2016年11月29日

「ママのためのシュタイナー教育入門」


ママのためのシュタイナー教育入門 --- ドーリス・シューラ―/著 鳥山雅代/訳 春秋社 2008

シュタイナー関係(教育だけでなく)の本は、ちゅん2がちっちゃかったころに
結構たくさん読んだんですけど
この頃はとんとごぶさたでした
(思春期の...くらいが最後かなぁ)

それからも、いい本がたくさん出ているのですねぇ

これはタイトルに「入門」とあるし、本屋さんで見かけても手に取らなかったかもしれませんが
(でもあんまり本屋さんで出会うことってなくない?大型書店ならいざ知らず)

いい本でした!!!!

how-to的なことは何も書いてないのですよね

でもね。
おとなが、自分自身が、「いい状態」に、
自分に戻れる時間を持つ、そのことの大切さ

結局
「教育は自分を教育することでしかない」ってこれはシュタイナーの言葉で
いろんなところで書かれ話されますけれども

そのことをやさしく
あたたかく
しずかに
おもいやりをもって
隣でささやいてくれているような本…


「生きる時間のプロセスは、自分の外側に、『正しい答』があってそれにしたがうということではなく、
自分の中にある答えに気づいていくことなんだ、ということです。
それは、ひとりひとりの暮らしのなかの小さな問題を解いていくことにほかなりません。
その宿題は、だれのとも同じではない。それは<わたし>だけの宿題です」


ああぁぁこれって、ほんとうにこの頃実感するようになったのよ。

終りの方に、
「自分が自分であるという感情」のことが書かれていますけど
これちょうどいま(並行して)読んでる別の本にも同じ意味のことが書いてあって
それがわたしの気持ちをすごく楽にしてくれたんです


「私たちが難しい日常の中で、バランスをとるということ、
まさにこの親自身の試みを通して、子ども自身もそれをまねし、
自分の中にそのバランスを得ていくことができるわけです」


あぁほんと、そして一緒に育ちたいね…


この本を読んでいると、いろいろビジョンが下りてくるような不思議な本でもあります。
どなたにも、おすすめ


posted by しろくま at 21:37| Comment(0) | こんなん読みました^^

"Fantastic Beasts and Where to Find Them"


ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 --- Warner Bros. Pictures, 2016, USA

ハリーポッターシリーズは、ちゅん2がほんのちっこいころから
いつも二人で観に行っていたので
この映画の宣伝をTVで見たちゅん2がふと
「これ観に行こうよ?」っていったのを逃さず!ええ逃しませんとも!!
気の変わらないうちに♪封切の翌日に観に行ってきましたレイトショーで!!試験前だけど!!!
(* ̄m ̄)

(だって映画はもう友達とばかり行くようになっちゃったんだもんさぁちゅん2は…)

でー
おもしろかった!!!

そもそもこれ以来Eddie Redmayneのファンなのよねわたし。

でもってスクリプトはJ.K.Rowlingらしくギャグっていうかユーモア満載、皮肉も効いてて

大笑いしながら(いえ、気を遣ってそれでも控えめに)観てましたが
ちゅん2が「ママ笑いすぎ…」と隣で小突くもんだから
声を殺そうと両手で口を押さえてたら今度は肩がふるえて挙動が不審だった
という…

ハリーがホグワーツに入学するときに
初めて買いに行った教科書のリスト。
あれってけっこう、重要っていうか、ネタの宝庫というか
(Bathilda Bagshotとかいたでしょ)

その中にあった、
"Fantastic Beasts and Where to Find Them"の著者、Newt Scamander氏が
その本を書くことになる前のおはなし。

っていうのは、予備知識なしでみたってこともあって、わたしはなんともうかつなことに、もうすっかり観おわってから、はたと気がついたんですけども
(それはそれで感動的でございました)

でもさぁ。
あれ日本語で観てもおもしろいんですかね?
いやちゅん2も気に入ってたから映像もきれいだし十分楽しかったんだとおもうのですが

たとえば
"Hey! Mr. English-guy! I think your egg is hatching!"
なら爆笑なんだけども
「そこのイギリスのお人!あんたの卵が孵ってますよ!」
じゃ、笑えん…(こんな感じの字幕だった気がするけど定かではないデス〜すみません〜)

この言い回し的面白さをどうしたらいいんだろうねぇ。
この作者は本もそうなんだけど、コトバの勢いっていうか、こういうところがもったいなすぎる。

イギリスの兄ちゃん、を犠牲にして
「卵あんたのだろ?生まれるぞー!!」
とか、
いっそのこと卵も犠牲にして
「コレあんたのだろ?生まれちゃうよ〜〜(;・∀・)」
とか??(あるいは字幕をいじる以外に別の方法が?)

