2019年02月09日

3つの気づきが来た日のこと

teapackage1.jpg
これ、この頃買ったお茶のパッケージに書いてあるんですけど
じわじわ来ます…  色つきお湯……(* ̄m ̄)

さて
1月30日のことですが

この日は、なんていうかマジカルな感じの日だったっていうか、
一日に3つも おおー!!っていう発見というか気づきというかがあったんですが

その中のひとつ。

「筆にストレスをかけないように書く」

書道のお稽古で大筆で大きな字を書いているときでしたが

横にグイッと引いた線が、なんかかすれる。
ううむ。

お手本の(中国の古典の書でしたが)文字を穴が開くほどまじまじと見ていると

ほぼまっすぐな横線ですけど、起筆、その後微妙なしなりというか、カーブがついている。

で、それを真似て書いてみたら…

それまでわたしは線に勢いが欲しくて、筆を横にグイって引いて書いていたんだけど
カーブを真似て書いたら、筆が、まるで筆の進みたい方向に、進んでいるようになって
これって筆にストレスの少ない書き方なんじゃぁないかって

で、墨もかすれないの。

おおー!!
ってことで一つ大きな気づきをもらえました。


二つめは

まああれこれ考えめぐらしていたときでしたけど
(こういうのって何か集中して手足を動かしているときのことが多くって、
わたしは料理中だとか、庭の草刈り中だとか、この日はたしか運転中だった気がします)

目の前の作業に集中しているんだけど、一方では頭の別の部分が妙〜に冴えているんだよね。
この状態って何だっけか名称があったよね?

そうそう、で何におおー!ってなったのかっていうと

自分の、それに他人の、なんていうかちぐはぐな…行動って
「痛み」からきているんだなぁぁぁぁって突然深く実感したんです

わたしのあれも痛みから。
この人のこれも、あの人のあれも痛みから。

で、そう思うとたとえ他の人の不愉快な行動であったとしても
共感できるっていうか自分の思いになじむっていうか不愉快に思わないものだなぁって

さっき津留さんの本を(ここにご紹介するのに)ぱらぱら眺め返していたときにこんなところがありました

「感情の流し忘れによって生じたエネルギーの残留物(エネルギーブロック)は、
必ず解放されようとします。
そのとき私たちは、どういうふうに感じるかというと、
『痛み』として感じます。
これが問題が起こってくる理由のようです。
皆さんは、問題を『痛み』として感じますから。
では、どういう形で痛みがやってくるのか。
それは、あらゆる形です。病気やケガ、精神的トラブル、心の葛藤もそうです。
様々な痛みの形をともなって、そのエネルギーを放出しようとしているのです。
もちろん、表に現れてくる現実は千差万別ですが、原因はすべて自分の中にあるエネルギーブロックの作用なのです」


posted by しろくま at 21:26| Comment(0) | RAS ストレス解放システム

「津留さんが、心から伝えたかったこと。」


津留さんが、心から伝えたかったこと。 --- 津留晃一/著 英光舎。 2003
(一般書店やamazonでは売っていないのですが、出版元から入手できます)

津留さんの本はこれの次で2冊目。
読んでる時もハッとしますけど、あとからもじわじわと効いてきます

恐れから出た行動は何にせようまくいかない。

怖れているものを引き寄せる。
マイナスのエネルギーがあると、そのエネルギーは解放されようと働くから。

原因は、自分の中にあるマイナスのエネルギーだから、それをとってしまえばいい。
「取り方は簡単です。見たくない現象が起きたら、それをただジーッと見て、その中でいてください。
もし、イヤな気持ちが出てきたら、それを留めようとしないで、イヤな気持ちとともにいてください。その思いをしばらく味わっていると、自分の中に貯まっていたエネルギーは消えていきます」

「とがめの思いを持たずに、その現象をただジーっと見ていると、エネルギーは抜けてなくなります」


結局、未消化な感情を感じきる、するとそのお役目は終わる。ってことなんですよね(RAS)

