Jim Wilson & David Carson 1992


これ、二つの音(曲?)が重なって流れているビデオですが
ひとつが(ご存知)コオロギの鳴き声
もうひとつが、「↑のコオロギの鳴き声を、コオロギ→人間の一生の長さに換算して伸ばしたもの」
なんだそうです

angelic!!
まるで教会で聞こえてくるような、なんとも神々しいコーラスだよ〜〜!

そっか。コオロギたちはこういう音楽を聴いているのか…


今"Spooks"シリーズの最終巻をぼちぼち読んでいるんだけどさ
Tomの特殊能力の中に「時間を遅くする」っていうのがあるでしょう

鍵は
「時間」
なのね

ちょっとこれを思い出す

絵とき ゾウの時間とネズミの時間 --- 本川達雄/文 あべ弘士/絵 福音館書店 1993
新書もあったはずだけど見当たらない(読んだかどうかすら定かでない)
posted by しろくま at 19:00| Comment(0) | 日々雑感

「サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ〜」


サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ〜 チュス・グティエレス/監督 スペイン 2014

日曜日にふらふらと(神戸)元町をあるいていて(まぁ買い物に行ったんだけど)
あんまり暑いので用事が済んだら映画館でまったりしようと思って
丁度これがかかっていたので入ってみました。

最初の半分くらいは寝てしまった。

ずーーーーっと、フラメンコの踊り手や楽手のみなさんのインタビューと踊りの場面が
延々とつながっている構成。

だから後半しか内容はわかってないんだけど

素敵でした
エネルギッシュな動き、独特なリズム(手拍子!!!)、発声、
それからみなさんのなんといいますか自由奔放な生きざま。

結婚したら夫に反対されて(踊りを)辞めなきゃいけなかった…とか(でも息子さんが踊り手になった)
洞窟に穿っていた家屋が水害で流されて一体が全滅して…とか
そもそも貧しくて、おなかが空いて、でもいつも踊りがあって… とか


すごい力強い映像だった。魂の。フラメンコの。


台風通り過ぎたみたいですねぇ
今、虹が出ています
rainbow3.jpg
posted by しろくま at 18:20| Comment(0) | たまに観る映画のはなし

「『山の神様』からこっそりうかがった『幸運』を呼び込むツボ」


「山の神様」からこっそりうかがった「幸運」を呼び込むツボ --- 桜井識子/著 宝島社 2017

識子さんの新刊です。また買ってしまった。

この方の本は、最初の「ひそスピ」以来複数の出版社から次々出ていますが
同じような神社仏閣神様ものに(たぶんね)ない、独特でユニークなところは
この方が神社の神様や眷属さんたちや仏像に入っている仏さまや……

と、直接話ができて、そのお姿も見られて…
という能力を持っていらっしゃるところなんですよね

これ、いつも思うけど、すごくないですか?
活用のしようによっては、日本の歴史の本、ずいぶん内容が変わっちゃうんじゃないですか??

まあそんなこんなで
人気があって出版社からも引っ張りだこ(なのでは)なのもうなずけるというものです

唯一の問題は
本がたくさんありすぎて(たぶん11冊目)どれに書いてあったんだかもうすっかりわかんなくなってしまってるっていうことくらいか……
ハイ 熊野さん、まだ行けていません……)

今回面白いなーって特に思ったのは

●手術など出血するものの時は仏さまにお願いする。
(神さまは血が苦手でいらっしゃいますからね〜)

●幸せって… のところで
「魂にとって、特別な何か”で、ウキウキするような喜びの感情、もしくはしみじみと癒されるような満足感を伴うもの」

「自分はどの部分が突出していたら嬉しいのか、何を持っていたら喜ぶのか、を本気で知ること」


識子さんご自身の、今のミッションに辿り着いたお話もおもしろかったです。

●無意根山(北海道)
北海道の山々にも、「山岳系神様」がいらっしゃるっていうことで
(しかも知られていない)

そうだよね。
日本人が、各地の神さまに名前をつけ(たり、勧請したり…し)てきたんじゃないかとおもうんだけど、
北海道はその手があまり入っていないものね。
(アイヌの方々が祀っていたお山は各地にありますね。今はそこに神社が建っていたりもするけど)


識子さんが当てもなく(っていうかあてずっぽうに…)探して歩いて、ふとしたことで見つけたのがこの山の
神様だそうです
熊野三山クラスの力をお持ちの神様だそうです(山はほとんど無名ですよね?一般的には…)

「この辺り一帯」にいらっしゃる御柱ということで
あ!と思わなくもないのが(わたしの個人的な妄想ですが…)

春にちゅん2と行ったホテルから見えた、余市岳。
地図を見てみたら、無意根山の北隣です。

どきどきするくらい、神々しかったのよ〜〜〜〜〜〜 余市岳。
この、右端の真っ白い(夕陽にほんのり染まっている)お山です
yoitidakeSmall.jpg

うふうふ。どうかなぁ。ここにもいらしたかなぁー

posted by しろくま at 17:56| Comment(0) | こんなん読みました^^

夏越の大祓

201706yatadera3.jpg
台風が来ています。今頃、近くを通っているかな

6月の末日に、夏越の大祓に行ってきました

お昼2時からのは都合がつかなかったので、夕方7時からの。
涼しくて蚊もいなくてありがたかったです

オットとちゅん2とわたしとさくらちゃんの厄落としをお願いしてきました
一家3人と1匹ですが、いいよね〜^^


茅の輪の前で、神事があって
神主さんの長い長い祝詞の後、全員で(ちょっとだけ)祝詞を奏上します

祓いたまえ 浄めたまえ 守りたまえ 幸えたまえ

配られた切幣を撒いて……

こういう準備も結構大変なことでしょうね
幣を切ったり、大きな茅輪の準備だってお供えだってお掃除だって……

実際参加してみるとそういうことがしみじみありがたいなと思いました

そのあと、神主さんたちを先頭に全員で縄のように∞につながって茅輪をくぐって

それから拝殿に入って(溢れていたけど)
年代ごとに(90歳代〜! 80歳代〜!ってな具合)玉串を奉納してお参りいたしました

そんなこんなで一時間。
半年間で身についたあれやこれやを祓っていただいたことだし

夏に向かってすっきりサッパリ、また、元気に参りましょー^^





posted by しろくま at 17:26| Comment(0) | 日々雑感