2016年07月31日

「しゃべれども しゃべれども」


しゃべれども しゃべれども --- 佐藤多佳子/著 新潮文庫 2000

何冊目かになりました佐藤多佳子さんマイブームシリーズ。
(シリーズ?)

これもおもしろかったなぁ
導入は、なんか場面と人物がよくわからなくてとっつきにくかったですが

主人公は噺家の二ツ目、っていう(関東と関西で違うよね??)
まだそんなに出世してない26歳の青年。
不器用なんだけどあったかく大事に育てられた感じやなぁー

おせっかいで情に厚くて短気でおばあちゃんっ子の好青年。

で、彼の周りになんだかわけありの人たちが集まってきて…

子どもとか。ケンのある美人とか。おっさんとか。優男の兄ちゃんとか。
みんな自分をしっかりと支えられなくて(平たく言えば自信がなくって)苦しんでる。



主人公は、基本的には自分にちゃんと自信(肯定感)のあるタイプなのよね。
だから嫌味がないし人に好かれる。(そこを、十河ちゃん…上記の美人です…は本能的に敬遠する)
なんかちゅん2みたい。

だけど
そういう人が一度自信を失うと、生涯初の危機となるのよねぇ…

でも、一度そこを乗り越えなきゃ、その自信は自分の本当の骨にはならないのだよね。
(親とか神様とかに)貰ったものを、本当に自分のものにするためのプロセスっていうかね…



人物がほんとにおもしろいし
このひとのお話はやっぱり感覚がなんともすてきで

この物語は「一瞬の風になれ」と甲乙つけがたく好きかも。
(こっちの方がくすくす笑えるシーンが多いです)

心に残ったのは
一門会で少年が応援するシーン、それに
「青いままで出荷された形のいいトマト」のくだり、
少年がでかすぎの野球帽かぶって六甲おろしのお囃子にのって高座に出て行くところとかかな


そうそう
関西人としては?
十河、って、やっぱり「そごう」って読んじゃうよねぇ…

もうぎりぎり最期まで「トカワ」に慣れませんでした。ちゃんちゃん



posted by しろくま at 12:28| Comment(0) | こんなん読みました^^

2016年07月28日

「wonder ワンダー」


ワンダー --- R.J.パラシオ/作 中井はるの/訳 ほるぷ出版 2015

この表紙の色は好きだなぁ、ほんと。
微妙に、実は、原書の色の方が好きではありますが…(微妙にグレイッシュね)

9月の「子どもの本を読む会」のお題なもんですから、時間もあるし、
和訳も読んでみようかと。

やっぱりね、
ぱっとページをあけたときに、目に入る語数が圧倒的に日本語の方が多いでしょう
だからやっぱ日本語の本のほうが
なんか読んでて安心感というのでしょうか、把握してる感というのでしょうか、がある。
まぁ臨場感には影響はないんだけど。
それを今回感じたのと

あとーーーー
訳はとてもこなれてて読みやすいなって印象でした。
「ママ、ぼくはどうして、こんなにみにくいの?」
のシーンでは、
英語の原文よりこっちの訳文のほうがぐっときて泣けてしまった。

とはいえー
原文は「若者言葉」未満の、10歳の子どもたちの、精一杯カッコつけた(?)イケテルkids言葉
が満載で、そこがとってもすてきで
そのテンポの良さと、coolさ。
は、やっぱ原書でしか楽しめないんだなぁとしみじみ感じてしまいました

だから、ジャックのカッコよさが、ジャスティンに言葉で説明されるまでわからない。

さらに、ジャスティンの個性的な若者ぶり(文体)もなぁぁー!