これ、一言でいえるけど結構難しいのだわ。こうやって何度も確認しに来ないといけないんだわー
(すぐ忘れちゃう)
とってもシンプルなことなんだけどな。

葛藤や軋轢を(自分自身の中でも、他者との間でも)、もうこんなの十分、無くしたいと思ったら
津留さんやRASではそれをジーッと見て感じきる。
ホ・オポノポノならひたすらクリーニング。
っていう自分の中だけの作業をするし(でも個人は集合意識の一部だから結局全体にアクセスすることにはなる)
これを他者間で丁寧にやっていこうというのがNVCなんじゃないかなぁって(個人的には)思いました
(NVCでも、自分自身の中の葛藤であれば自己共感ですよね)

という、ここまでで本文の最初の3ページ。
とても全部はご紹介しきれません〜〜

そうそう、この頃期せずして実践していることがあって、それがこの中にも書いてあるのですが
「人のことが気になるときには、自分を感じることに集中してください。
(中略)
あなたが『自分』を発見できない理由は、あなたが自分を見つめてこなかったから。それだけなのです」

「ムカッとしたときは、ストレスエネルギーをとる絶好のチャンスです。
ストレスが来たら、そのエネルギーに意識をむけて、ただ感じようとすればいいのです」

ということで
たいへんおすすめです。よかったら読んでみてくださいね
(とはいえ、のちのちの自分のために、ちょっとメモっとく……)

「意見の違いとは、見る角度が違っているだけなのです。他人が異質に見えるとき、それは見ている『場』が違うだけで、価値観が違うわけではないのです」
「ものごとを、片方サイドからしか見ていないときに、苦しみは生じます」

「起きてくることは、自分が体験したかったこと」
「あなたは創造主ですから、『自分は本当は何を体験したいのか』―――これだけを考えてほしいのです」

「内側が『原因』であって、外側に見える世界は『結果』ですから、いくら努力して結果の世界を治そうとしても、原因である自分の内側にある価値観を手放さない限り、変わっていかないのです」


最後の5ページにはこんなことが書いてあります

「自我は選択するとき、(注:この前に「自我は選択できない」というくだりがあります。つまり選択できないくせに〜)『良いと思うこと』を選択するのです。こちらのほうがいいって。
でも、『こちらのほうがいい』が一つであると、その反対が来たら困るわけです。それを恐れるのです。そのために努力が始まります。同じ努力をするのなら、『何が起きても大丈夫だ』と思い切る努力をしてください。
恐れと不幸の原因は、『こちらのほうがいい』という考え方にあります。ただ、それだけなのです」

「感情を味わうことに努力してみましょう。
体験を変えようとしているから、味わえないのです。
だから体験が終わっらない…。
逃げないで味わってみてください。
七つの光が均等に集まると無色透明になるように、
108つの感情が均等に集められると、愛になります。
そこには喜びしか存在しないのです」
posted by しろくま at 20:37| Comment(0) | こんなん読みました^^

2019年02月02日

「初めてのお年玉」に……

初めてのお年玉 男のひといき.jpg
(クリックで拡大します)

これいい話だな〜 
じーんとしました

朝日新聞より
posted by しろくま at 20:58| Comment(0) | 新聞より

" The Secret Garden "


The Secret Garden --- Frances Hodgson Burnett, Wordsworth Editions Ltd, 2018
(この本は2018年だけど初版は1911年に発行されています。100年以上たつのねぇ。)

2月の「子どもの本を読む会」でバーネットの「秘密の花園」が取り上げられることになり

「秘密の花園」といえば!
少女時代(わたしのよ)もう何度読み返したかわからない、大好きだった物語。
(札幌にいた頃だから、小学校低学年くらいかな。これと、「石の花」(バジョーフ)と「愛の妖精」(ジョルジュ・サンド)がスリートップだったような……??)

