2023年01月16日

「馬と明日へ」


馬と明日へ --- 杉本りえ/作 ポプラ社 2021


こどもの森は分類が独特で
動物(の本・絵本)の下カテゴリは動物の種類ごとになっていて
「馬」のところでこの本を見つけました

余談ですがうちの「馬」本棚にある
加藤多一さんもこどもたちにお薦めしたいなぁ。

さて、この本。
去年出た新しい本ですねー。

こどもを対象とした乗馬クラブが舞台で
障害(ジャンプ)競技の様子やら馬たちの様子やらも描かれていて
面白かった!


ただ
ただー
作中にある、そして馬を描写するときによく使われる
「馬は繊細で臆病」っていうのにはわたしはちょっと異論があって

繊細で怯えやすいけど臆病じゃないよねー

臆病な動物があんな高い障害をジャンプしない
って書いてらした方もいたし

それに
人間と共に戦場に行ってくれる動物は馬しかいないんだって
あんなに忠実な犬だって
火や砲弾の降り注ぐ中、怯えて逃げてしまうって
わたしは体験してないからもちろん伝聞ではありますが

そう思うと馬って本当に勇敢ではないですか

もちろん、動物の種の違い、本能の違いによる行動でもあるわけで
一概に勇敢だとか臆病だとか言えるものではないですが・・・

でもだから一層
馬は臆病だってことも言えないとも思うのよね
馬はその怯えやすさで、自分達の身を守ってきたわけですが

そうか。
「臆病」という表現自体は別に良くも悪くも不適切でもないわけで
人間と同じ観点で、人間の価値観に馬の性質を(それが劣ったもの、何か足りないものというニュアンスになるなら尚更)当てはめることに違和感を感じてる(ってか、ちゃうんちゃうって思う)し
その言葉を使いたくないって思う
ってことですねー
やっぱり、馬へのリスペクトを感じないから。

まぁ
臆病、っていうより、「驚きやすい」って言おうよ〜
posted by しろくま at 23:23| Comment(0) | こどもの本

「やったろやーっ!!!」

742E9C60-9D83-49B8-9328-7266C80B13E1.jpeg

って、いいわねぇ。

さっきTVで紹介されてた、京大ラグビー部のキャプテンの檄。

写真は、先日ようやく行ってきた、(予約制なので)
大阪中之島の、こどもの森図書館。
お天気もとても素敵で、ぶらぶら歩きも楽しかったなあ。
1時間半があっという間でした!


年明け早々にBodyTalkのCBP(認定BodyTalk施術者)試験を受けまして、
無事合格することができましたー♪

よかったなー。嬉しいなー♪♪

わたしは代替医療とか整体とか
心と体がつながった人間観が大好きで
ホメオパシーをはじめRASレジスタードマーク️やらレイキやらホ・オポノポノやらいろいろ勉強しましたけど

BodyTalkはその中でもとてもよくて
これからもさらに勉強しながら少しずつ、施術もしていけたらなって
思っています

今年もどうぞよろしくお願いします。

posted by しろくま at 19:02| Comment(0) | 日々雑感

2023年01月13日

不思議なことがありました

児童作品plsmall.jpg
この写真は先日ららぽーとで見かけたもの。
なんて素敵な絵〜♪(本文とは関係ありません)

ところで
昨日すごい不思議なことがあったんです。

大阪のR1号線の横で、信号待ちをしていたときのこと。

R1に合流する車道は道幅は狭いし、車も来ていないので、赤で立ち止まってはいるものの
渡ろうと思ったら渡れるなーって感じの横断歩道です

私の右隣には黒い長いダウンコートを着た女性が信号待ちをしていて
(横断歩道に着く少し前からわたしの前を歩いていた)
左隣は自転車の男性
ふと左のR1の方を見たとき、さっと右隣の女性が動いたので

あ、(赤だけど、道)わたるんだなー
って思って
すぐ右を見たら

その女性は道を渡っていないし
右へ曲がって行ったわけでもないし
後ろにもいない。

どこにもいない。

考えられるとしたらすぐ右のビルに入ったとか?
でもそれらしいドアも階段もないし

?????