ところで。
わたしね、物語や小説を読んでいて、楽しいポイントって大きく分けて

1 ストーリーのおもしろさ
2 描かれている感情に入り込む面白さ
3 描かれている感覚を共有する面白さ
4 舞台設定のおもしろさ

があるなぁーーとおもうんですけども
(今んとこ思いつくのはこの4つ)

この「ワンダー」は2と4でしょうかね。

ここんとこはまっていた佐藤多佳子さんの物語なんかは
際立って3なんであります。


それにしても。
wonder、これ一冊だけ読むとなんだかジュリアンが浮かばれないわ。
ぜひ、続編のジュリアンの物語も読んでもらいたいです…

posted by しろくま at 22:58| Comment(0) | こんなん読みました^^

2016年07月25日

「第二音楽室」


第二音楽室 --- 佐藤多佳子/著 文春文庫 2013

短編集。

このところ、
男子が主人公の小説が好きだ〜〜〜


ほざいておりましたが

これは好きよ。とってもすき。

「第二音楽室」も「デュエット」も「FOUR」も大好き。全部主人公は女の子だけど
みんな好き。
いい感じの男の子が出てくるし〜〜


デュエットの音楽の先生がおもしろくてすきだー

いいなぁ
もっと読んでいたい。
posted by しろくま at 13:40| Comment(0) | こんなん読みました^^

2016年07月23日

「もやもや」と心の旅

chunriorei.jpg
甥っ子と遊んでるちゅん2。
もしもし〜 パンツ見えてますよ〜〜


ところで。
あれ?かすかに、なんか心がざわざわする…もしくは、モヤモヤする…

っていうのを、大事にしたいなぁと思っています
だいたい、昔から、
ん??ってふと違和感を感じたことを、そのまま放っておいて、あとから大事(おおごと)になっちゃった
って経験が何度もあり。


心に余裕がないとなかなかしっかりまっすぐに受け止められないんだけれどもね。


ここ最近
友人と話してて

ん??????
ってことが何度かあり

フツーにとらえれば
「なーんか、軽く、むっとするよ?」みたいな感じ。

でも
それって何かわかんないけどもムッとしているほうのわたしの問題。
っていうかきっと何かを教えてくれてるサイン。
何か前もこんなこと書いたことあったな。

で、
軽くムッとした気持ちを丁寧に味わって、
あれかなー これかなー っていろいろ考えとココロを巡らせるわけです


一発でaha!に到達することはまずないね。
そこで、心の旅。
一発ではないけど、こうかなぁ、きっとこれかなぁ、っていうのを
繰り返して
だんだん次を見つけていく、深く掘り下げていく、
って感じになります


(それがきちんとわかれば、ムッとする気持ち自体が「(見せてくれて、教えてくれて、)ありがとう♪♪」に変わるわけです)

ちょっと前には、
(問題の根っこというかそもそもの発端は)お母さんと自分との(小さいときの)関係だわ…
って思ってたことが、その時は本当にそうだと思えたんだけど、
突き詰めてみたら…わたし自身の外界に対する姿勢の問題じゃん。母関係ないじゃん。
なーんってこともあったばっかりです


今回はねー

うん そうね
だれかと話をしているとき

まず(なんか口に出す前に)その人の気持ちを受け止めるんよー
ってことかなって思いました
わたしにもうちょっと修行が必要だなって感じること。

昨日久しぶりに傾聴療法の講義行ってきたんです
(なんと2年通ってて初めて!先月うっかり忘れてて休講しちゃったのよ)

気持ちを受け止める…

毎回そうかぁ。と思うんだけど実は毎回新鮮にそう思ってます
(とほほ)
なかなかできないなぁ…ということなのだ

posted by しろくま at 17:11| Comment(0) | 傾聴(療法)

祝♪100鞍

fullmoon201607.jpg
先日の満月はすごかったですねー
なんていうか
2日にわたってそれぞれ違うお月さまの様子を楽しめた。


ところで
昨日3時から馬の練習してきました
暑くて
死ぬかなー?とおもったけどこうして生きてます

特にどうってことはないいつも通りの練習でしたが
じつはー
100鞍目の記念日でございました いやっほー!


不思議ですけど98鞍くらいになって
…やっと(練習行くのが)(心から)楽しい楽しみ♪
って感じになってきましたわよ
「それまで楽しくなかったんですか!??」ってクラブの人には笑われましたが…

(いや、楽しくないわけじゃなかったんですけどもね)


上達100時間説ってありましたっけねぇ
(一鞍30分だから乗ってる時間のことだけ言えばまだ50時間だけどもぉ)
やっぱそのあたりに節目があるのでございましょう

あれ?100時間だっけ?100日だったっけ??(なんていいかげんなの)
覚書した記憶があるんだけど。前のblogだったのかなぁ 検索してもわからないわ。
(と、トーンが低くなっていく)
ともあれ。まぁ100って目標になりやすい数字ですよね、(ってことにしておこう)3桁だし!!