もう40年以上ぶりくらいに読むものだから、せっかくだから原書にしようと思って
で、せっかくだからこのかわいい表紙のハードカバーにしようと思って買いました。


あーかわいい♪

読みだしたらもうやっぱりおもしろくって、すぐ読んでしまった。

broad Yorkshire ひどいヨークシャー訛りが随所に出てきて、分かりにくいんだけど
音読してみたらそこそこ想像がついたりして

それで音読しながら楽しみました。
Maryが一生懸命ヨークシャー訛りで喋ろうとするところがとってもかわいらしい^^

昔々に読んだきりで、ストーリーも結構忘れていたんだけど、
(この本はインドの暮らしから物語が始まりますけど
小さい頃に読んだ本は荒れ野に着いたところからだったような……???
それが疑問だわ。そんな訳もあったのかも?)

読みながら、ところどころの場面のイメージが蘇ってきました
きっと脳内に刻まれているんだよね


荒れ野の風景とか
風で蔦が揺れて、秘密のドアがみえるところとか
枯れて見える薔薇の枝を折ったら芯が緑色に見えるところとか
夜中にColinを発見するところとか
Maryがきれいにした地面をDickonが褒めるところとか

Colinのヒステリーのシーン
Mr Cravenが奥さんを思い出すところや
頑固な庭師のおじいさん(Ben Weatherstaff) が梯子の上から拳を振り上げて怒るところとか
Dickonのお母さんがMaryに、あなたはきっと美しくおなりですよ、っていうところとか…
あと
最後の、Mrs MedlockとBen Weatherstaffが窓から外をみながら話しているシーン。

そのたびに、
今読んでいるわたしと、こどものわたしが重なるような不思議な体験でもありました

そうそう、"Anne of Green Gables"を読んだ時にも似たようなことを思ったんですけど

今回はこの、old Ben Weatherstaffの気持ちがなんだかとても心に響いて、
よくわかるようで
Benのぎこちない愛情表現に泣けました……
昔はそんなこと気づかなかったと思うんだけど。

Colinのrajahぶりが笑えたのと
あと
この本、前半の主人公はMaryだけど後半はColinになるのかしらね?

一か所、語り手(作者)が顔を出すところも発見。(p.214)


あーおもしろかった
posted by しろくま at 20:27| Comment(0) | こどもの本

2019年01月24日

「多くの人が、この本で変わった。 津留晃一コンセプトノート」


(注:↑リンク先のアマゾンでは中古本がびっくり価格になっていますけど、
版元ネットショップで注文したら定価で買えますので… ご注意くださいませ)
多くの人が、この本で変わった。〜津留晃一コンセプトノート〜 --- 津留晃一/著 英光舎。 2001

この本は実は前にちょっと紹介してたんですけど
先週ようやく読み終わりまして……


なんていうか
人生を変える本だな
もう
これまで読んできたあれやこれや……のたくさんの本たちは
要らないかも

もっと早く出会いたかったような気もするけど
遠回りもわたしの身になっているという実感もあるのです

「この本は、繰り返しお読みください」ってあとがきにある通り
何度も読み返したい本。

ご紹介したいところ、覚書しておきたいところがたくさんあるんですけれども
たくさんありすぎてそんなのむり―
まあ実際に読んでいただくしかないかなーぁ

ということでさわりだけ、ランダムに挙げてみます。

「現実と思っているすべてが、あなたの創造物です」

わたしが一番印象的だったのは
「咎めない」

咎める心、批判する心が今自分の外側に投影されているだけ。
「ああすればいいのに」は裁く心の現れ。
「なんでそんなことをするの」は、正しくないというジャッジ。

そう思ったら、わたしたちはいかに自他共をジャッジして咎めて生きているかなぁ。
それが投影されて現実をつくっているなぁ。

「『良いからする、良くないからしない』。そういった習慣は、基本的に〈恐れ〉から作られました。
〈恐れ〉から始まったことは、すべてあまりうまくいきません」


なんですけど、この本2か月くらいかけて読んでいたので、
その間にわたし自身が少し変わってきていて、
今改めてこのblog書くためにパラパラめくっていると
心に響くところが読んでた時とまた変わってきていることにも今気づいたな。