あの人宇宙人だったのかもー





posted by しろくま at 21:59| Comment(0) | 日々雑感

選球するからだ

20221208small.jpg

先月の新聞記事ですが
イチロー選手へのインタビュー。
すごくおもしろかったです

中でも
見出しにもなっていますが
「選球眼をよくしたい、という言葉が僕は嫌い。
目じゃない。体で判断してほしい」

ってすごくないですかー

目だけにストレスをかけたり責任を負わせるわけじゃあないんですねー

同様に
「僕はほとんど手を使っていない。手は添えているだけ。
僕の力の源は完全に下半身です」


っていのもすごいなー
野球少年なら全編永久保存版でしょうが(想像)
野球しないわたしでも。野球のことじゃなくても

本物の体のエキスパートの言葉に
その叡智ともいえるすばらしさに震えるわー
たいそう感銘を受けております


posted by しろくま at 21:45| Comment(0) | 新聞より

2022年12月30日

「ウマと話すための7つのひみつ」


ウマと話すための7つのひみつ --- 河田桟/作 偕成社 2022

河田さんの本はワタシ4冊目かなぁ。あ、でもおさかなやには
2冊しか紹介していないなぁ。1冊忘れてる。。。

ともあれ

馬語の指南書としては、大変初歩的なものですけれど
この本の秀逸なところは

「馬語のひみつ その7」
に尽きますね

待つ。

馬のペースで。

馬のペースを尊重する。


いやーこれですよね。
Horsespeak読んでもちょっと足りない気がすること。


いいなぁ、こうありたいなぁ やってみたいなぁ

乗馬のレッスンの時は、連れに行く時間も返す時間も結構決まっているから
なかなかできないんですけどもねこれが。
(とはいえ何か工夫できるかも)
posted by しろくま at 20:02| Comment(0) | こんなん読みました^^

「古武術で毎日がラクラク! 疲れない、ケガしない『体の使い方』」


古武術で毎日がラクラク!疲れない、ケガしない「体の使い方」 --- 甲野善紀/指導 荻野アンナ/文 祥伝社黄金文庫 2012

この本ご紹介するの忘れてた。

ご存じ、古武術研究家(っていうの?)の甲野善紀さんの術を
荻野アンナさんが軽妙な調子で噛み砕いて紹介されている本です
読みやすいけど深い。


1番インパクトがあったのが
三脈
のくだりです

三脈
つまり、首の付け根の左右と、手首の(3つの)脈が「ズレてる」時は
体がSOS信号を出してるときのようで

「タクシーに乗っていてズレたので道を変えてもらったら治った」
とか
「昔の剣豪は真剣勝負の前に三脈がずれていたら立ち合いをキャンセルした」
とか

へーふしぎ。

もしかして
飛行機に乗る前に、三脈を見てずれていたらフライトを変えた方がいいとかかしら。


慣れないので三脈とるのまだ不得手ですけど
利用してみよう。


あとがきで甲野さんが書いていらっしゃいます
「本来人間の心身に自然に備わっていた動きやルール(人が決めたルールではない)というものに沿って
心身の使い方を工夫するという武術」
という言葉には痺れます。

合気道、久しぶりに初めてみて
(あれ、この話してませんでしたっけか!??)
学生時代の後輩(でも、彼はずっと続けているので今や大先輩!)が教えてくれた

結局合気道は、姿勢を正して力を抜くんだと思うんです
っていうのは
全く馬に乗るのとおんなじじゃんって気がするし
(ま、抜くと言っても全く脱力するのではないですけど。)

この本にある「キツネコンコンの手」
って
フラメンコの手じゃーん!!
って思わなくもないし

まぁいろんなことは、体の使い方は、通じているもんなんだなぁって
しみじみ思ったりする今日この頃でございます。

おもしろーい

posted by しろくま at 19:48| Comment(0) | こんなん読みました^^

2022年12月25日

もののこころ

breck_small.jpg
クリスマス寒波もうちのあたりではずいぶん和らいできました。

今朝息子(ちゅん2)が、着ていく洋服を探していたので手伝っていたら
この緑色のジャンパーが出てきて。
もう39年前の、class of 84のハイスクールのスタジャンです。
いやー我ながら物持ちのいいことで・・・

わたしよりサイズもぴったりだし似合ってました。

さっきTVで初めてみたんだけど、
カロリーメイトのコマーシャル

(わたしのみたのはもっと短いバージョンでしたが)

最初??っておもって
だって画面が縦で狭いし、鏡文字だし

あーこれ、スマホから見た持ち主なんだなってきがついたら
なんか
あったかくて

そうだ
私たちがスマホを見るように、スマホもわたしたちを見ていて
その視線がとても暖かく
なんか心がじんわりあったかくなった

スマホにだってidentityがある
ってオポノポノ的には納得ではありますが
でもそういう知識以前に
まわりのものたちが私たちにそそぐ視線を思うって素敵な感性だなぁ

まわりのものたちがいとおしく思えるね


わたしの眠ってたスタジャンも今日は楽しんでいることでしょう!!
しかし母親のお下がり着てく息子って……(ぷぷ)
posted by しろくま at 20:15| Comment(0) | ちゅん2日記