全篇この調子だから
ほんと字幕翻訳のみなさま、お世話になってます。
お仕事ご苦労様でございます…(大変っすね)


そうそう、例のあの人が出てた^^
ちょっとぽっちゃりしてた?うふ。もう一回みたい。

Trailerいっぱい見たい時はこれ〜〜

posted by しろくま at 16:39| Comment(0) | たまに観る映画のはなし

2016年11月28日

「名前セラピー」


人生が100倍楽しくなる 名前セラピー --- ひすいこたろう・山下弘司/著 マイナビ 2014

名前のもつ「言霊」って
ずいぶん前に興味がわいて、参考図書を探したことがあるんですけど
その時はなかったわ。こういうの。
ひょんなことから、先日この本を知って、読んでみました

名前って
大事なんだなぁー…!!! 
っていうのが主な感想ですが

なかでも
「氏名は使命!」
っていいきったところがあって何で潔いのだろうと…


巻末に
50音のもつ「言霊」が解説してありまして
自分の名前をそれに照らしてじっくり考えてみることができます

実はこの本、土曜日に近江八幡へ行く電車の中で読み終わったんですけど…

車窓の滋賀の風景を見ながら
ふと思いだしたことがありました。

わたしって、もしかしたら、
人の才能っていうと大げさかもだけど、そのひとの力っていうか、得意なことというか…
を少し敏感にわかるかもしれないわ。

自分でもできることだったりするんだけれども、でもあえて
「これ、●●さんに頼もうよ〜!」
って、これまでの人生で何度か言ったときに、
そういえばその人がなんともうれしそうな…っていうより、内側から輝くような…
表情をしたことがなんどかあるなぁって。
(で、実際うまくいく、というか、その人はそれにより力を入れて、あるいはむしろメインとして、続けることになったりする)

こういうのが、こうやっていくのが、じつは、わたしの使命だったりするんだろーか。
だからこうしよう、という状況はいま特には思い浮かばないんだけれども。
(まあそのうちそういう局面もまたあるでしょうけれどもね)

そうそう、わたし、車に名前、つけてます♪


「出会う相手の名前は、自分へのメッセージです」

これも、なんとも、興味深い…


posted by しろくま at 01:26| Comment(0) | こんなん読みました^^

2016年11月21日

りんご断食?

dawn20161117.jpg
今日はずっと曇りだし、夕方から雨、ゆーてますがなかなか降りませんね〜〜
(この写真は数日前の日の出です。光が♡っぽくない?)(* ̄m ̄)

さてさて
もう2週間近く前になりますが、「りんご断食」やってみました。
エドガーケイシー流で、「りんごダイエット」と一般的(?)には言われていますが
ダイエットというより… やってみたら断食(微食)に近いんちゃう?
という印象です。
(diet、ってべつに「痩せる」って意味じゃーないですけどもねそもそも…)

3日間、生のりんごだけを食べる。
生のりんごならどれだけ食べてもいい。(かといってそうそうたくさん食べられるものではない)
最終日に寝る前にオリーブオイルを飲む。

これだけなんですけど…(このページに説明があります)

以前一度、7日間微食をしたことがあるので、3日間なんて楽勝かも♪
って思ってましたが
そう単純でもありませんでした。

初日は、とにかくおなかがすくし、なんか力が出ないし、
しかも微妙に頭が痛くて…

ところが2日目に、コーヒーを一杯飲んだところ、
この面倒な頭痛が消えました。(わたしはね)

あとは楽勝!
3日目は体も軽いし、すっきりするし、もうしばらくこのままいけそうな感じすらしました。

このすっきり感、くせになりそう。
これ、季節の変わり目などにたまにやってみるといいんじゃないかなぁ。


ただし…
今回、木・金・土 と試したのですけど
日曜日、断食明け♪きゃっほー♪ってノリで結構いろいろ(量はそれほどでもなかったんだけど)食べてしまって
そのせいかどうかわかりませんが
その後何日かおなかが緩くなりました。
やっぱり
ちゃんと回復食、気をつけないといけないんだと思います…
(老廃物の排出があとから来たのかもしれないですけど。)


りんごは普段は火を通して、
生で食べたくなったら3日りんご断食♪ 試してよかったでーす


★ちょっとつけたし…★
りんご三昧の3日間が終わって、ちょこちょこ(りんご以外の)ものを食べ始めて、
痛感したのが

「消化って疲れる!!」
でした。
コレ、なんどかどなたかの文章(忘れている:たぶん不食系の本)で読んだことがあったけども
なんか食べたら、その後の疲労感をこんなに敏感に感じたのは、初めてで
ほんとなんだなー… と、実感しました

posted by しろくま at 16:23| Comment(0) | 日々雑感

「冷静と情熱のあいだ」


葉加瀬太郎 「冷静と情熱のあいだ」

先週ですけど、オットと一緒に葉加瀬太郎さんのコンサートに行ってきました♪

もうね、お話もうまいし、曲もすてきだし、ビジュアルもユニークだし( ̄m ̄〃)
弦ばっかり(葉加瀬さん入れて)6人+ピアノ1台の構成もシンプルで素敵で
た〜のしかった〜〜〜〜♪♪

この「冷静と情熱のあいだ」が大好きになりました
(ハンガリー舞曲もリベルタンゴも相当かっこよかったけどね!)

