2019年09月16日

「なぜなぜ八重山の民話」

なぜなぜ八重山の民話〜空・動物・草木・海の物語〜 --- 大石直樹/再話 沖縄自分史センター梶@2012

最終日、フライトの前日は石垣島に泊まったのですけど
(だってまた波が高くて船が欠航になったりしたら、帰れないじゃぁないですかー)

そのホテルがこじんまりしてるけど素敵なところで
picturebookslibrary.jpg
こんなかわいらしい絵本コーナーがあって

そこでこの本に出合いました

一つ一つのおはなしは短めに再話されているのですけど

夜空の星の話がたくさん。
普通にあの星空だものねぇ!

一番多いのは動物の話。
家畜と、鳥たちと、ハブやカエルやカニ^^

そうそう、「龍とムカデ」の話も載っていて(だいぶん短いけど)
「ニワトリは竜の恩人」っていうタイトルで
「そこで昔の琉球では
船の帆柱にムカデの旗をたなびかせました。
嵐を呼ぶ竜神を、天敵のムカデで遠ざけるためです。
また家の棟上式では、屋根にニワトリの絵を掲げます。
恩人のいる家だと竜神に知らせ、雨風をさけるためです」


それに家の中にムカデが入ってきたら、ニワトリの鳴き声の真似をするといい、っていう
言い伝えもあるよう…でした

ほほー^^ 

あとは植物、そして海の魚たちの物語。

八重山の風土が生んだ、海と陸地と空とが目に浮かぶ物語ばかりです

posted by しろくま at 21:18| Comment(0) | こんなん読みました^^

2019年09月15日

「南風(ぱいかじ)よ吹け」

oyakeakahati.jpg
https://amzn.to/2UUJdAx
南風(ぱいかじ)よ吹け〜オヤケ・アカハチ物語〜 --- 新川明/文 儀間比呂志/絵 琉球新報社 2003

波照間島の宿の本棚にありました。
オヤケ・アカハチは波照間(と石垣)の英雄。
もっときっといろいろとはあったのでしょうけど
子ども向けにかみ砕いて書いてありました。(たぶんけっこうな推測も…)

立派な人なのに非業の死をとげます。辛いなぁ…

石垣島の図書館にももちろん並んでいました〜^^ (amazonではすごい値段になっています)

(集落に残る、生誕地の碑です↓)
akahati.jpg
posted by しろくま at 22:23| Comment(0) | こんなん読みました^^

"My Name Is Yoon"


My Name Is Yoon --- Helen Recorvits, pictures by Gabi Swiatkowska, Square Fish, 2014

ハードカバーでは2003年に出ているみたいです。

アメリカに来た、韓国生まれの少女が主人公。

はじめは、あぁ(わたしがアメリカにいた頃結構多かった)韓国からの養子かな?
っておもっちゃったけど
違った。
家族で移住してきた女の子でした。

誇り高くて
自分の気持ちに正直で
それこそ
ユーモア(なのかしら)があって自由で結果大変assertiveであるという

サイコー^^


私たち日本人の名前と同じように
韓国の名前にも 音 に 意味 があるのねぇ
(わたしたちの場合はまずは「音」に、というより「漢字に」ですが、この子の場合はどうなんだろうねぇ?
韓国の方の名前は、今では漢字をもたないハングルの名前の子が多いって聞くけれども。)

そうそう、今日みた、シチェチニン先生の学校のドキュメンタリー映画でも
(スラブ系)ロシア人の名前の音にも意味があるって言ってた。

ここまで行くと言霊の範疇っぽかったな...(と、わたしは思いました)


好きな絵本。お話も、絵も好き。



posted by しろくま at 22:11| Comment(0) | こどもの本

「旅のおわり世界のはじまり」


旅のおわり世界のはじまり --- 黒沢清/監督 日本・ウズベキスタン 2019

個人的に親しみを感じている(そしていつかぜひ訪れてみたい)ウズベキスタンが舞台ということで
波照間に行く前に
とても楽しみに観に行ったのですけど

なんかちっとも面白くなかったわ。ざんねん…
posted by しろくま at 21:46| Comment(0) | たまに観る映画のはなし

「和の国の神さま」


和の国の神さま --- 桜井識子/著 ハート出版 2019

出たて届きたての識子さんの新刊です。
ひとつ前のは、買ったけど、なんか全部読めていなくって……

これは久しぶりに面白かった!
ありがとうございまーす!

っていうか
そうそう、こういうの出来る人だと思っていたんですよね。
史実の検証。
すごくない?

しかも
実際に神社や古墳を訪れて、そこにいらっしゃる
もちろん目に見えない神さまや被葬者の方≪ご本人≫に≪お話を聞く≫
っていう……!!!

今回はそして、古事記が「史実なのかどうか」を聞いちゃってるっていう〜

目を回す人いっぱいいそう。



あーおもしろかった

アマテラスさん、不思議ですね。
「もともと人間」の神さまじゃぁないのね。
(高千穂の天岩戸神社では、権禰宜さん(?わかんない)が
「日本の神様はみんな元人間」っておっしゃってましたが〜)

なんか
ハワイの神さまと似てるような気がするね。個人的には……


「霊能力アップ講座」も、おもしろかったです。

わたし、案外、神さまよりも仏さまよりかもしれないなぁ〜

posted by しろくま at 21:40| Comment(0) | こんなん読みました^^

Hateruma Blue

haterumablue1_s.jpg

波照間には
世界一の星空と
世界一の海がありました
(海には、どうにも根性がなくって、結局入りませんでしたが......)

