2017年06月08日

「The MANZAI」(上)(中)(下)

  
The MANZAI --- あさのあつこ/著 ポプラ文庫ピュアフル 2016

もともとは、ポプラ文庫ピュアフルから2010年に出た計6巻を、上中下の3巻にまとめなおしたもののようです。


今月の「子どもの本を読む会」のお題なの。
わたしには初・あさのあつこ。なんかねぇ
手に取る機会がなかったのよねぇぇ


冒頭、なんというかあざとさを感じてしまったのだけど
まあ大概すぐに没頭しましたね。

なんせ、お肌つるつる、髪サラサラのカワイイ系男子中学生が主人公。

あら?わたしメンズの好みは色白がっちり系短足可顔は大きめ目は細めですけど?
でも
息子はお肌つるつる(あ、高2になってちょっぴり吹き出物が出たりもしてるこの頃ですが)基本カワイイ系男子なのでありますから

ここはやっぱり……っていうか、この本読んでると、単なるおばちゃんの好みなんじゃないかって気もしてがっくりしますが……


男子中学生二人が出会い、漫才の相方として(として、というのは語弊が…)仲間と一緒に成長する物語
であります

ぽんぽん飛び出す言葉のやりとりがなんともスピーディーで可笑しい。

キャラクターもいろいろで魅力的で

でもね。


秋本貴史 っていう男の子が、転校生の瀬田歩 をみてビビッときて
漫才の相方にと熱烈ラブコールを送ってそれから無二の親友になるんだけど
その熱さがすごいのよ。

もうなんていうか
存在の完全肯定。

これって、わたし、自分で子どもを産んで育てるまで、経験したことなかったよ。
そしてそれは、私の人生観をとても大きく変えたよ。

だから
それを14歳で体験しちゃったこの歩くんの経験ってホント
なんというか……

ものすごいものであるのだ。


読んでると笑えるし面白いし
関西弁のやり取りのテンポがうつります。楽しい。楽しいわこういう日常!!

(時折無理やりな感じやん??ってところもあるものの)
あーおもしろかった!

そうそう
タイトルの謎は最後で分かります。
なんだ。TV番組のもじりじゃなかったんだ。 よかった!!
posted by しろくま at 23:33| Comment(0) | こんなん読みました^^