それと!!
ビオラの人がとーーってもカッコよくて、やばーい ファンになってしまったかも♪♪♪



posted by しろくま at 15:06| Comment(0) | My Favorite Songs

2016年11月15日

「ケンスケの王国」


ケンスケの王国 --- マイケル・モーパーゴ/作 佐藤見果夢/訳 評論社 2002

モーパーゴは好きです!数冊しか読んでないけど!!

これは11歳の男の子が、無人島に流れ着くという…
子どもたちが好きそうな設定で

漂流ものはわたしも子どものころたくさん読んだっけなぁ
一番好きだったのは「十五少年漂流記」でした
何度も何度も読んだっけ
いまは違うタイトルで確か…「二年間の休暇」?

まぁ断然テンション上がるのは「漂流記」ですかね。やっぱ^^

この本はモーパーゴものらしく(?)
戦争の影がある。
主人公の少年が出会う、無人島に一人で暮らす(って日本語が矛盾してますが)老人
ケンスケ
は、第二次世界大戦の生き残りなのでありました

なんかさぁ
救出のときのできすぎ感とか
二人の間の言葉は「英語」になり少年がケンスケに教えるんだけども
フツー子どもの方が言葉に柔軟じゃないか?
これだから英語の国の人たちは…
(まぁ、日本語の設定で物語をかける程、十分な取材はできなかったんだろうなぁと想像します)
なんて疑問がいろんなところに…大人視点で読むと…あったりもしますけども

そんなことよりね。

もう
(たぶん子どもたちはもちろん主人公視点で読むと思うんだけど)
わたしたちはケンスケの気持ちの方に寄り添ってしまうんだな
どうしても
(あるいは息子を失ったお母さんか)

そうすると
なんともいえない
切なく悲しく美しくうれしい物語。

2000年の、イギリスの子どもたちが選ぶ本大賞に選ばれたそうです

posted by しろくま at 18:24| Comment(0) | こどもの本

2016年11月12日

「神様、福運を招くコツはありますか?」


神様、福運を招くコツはありますか?〜直接きいてわかった神仏の本音 --- 桜井識子/著 幻冬舎 2016

出たばっかりの識子さんの本。
っていうか、amazonに予約してたので発売日に届いてすぐ読みました〜^^

この方の本は、読後優しい気持ちになれるから好きなんです
たまに読み返したいなと思うのですけど、こうやって新巻が続々出るようになったのでありがたいです

今回は…
特にテーマを決めず、よもやま話のような構成でおもしろかった。

お墓のこと(入った人=故人がどう思っているか!)
とか
ついてきた霊を離す方法
とか
天からの「霊格テスト」のことなんて興味深く読みました

丁度昨日ね。
髪を切りに行って、近くにずっと行ってみたいと思ってた喫茶店があったので
そこに寄ってコーヒーを飲みながらこの本を読んでたの。
そうそうちょうど「霊格テスト」のところを読んでたんです

詳しくは本書を見てほしいんですけどかいつまむと
「『日常的ではない突発的な出来事』で、『非常に腹が立つシチュエーション』だったら、
天の霊格テストかもしれない、と考えて冷静になることをおすすめします」

ってことなんだそうです

で、喫茶店からの帰り道…

時間帯なのか、ごちゃごちゃと混雑しているところがあって、
そこでちょっとむっとする態度のおじさんに前に割って入られたんです

こういうことってめったにないので、ショックというか、軽く腹が立つというか…

あ、でも。さっきこんな話読んだとこじゃん?
そうかそうか

ってあれこれ考えながら運転してましたが

結局
割り込むっていうか、通りたい人を先に通してあげるようにしといたほうが
あとあと…事故になったりすることもないだろうから
わたしにそういうことを事前に教えてくれたおじさんだったのかなと思ったら
腹も立たない、っていうよりなんだかありがたいなぁという気持ちになってきて

うん。これは、精神衛生上もとても良い。(* ̄m ̄)


読了後、
なんていうかー
「見えない世界」っていうのは見えてる世界よりもずっとずっと広いものだなぁ…

という気持ちがしみじみとしてきて

窓から大きな虫(ハエ?)が入ってきて部屋の中を飛び回ったり
洗濯物を干していたらカメムシが飛んできたり
しましたが
もしかして誰か(先祖の霊とかさ。)が何か言いたくて来てるのかも〜〜〜

