2017年05月25日

「もしここが天国だったら?」


もしここが天国だったら?〜あなたを制限する信念から自由になり、本当の自分を生きる〜 --- アニータ・ムアジャーニ/著 奥野節子/訳 ナチュラルスピリット 2016

「喜びから人生を生きる Dying to be Me」の続編です

読み始めてから(休憩をはさんで)読み終わるまでずいぶん時間がかかったのと
読み終わってからまたこれ時間がたっているのですが

前作では、臨死体験で得た叡智を語ってくれたアニータさんでしたが
この世に戻ってきて、講演などもするようになって、
でもやっぱり生身の人間だものいろんなことで気持ちや考えが揺らいで…

っていうところが
率直に書かれていて
そんなアニータさんが大好きになります

でもそのプロセスは、新たな学び直しのステップなのでありました

なにより

自分を大切にする
自分を愛する

っていうことの大切さ、そのことがいかに周りをも豊かにするか
をなんどもわかりやすく教えてくれます

(念のため… 自分を大切にすることは自分だけを大切にすることとは違うもんね
自分以外を大切にしないことはつまり、自分を大切にしていないことなのよね)

その目印はやっぱり「感情」であり「自分を幸せにするもの」「ワクワクするもの」

「内なる静けさ」
…24時間の情報断食を勧めていました^^ あーやってみたいかも!
から得られる「ガイダンス」に耳を澄ますこと

おもしろいところで(そして大変同感)
「外国を訪問している時、あるいは異文化の人と一緒に過ごしている時、子供への愛や家族に対する献身といった共通する部分を探してください。
また、相手に『変わっている』とラベルを貼るのではなく、『その人は自分と違うのだ』と考えるようにしましょう。
子供に対しても、できるだけ小さなうちからこのことを教えて下さい」


自分を愛する、っていったって、失敗もするし、邪悪なことも考えるし……

っていう自分を愛せないときってありますよね?

でも
「『自分には何か欠けている』と非難している時、実は宇宙の完全さを疑っているのだ」

それにそれに。
「エゴ」だってこの世で生きるために必要だからあるもので、無くす必要はないし、
健全なエゴと気づきのバランスがうまくとれているといいですね!
っていうところは
ほほー♪ ってうれしくなりました

さいごに…

痛みは精一杯感じきると去る。っていうのはわたしも実感しているところですけども
(とはいえそうともいかないこともあるが。)
彼女もこう書いています

「痛みから抜け出る一番いい方法は、それを十分に経験することだと私は学びました。
つまり、まず痛みがあることを認め、それから受け入れるということです。
痛みの存在を承認して、それを心から感じることを自分に許す―――そう、痛みを自分のものにするのです。
痛みは、必ず贈り物を伴います。」


痛みや、感情を十分に感じきること……
それは感情を「通り抜ける」ってことなんだそうです

通り抜ける!! aha!!



「創造性を発揮する練習だと思いながら自分の人生を生きてほしい」
posted by しろくま at 11:33| Comment(0) | こんなん読みました^^