2022年12月12日

「コワイ」をクリーニング

FAAD5893-8CC4-4D99-A3D3-2B5DB64FC9D2.jpeg
今日も素敵なお天気でしたー
12月だけど晩秋のような日和。

朝から車に乗って神戸の乗馬クラブに出かけました。

おさかなやに書いたかどうかもう忘れたんですけど
途中のトンネルで去年怖い目にあったんですよー
そこを通ると今でも緊張するんですけど

トンネルの中に細い溝がたくさん彫ってあってね。
グルービングっていうらしいんですけど
本来なら滑り止めなんでしょうけども

変えたばかりの新しいスタッドレスタイヤでそこを通ったら
(高速なのでスピードは90キロ弱出ていた)
突如ものすごい横揺れ!わたしはもう死ぬかと思ったね。
ハンドルを取られそうになって
咄嗟にブレーキを踏みましたが(後続車が近かったらこれも危なかった)
心臓バクバク、腕ブルブル、文字通り泣きそうでした
以来冬の間、そこは60キロで通過してたのですが(あの、高速道路ですが)
それでも揺れる。

今朝も通りながらその怖さをまた思い出してたら

はっ!と気がつきました

乗馬クラブへ行く道がコワイ。
そこの乗馬クラブの馬が(落馬したし)荒くてコワイ。(←これなかなか克服できなくてー泣)

こここここれは!!!
間違いなく!!!!!
クリーニングのサインではないですか???

ってかなんでなんで今まで全く思いつかなかったの???
あんなに悩んでたのに!?
もう14年もクリーニングしているのに??

(クリーニングってホ オポノポノのクリーニングのことですが)

いやー
そういえば
昨日の夜も
今朝も
なんだかなんとはなしにヒューレン先生のYoutubeがスマホに出てきて
なんとはなしに見てたんですけど
そっかそんなにもこんなにも。わたしのウニヒピリは。気がついてほしくて。
(泣)

いやー参ったわ
ということで
以降運転しながらずっとクリーニングしてました

今日のレッスンの相棒(馬)は久々のLeちゃん
ちょっと小柄でもともとコワイお馬さんではないのですが(威嚇するけど)
もちろん乗っててもちっとも怖くないし(むしろいい子)
騎乗ちゅうも色々発見があって
有意義なレッスンでしたー。

特に
最後の常歩で、ちょっと何か掴んだような気すらしたわ

さらにクリーニングしよー

自分に呆れましたが大事なことほどそんなもんかもね。
気がついて嬉しい!!
posted by しろくま at 23:18| Comment(0) | 馬とわたし

2022年11月29日

「すごい自然体に読むだけでなれる4コママンガ」と「魔法のフレーズを唱えるだけで姿勢がよくなるすごい本」


すごい自然体に読むだけでなれる4コママンガ --- 大橋しん/著 赤松かおり/マンガ 飛鳥新社 2022
この方の本は、1冊目を今年の初めくらいに読んで
(と、言いつつまだ紹介してなかった。これです↓)


魔法のフレーズをとなえるだけで姿勢がよくなるすごい本 --- 大橋しん/著 飛鳥新社 2021

これ読んで、結構近くだということがわかり、レッスン申し込んで3ヶ月くらい順番待ちをして、
この頃通っています
(まだ効果はよくわからないんだけど、気づきは都度あります)

で、大橋しんさんの最新刊がこの4コママンガの本。

1冊目より、
まぁ1冊目も結構シンプルに厳選された情報でしたけど
もっとシンプルになり
まぁわかりやすいこと。

どなたにも何かヒントがあるかもしれませんね。

しかし
2冊ともタイトルに
「すごい」「○○だけで」
この調子で次はどんなタイトルの本が出るんやろ〜


posted by しろくま at 18:11| Comment(0) | こんなん読みました^^

2022年11月25日

馬楽レッスン

417D4FBA-C7AC-48BB-A369-94B91F7060CC.jpeg
時系列が前後しますが
ちょうど2週間前ですね
やっと(そういえば6年越しの念願叶って)三木田先生の乗馬レッスンを受けられることになり(あ、ご著書はこっちが1冊目。)
北海道へ行ってまいりました

レッスン自体は1人30分ですけど
(それも先生汗だくで走り回ってくださって)
前後の時間でじっくりお話を聞くこともでき
秘密兵器「駈歩マシーン」(なんとお手製)に乗せていただいたりと
盛りだくさんでもう満足度1000%くらいでした。

写真でわかると思うのですけど手綱は使わずネックロープですね
(あ、小さくてわかんないかも)
そんな練習も初めてだったけど
馬にとても優しいレッスンだし

途中、馬が加速したときわたしなんて怖くなってしまって
「怖いです〜〜」っていうと(体感は速いんだけど後でビデオ見るとそんなことないのよね)
先生「大丈夫!行ける!」って励ましてくださって

それで乗れたのもなんだかとっても自信になり
(あと先生めちゃ褒め上手)

あー楽しかったな
レッスンご一緒した方がビデオを撮ってくださったので
とってもありがたかったです
上の写真はそこからキャプチャーしました

またいきたーい

三木田先生、ご一緒の皆様、ライディングヒルズ静内の皆様
ありがとうございました

posted by しろくま at 20:32| Comment(0) | 馬とわたし