「『私はこれまで何かを〈すること〉を目的としてきたが、これからは、〈体験〉を目的としよう。
起きてくることこそ、私が体験したかったことなのだから。
だったら、今体験している私は、すべてが〈思いどおり〉ということではないか』。
こう思えるようになって以来、私の世界から〈思いどおりでないこと〉が消えてしまいました」

「どうぞ気づいてください。『相手に伝えたい』と思う心は、〈自分が正しい〉という観点からの発想であることを。

(中略)
あなたが〈自分は正しい〉の観点に立った時、相手も『自分は正しい』の観点から発想を始めます。
こうして対立は生まれます」

「『できる』と想い込んでいることだけが〈できる〉」
「『しよう、しよう』と頑張ろうとするのは『できないかもしれない』と疑っていることにほかなりません。だから、『しよう、しよう』としていることはできないのです」


「あなたを悩ませているのは、」そのものや出来事などではなくて、
あなたの「考え方」〈想い〉の方です、っていうことが
他人のいびきや騒音の例を挙げてわかりやすく書かれています。
「嫌いな理由はあなたの内側にあるのですから」
「あなたは、あなたが〈良くない〉と考えているものによってのみ傷つきます」

「あなたを傷つけ続けているのは、あなたが抱いている否定的価値観なのです。
他人の態度は、あなたが手放すべき価値観を教えてくれているというわけです」

「判断するという行為を通して、あなたは自分自身のパワーを失い続けました」


こう部分だけ列挙すると、なんだか禅問答みたいだから
わかりやすいのも一つ書いとくね。

「怒鳴るその人は、あなたの中に潜んでいて、あなたがまだ認めていない部分を見せようとして現れます。
自分を否定している何らかの考え方が隠されている、その証拠として、あなたの外に表現されているにすぎません」
「『だれかに否定された』と感じるなら、それはあなたが自分を否定していることの現れです」

「『あの人は、こうしたほうがいい』と分かるのなら、あなた自身がもっとそうしてください。
相手に『こうすればいいのに』とアドバイスしたいことこそ、あなた自身がすべきことだと思って、それを実践してください」



「人は自分の信じたものを見ています。
自分の信念が、心の立体鏡として〈現実〉という幻影を生み出します。
ですから、その考え方を変えた瞬間からあなたの現実は変わり始めます」
posted by しろくま at 14:00| Comment(0) | こんなん読みました^^

2019年01月21日

おふろRAS からの〜 自分を大切にしない自分に自分が怒っていたという話。

20190121fullmoon_s.jpg
ここんとこ数日、ずいぶんお月さまが明るいなぁと思っておりましたが
今日満月なんですねぇ

帰宅してふと見ると、山の端から出てきたお月さまがとってもきれいでした


昨日また面白い(?)ことがあったので書いておこうと思ったのですけど
なんか散漫な話になりましたスミマセン(と、はじめにお断りしておこっ)


昨日ですがオットと些細なことで喧嘩をしてたのです
オットはたいていは穏やかな人なんですけど時たま急に
怒り出すことがあるのです

で、この怒りをコントロールできないこの人はいったい私のどんな部分を見せてくれているのだろうって
今日はこれに取り組んでみようと思ったわけ

この、目の前の人は自分を映す鏡っていう
こういう考え方自体は、特に目新しいものではありませんけど
(鏡の法則とかあったよね。「外側は内側の表れ」って昔のエントリにも書いてたりしましたっけ)

RASの上級コース(12月に受講した)で何度も「内側が外側」って繰り返し聞いたもんですから…
(あ、でもRASの説明ではこれが徹底してて、“全ての”事象は自分の内側の現れ。ってことなのです)

で、昨日ゆっくりお風呂につかりながら、
この外側の怒りはわたしの内側のどんな怒り?? って“感じて”みた。
(脳みそを使わないってのがポイントかもー)

わたし一体何に怒ってるの?