ともあれ。

そういえば駈歩練習し始めたのって3月だったんですねぇ


...("= =)




我乍らカメの歩み まだパワフルな馬だとなかなか維持できませんが

がんばるよーー アイスランドで馬乗るのが夢。
その前に
蹴るときに前傾しちゃうくせを直したい。
posted by しろくま at 16:29| Comment(0) | 馬とわたし

「べんり屋、寺岡の夏」


べんり屋、寺岡の夏 --- 中山聖子/作 文研出版 2013


今月の「子どもの本を読む会」のお題。
ということで木曜の晩急いで読んだんだけど、
金曜に行ってみたらお題の本は「春」(シリーズ最終巻、4冊目)だった…

でもさ。
やっぱり最初から読みたいよね。出来事が積み重なっていくわけだしさー

尾道が舞台で、主人公は小学生の女の子。
お母さんとおばあさんが細々とべんり屋をやってて
お父さんといえば売れない画家で家にはほとんどおらず放浪してて…


作中に出てくる家族は、どれもどこか不完全というか問題を抱えてて。

でもさ
そんなもんじゃない?
みんな、そんな中で いいなぁ とか やだなぁ とか うれしい とか思いながら
生きてない?

なんでもない普段の日常がいとおしく思えるような小説でありました


ところでさ

主人公は女の子なんだけど、なんともすてきな子なんだけど
(男の子が主人公の時みたいに)心ががーっと寄ってかない。

なぜだー!
ちゅん2を16年間育てながら…
boysに集中するのが習い性になってしまったのかしらん
posted by しろくま at 14:34| Comment(0) | こどもの本

「うたうとは小さないのちひろいあげ」


うたうとは小さないのちひろいあげ --- 村上しいこ/著 講談社 2015

このごろ高校生(が主人公の)小説がマイブーム。

これは、読み聞かせを一緒にしてる友人がオススメしてくれたもの
「短歌が作りたくなるよ!」って

このタイトルの「うた」っていうのは、短歌なんですねー

高校に入って、「うた部」に入部した女の子のはなし。

新入生なんだけど、でもなんかへんなのよ。
友だち作らない!ってかたくなになってるし
まぁそのあたりの事情が徐々に分かってくるわけですが…


うた部は三年生(部長・美人)一人
二年生は男子と女子一人ずつで、この男子は水泳部と兼部のステキ男子。
一年生は彼女だけだったのが……

なんですけど

って
そんな都合のよい うらやましい 設定ってあるかよー!
(って高校時代にかえったみたいになって衝動的に思ってしまった)

運動バカじゃない(いや、運動バカもかわいくてスキだけど)少年って
魅力に複雑味が加わってよいのだわー


「短歌って心の格闘技なのかもしれない」

っていうフレーズにぐっときました


まぁでもね。なにげに物足りなかったのよね
主人公がそんなに「好き!!!」って思えなかったからかもしれません
わたしはやっぱ男子が主人公のはなしがすきなんだなー てへ。

posted by しろくま at 14:16| Comment(0) | こんなん読みました^^

「黄色い目の魚」


黄色い目の魚 --- 佐藤多佳子/著 新潮文庫 2005

これも高校生モノで、絵を描くのが好きな…好きなって言うかさ…サッカー部の少年と
絵が好きなクラスメイトの女の子が、章ごとに交代で主人公になってる。

「ひとつひとつ向き合うだけだから。絵って」

この著者のメッセージなんだろうなぁ これ。ここにも。ひとつひとつ。

おもしろかったしさぁ
マッハで読んだけどさぁ

でも、中高生がフツーに「やっちゃう」とかいう話はなんか読みたくないなぁ。
とおもっちゃうのである。高校生の母なのであるわけよ

ともあれ

なんだかわけがわかんないけど絵を描いちゃうんだ
っていう
そういう意識以前の衝動ってなんかうらやましいなぁ

この少年はまぁ(絵が)好きでしかも上手でもあるんだけど

上手じゃないんだけど好きだ!!!っていうのを
この小説の谷口さんみたいにね)
やってみたいなぁ
やってみたことわたしあったかなぁ
そもそも、そう感じたことってあったのかなぁ
そういう気持ちを大事にしたことってあったかなぁ