なんてつい思ってしまいました(相変わらず影響されやすすぎ)

でもね。そういう生活、そういう世界観、好きかも。


posted by しろくま at 15:01| Comment(0) | こんなん読みました^^

「紅の豚」


紅の豚 --- スタジオジブリ 1992

昨日TVでやってたのを、ちゅん2と二人で観ました。
彼は映画を観るときは部屋を薄暗くするのがお好みなので、
コマーシャルの間に本とか読めないんだけどさ(まぁいいか)

二人ともこの作品ははじめてみましたけど
結構面白かったです
ちゅん2は「やっぱりジブリのアニメはいいね♪」とのたもうておりました


この主人公の豚さんは、なんだか呪いにかけられて豚になったとか作中では言われてたけども
わたしはきっと、この人は自分で呪いをかけたんだろうなと思いました
もう人間でいることがつくづく嫌になったのよ。

素敵な反戦映画だと思いました

だから、舞台がイタリアだってところも、ミソだと思うのです
あれがもし日本だったら…
…あさっての方向からの批判や中傷もあったかも。

そう思うと
「想像力の少なさ(及ばなさ)」によるメリットもあるわけね?

このおさかなやでも何度か、(社会的な)想像力のなさ…を嘆いたりもしてますけれども
(なになに?とご興味を持たれるようでしたら、サイト内検索してみてください^^)
何事も使いようなのかもしれませんね
使ってほしい局面は多いですけど…

たしかに
想像(というか共感というか。)が働きするのも時にはしんどいことありますよね
「弟の戦争」みたいになってしまうとこれはこれで大変だし
わたしも本を読んだり、人の話を聞いたりしたとき
あまりのむごさに吐いたりすることたまにありますしね。

そういう意味では
忘れる
想像が及ばない
なんってのは一方で自分を守る手段なんだなぁと思います

posted by しろくま at 13:43| Comment(0) | たまに観る映画のはなし

2016年11月07日

小学校3クラス連続おはなし会

今日♪
尼崎市のN小学校でおはなし会をさせてもらいました。

わたしたち3人は、6年生の担当。
2時間目6-1、3時間目6-3、4時間目6-2と連続で同じプログラムのおはなし会でした。

読んだ本や語ったお話はこんな感じです↓

どんどこ ももんちゃん --- とよたかずひこ/作 童心社 2001


メアリー・スミス --- アンドレア・ユーレン/作 千葉茂樹/訳 光村教育図書 2004


子どもに聞かせる世界の民話 --- 矢崎源九郎/編 実業之日本社 2000 より、
ストーリーテリングで「王子さまの耳はロバの耳」(ポルトガルの昔話)


ぽんちんぱん --- 柿木原政広/作 福音館書店 2014


サルビルサ --- スズキ・コージ/作 架空社 1996


ついでにペロリ --- 東京子ども図書館 2000
より、ストーリーテリングで「あくびがでるほどおもしろい話」 --- 松岡享子/作


ふしぎなやどや --- 長谷川摂子/文 いのうえようすけ/絵 福音館書店 1990


三連続でしたから目まぐるしかったですが
楽しかった!!
子どもたち、目をキラキラさせてお話の世界を楽しんでくれました。
先生も口を開けて聞いてくださったりしてました(* ̄m ̄)

クラスによって
ラップ調の「ぽんちんぱん」にノリノリになるクラスもあれば

「あくびがでるほど…」で大爆笑になるクラスもあれば

「王子さまの耳…」のアシの笛の歌を一緒に歌ってくれるクラスもあれば

それぞれで
いろいろで
子どもたちがかわいくて
おもしろかったし
すごーーく勉強になりました。

それにしても素敵な小学校だったなぁ。

あー――楽しかった!
ありがとうございました!!!



posted by しろくま at 23:56| Comment(0) | 絵本

2016年11月05日

「武士道ジェネレーション」


武士道ジェネレーション --- 誉田哲也/著 文芸春秋 2015

シリーズ最終巻。
おはなしは面白くって、楽しんだんですけれども

今回は早苗ちゃんがどうしても好きになれず。

っていうか
作者なんだなー 好きになれないのは

自国の文化に誇りを持つのは当然としても
なぜか歴史観の話を
とくに
「自国に誇りを持つ歴史観」と「自虐史観」のまるで二つしかないようなその書きようが
青少年が読むこういう本にこれはいかがなものかと

その視野と料簡の狭さに腹が立ちました

素晴らしいのは日本の文化だけじゃないです
「愛国」を標榜する人たちが日本を戦争に向かわせようとしてもいます
この本は極端な歴史認識を押し付けかねない有害図書のようになってしまっています

急にどうしたの。おはなしは面白いのになぁ惜しい。「武士道」からこうなってほしくはなかったな。

posted by しろくま at 15:10| Comment(0) | こんなん読みました^^