そしたらね。
すぐにふっと出てくるのが「自分」

へ?自分??

なんか話が長くなりそうなんでここからは端折りますけれども
「怒りを感じている」とか「怒りを感じてはいけないと感じている」とか思いつくまま解放してみました。

そのあとお布団に入ったときに
(2,3カ月前から、股関節の柔軟をちょこっとだけしているんですけど)
いつものように股関節の開脚してみてびっくり。
もちろん少しずつ柔らかくなってはいたんだけど、昨日はいきなり、めっちゃ開く。

えええええ??????これって解放のおかげかしら。

でね。
朝になって、出かける支度をしていたときにふと閃いた。
わたし、自分に怒っているっていうのは
自分で自分を大切にしてこなかった、って自分が自分に怒っているんじゃぁないかって

やりたいことがあっても人に遠慮したりとか
気兼ねしたりとか
自分はこの程度で十分って考えて何かをあきらめたりとか

それって自分の価値を自分で認めてないよね
自分のすばらしさを見てないよね
(何かができるから価値があるとかいう意味ではなくて、生きている私たちはそれだけで美しくて素晴らしくて価値があるっていうおはなしです)

あああああーーーーーって
思った。

で、ああー分かったっていう気がしたのは
昨日オットともめた後あまりに眠たくてちょっとうたた寝してた時に
印象的な夢を見たんですよね
 ↓ ↓
家の周りの枯れ草に火がついて燃え始めるんです
他の人も手伝ってくれて一通り消えて、ああ延焼しなくってよかったって安堵するんですけど
よく見ると火が消えたみたいでも、ワラが深く積もったところは中でまだ燃えてるんですよね
あ、また燃え始めちゃうってそれを一生懸命消そうとしている夢なんですけど

この夢の意味(メッセージ)を考えてみたけどもよくわからなくって
(そのまま寝た)

それで今朝やっと、この夢の意味が分かったかも!って思った
自分の怒りを消せるのは
自分を大切にできるのは結局
自分だけってことなんじゃないかなーって

で、そんなあとで車を運転していたんですけど
そして今、車の中では3月までに覚えないといけない、ストーリーテリングのための「おはなし」を覚えるべく
自分の声で録音したものをたいてい流しているんですけど

ええ、いつもは、聞いていても(特に最初の録音なんてさ)自分の読み方のまずさが耳について
聞くのもちょっと嫌になっちゃうっていうか
あーーここ直そう、なーんて思いながら(自分にダメ出ししながら)常に聞いているんですけども
(そしてこれまでは、何度も録音しなおして、updateするようにしてた)

それがね。
それが!
今日は!!

その自分のまずい読み方が気にならないのだー。

これちょっとびっくり。
まぁそりゃ難はあるけどさ。とにかくこれ聞いてまず覚えようよ、そっちに集中しようよ。
って気持ちになるのよ。


そんなこんなでどうにも散漫な文章になりましたが
結構自分なりには大きな変化があったの。
なんのおかげかよくわかりませんけど
RASとか今朝の「気づき」とかたぶんいろいろなのかな



あぁ楽。
そして股関節も楽。(* ̄m ̄)


posted by しろくま at 19:40| Comment(0) | RAS ストレス解放システム

「風と行く者」


風と行く者〜守り人外伝〜 --- 上橋菜穂子/著 偕成社 2018

いや〜〜 出てたんですねー!
本屋さんで発見、早速買ってイッキに読んだ^^
まだ少女のころのバルサとジグロが出てきて(回想ではありますが)