なんてわが青春のとりこぼしみたいにふと切なく思ってしまう。


posted by しろくま at 13:51| Comment(0) | こんなん読みました^^

2016年07月20日

中学校でおはなし会♪

photo.jpg
ちゅん2の中学校のPTA図書ボランティアは
小学校とは違って読み聞かせ活動はしてないんですけれども

学校からやってもらえませんか?ってお話があって

ひゃっほー♪(←とは、先生の前では言わない)やりまーす♪♪

って大喜びで、仲間を募って、集まった4人でああだこうだ……
アイディアを出し合ってプログラムを練って練って

先日、おはなし会をさせていただきました。

entrance.jpg(生徒たちが用意してくれた案内板。)

聞きに来てくれたのは、図書委員の生徒たちと
(委員長が声を掛けてくれたらしい)美術部員のみなさま。
それから校長先生がご招待した、となりの(ちゅん2のいた)小学校の児童と保護者(希望者)10組、
それに小・中学校の図書ボランティアのお母さんたちなどなど…

program.jpg
プログラムはこんな感じなんですけど
ブックトーク的なものをぜひやりたい、と思って
「詩」をテーマに

いろんな詩を……

詩ってさ。なんか高尚なもので生活にはあんまり関係ないと思ってて…

じゃない?
でも、実はそんなことないのよね。

(先月の、「絵本大学」でちょうど詩の講義を聞いたばかり。おおいに参考にさせていただきました♪♪
斎藤先生が、欧米は詩や朗読が生活に根付いていてうらやましー!って叫んでいたけど、ホント同感。)

絵本とストーリーテリングの間に、3回に分けて詩のお話をちりばめてみました。
歌詞だって立派な詩だしー
(合唱の盛んな学校なので、生徒たちがよく知ってる名詞のなかからひとつと、
若者らしく邦ロック?からひとつと…)

tvran.jpg
これだって、立派な詩の技法〜



絵本はこういうラインナップになりました





中学生やし、英語もこのくらいならええやろ!と思ってですが、小学生もげらげら笑っていた。
David、おそるべし。

より、「黄色いリボン」。夏だからね!



←この本でフィナーレ!


より、阪田寛夫さんの「お経」(全員で唱和)は盛り上がったなぁ〜^^

企画にあたり、結構勉強した。おもしろかった!
知り合いの(っていうか、同志よねー。小学校で一緒におはなし会してた)お母さんたちは、「よかったよー!!」って口々に感想を話してくれて
先生も、拳を握り締めて「すっっっっっごく、よかったです!!」って(←かわいい…)
小学校の子どもたちも生徒たちも楽しんでくれたと思うんだな
みなさんに喜んでもらえて、嬉しかった♪♪

今回はメンバーがホントによかったのです
4人が4人とも、違う持ち味があって、バランスも取れてて
そして集まるたびにいや増す盤石の信頼感。

盛り上がって事後だけどユニット名なんてつけてしまいました( ̄m ̄〃)


なんかね、完全燃焼したのよね、達成感が半端なかったです…
あーまたやりたいなぁ この高揚感が、伝わるでしょうか…(* ̄m ̄)

posted by しろくま at 00:26| Comment(0) | 日々雑感

2016年07月19日

「あん」


あん --- 河P直美/監督 2015 日・仏・独

(ちょっと前のことですが…)

いやー ずっと観たかった映画ですけど、結局大スクリーンの上映には行けなくて
wowowを録画して、やっと観た。

泣いたー……


なんかさー、いろんなことを思ったけれども
強さってどういうことかなって
一番考えちゃったかな


いい映画でした
泣き虫のオットにもぜひみせたい。

posted by しろくま at 23:24| Comment(0) | たまに観る映画のはなし