ジグロは大好きなキャラクターだからうれしいなぁ

ジグロにとってバルサがどんなに大切だったか
そんなバルサのためにバルサを殴るシーンは涙が出た

でもなんかさ、読後感が爽やかってわけじゃあないのよね
やっぱりこのシリーズはわたしはチャグムが好きで

この本は読み返すことはないかもしれないなぁ
posted by しろくま at 18:57| Comment(0) | こんなん読みました^^

2019年01月14日

イケメンすぎ♡

ojuuchosan_s.jpg
わたし競馬はしませんけど馬が走る姿をみるのは好きっていうか
がんばってるなーきれいだなーって思う
このお写真、大活躍中のオジュウチョウサン(8歳)です
こちらのスポニチのページからお借りしてしまった〜)


イケメンすぎません?
(あの、馬の方です(* ̄m ̄))

お顔のアップ。
オジュウチョウサン3.jpg
りりしいわ。もうなんか夢に出そうかも。


(↑クリックで元ページにリンクします)
posted by しろくま at 22:20| Comment(0) | 馬とわたし

なんちゃってself RASデスガ…

dawning_s.jpg
10日の明け方。
何ともきれいな朝焼けでした。そのあとお日さまが昇ってきて…
sunrise_s.jpg
こんなんなりました
思わず拝みたくなるような朝日でした

ところで。

昨日の晩、モーレツに(←古)左肩が痛かったんです〜(涙)
オットに肩揉んでもらおうと思ったけど先に寝ちゃってたしぃ
(わたしはお風呂入ったり乗馬のビデオ見てべんきょーしたりしてた)

お布団に入って、痛いし、つらつら考えてたら

あれ?
これも
なんかの信じこみがあるよっていうお知らせちがう??
(相変わらず気づくのが遅いっす)

そっかー
ええとー

そういえばー

もう、ちゅん2の入試(センター試験)まで1週間切ったのでありました
いくらのんきな私でも、すこしぴりっとしてきた
しかも
先週ちゅん2熱出したし…… (ちなみに一昨日わたしも調子が悪くって半日寝ていた)

あ、調子は寝たら治ったんですけどもね。
なるべく栄養のあるもの、あったかいものつくろうとかっていつになくがんばってたし

お布団の中で寝ながら、心当たりのある感情を名指ししてセルフオーリング。
で、
RASのセルフケア(感情の解放)で、2つほど解放。(しかし、ナンチャッテ...... かも……)

んー 肩の痛みは、どうかなぁ。

で、右手で左肩を触ってみると、ふと下りてきたきたのが

「責任がある」

わたし、ちゅん2の入試に、責任を感じてる??

で、この信じ込みをテストしてみたら。
あるあるある。セルフオーリングの輪っか固っ!!

で、この信じこみをナンチャッテ解放。
オーリングで確認、
外れている感じだったのでそこで瞬時に眠りに落ちました。


朝。
肩、全然痛くない。
昨晩痛かった、っていう痕跡っていうか、枠みたいなものは残ってた。

これはRASのおかげか? それともぐっすり寝たからか???(* ̄m ̄)

午前中に一度、痛みがぶり返してきましたが
そのあとまた消えて

今はいたくありませーんv


なんか、先月の講座(ファシリテーター養成講座)から少し間があいてて
インストラクターに会ってないので、その間自己流でやってる、って感じもなくもないのですけど

技術はともかく、RASの技術を知らなくても、
「気づき」が一番の解放に導いていくものだそうなので
まあいいんじゃない?

来週またお会いするのでこんなんでいいのか聞いてみよう
いろいろ実験するの楽しいなぁー^^
posted by しろくま at 14:39| Comment(0) | RAS ストレス解放システム

2019年01月08日

今年は〜

Screenshot_20190104-174540.jpg
この詩書いた人天才〜!
ってネットで流れてました。ホント、すごいねぇー(≧∇≦)

さて。
今年は

フランス語と乗馬とRAS を目いっぱい楽しみたいです☆

ということで宣言してみた……(* ̄m ̄)


posted by しろくま at 23:10| Comment(0) | 日々雑感