posted by しろくま at 21:31| Comment(0) | みてある記♪

波照間の星空

stars_s.jpg
とっても久しぶりで、どれから書いたらよいのかわかりませんが

波照間島に行ってきました。一人旅。

本当は、西表島に3,4日いて、それから波照間に渡るつもりでしたが
(西表には若干用事があった)
出発予定日あたりに台風が来て、飛行機を延期しようとしたら予約が取れたのが
丁度、波照間に移動する予定だった日で

ということで西表のみ全キャンセルし、結果短い日程にはなりましたが
無事行って帰ってきました



この降るような星空……


ぼちぼち思いだしながらご紹介しますね。


posted by しろくま at 21:28| Comment(0) | みてある記♪

2019年09月04日

「女性のためのナチュラルハイジーン」


女性のためのナチュラルハイジーン〜生理痛から乳ガン・更年期障害まで、「女性の悩み」すべて解消! --- 松田麻美子/著 グスコー出版 2007

松田さんのナチュラルハイジーンの本は、もうずいぶん前に読んで

「フィット・フォー・ライフ」

あ、わたしが読んだ時はまだ改訂前で、
「ライフスタイル革命」っていうタイトルでした


「常識破りの超健康革命」
この2冊は(amazonさんによると)それぞれ2002年と2003年に買ったらしいです

読んだときにちょっと実践しかけたんですけどちゅん2がまだ小さかったので
わたしだけにしても続けるのは難しかった。
(それにたぶんまだ時期でもなかったかも。)

今回もやっぱり思ったのですけど
この方の論調がわたしはどうも好きになれない。
すごい思い込みの激しさ的なところが鼻についてしまうのであります

とはいえ
熱意はよくわかるし、おっしゃっていることも概ねそうだよなぁ〜って思うのであります

7月からraw率70%目安のローフード生活をしていますので
あと婦人科系の疾患で今月手術を受けることでもありますので
この本読んでおこうと思って手に取りました
(まぁだから、わたしにしては頑張って読んだわよ)

読んで何を得たかというと… まあ主にconfirmationでしょうか…


posted by しろくま at 21:43| Comment(0) | こんなん読みました^^

「いのちの輝き〜フルフォード博士が語る自然治癒力」


いのちの輝き〜フルフォード博士が語る自然治癒力 Dr. Fulford's Touch of Life- The Healing Power of the Natural Life Force --- ロバート・C. フルフォード&ジーン・ストーン/著 上野圭一/訳 翔泳社 1997

はーい この時発見して読みなおしました!
待望の再読♪

やっぱりすごーい おもしろーい

2003年に、この本を買って読んだ時に印をつけていたところと
今回感銘を受けたところが結構違うのが(いつもながらやはり)おもしろい…

Dr.フルフォードは、ご自分にも
他人(患者さん)にも
ものすごく誠実な方だなぁと思いました

「想念は物質」っていう表現が何度も出てきます
「想念エネルギーがあらゆるものの背後にある原因であり、産物は結果に過ぎない」
「想念は空間に形態を持つ、ひとつの実体である」
(この二つは引用)
「想念形態〜思いは生きている」っていう本は、わたしのfavorite booksベスト10に入る超〜面白い本。
これを思いだした

p.89の「記憶(感情生活)をさかのぼる」ワーク、こういうのを処方するDr.フルフォードって素敵だ…

手技を何より大事にしたDr.フルフォードのオステオパシーの臨床ですが
「手を動かしているとき、(中略)なにも考えていないのだ。
ひたすら観察し、手の感触を通じて患者の生命力を感知しようとしているとき、
何かを考えたら感知したものをゆがめてしまう」


これ、(野口)整体のたしか「天心」ってやつかな…

右手と左手で電気の+−がある、っていう話。
(RASの代表が同じことを言っていたな。)
Dr.によると2者間でもそうで、相手の右側には自分の左手で触る、っていうのがとっても大事なんだそうです……

「子どものころに身につけ、神経系に刷り込まれたまま終生引きずっていく多くのパターンのひとつが、その人のストレス対処パターンである」

「外にあらわれる通路がふさがれた思いやイメージは、からだの症状の原因になる」


意識を自己の内側に向けるために、瞑想が有効なこと。
無数の想念が次々に浮かんだら、「想念の存在を認めてやり、そのままやりすごすこと、それを繰り返す」
 「思考を停止させること」

「太陽神経叢」のこと。「腹の脳」

「あたまの脳」と「腹の脳」 「腹の脳の声に耳をかたむけてほしい」

これ、「ハートの声」のことですよね…

鮮やかだったのは人間の心を3層に分けた説明のところです
(恩師サザランド博士、という方の説明なんだそうです)
人間の心を、水に浮かぶ3階建ての家に模して。
海中に沈んでいる地階は本能的なこころ。
1階は潜在意識のこころ
2階は知的なこころ
3階は霊的なこころ

(これ、あれに似てませんか?ほら、あれ…♪)

…となんだかconfirmシリーズのようでございますが
(単に喜んでいるだけです)
そもそも宇宙の法則(「真理」っていうよりもこっちがすき)をとってもしりたい!
っていうのがわたしの基本的な情熱なんですよってどうぞご容赦を。
それに
面白いところを他にも抜き出そうと思ったら、まるまる一冊ぜんぶ、になっちゃうんだもの〜
(* ̄m ̄)

さて、ここまで散漫な感想になっておりますが最後に。

ばななさんが印象に残っているとおっしゃっていた箇所はここでした。


「男女関係」という章(原文ではRelationships)

「永続的な関係を望むなら、見かけや一瞬だけの魅力で人を判断してはならない。
自然がわれわれに、たえず放射しつづけるあのすばらしい生命場という輝きを与えてくれているというのに、真のパートナーを選ぶときにそれを感知して選ぶ人があまりにも少ないのだ。
なにかあたたかいものを発散しているような人、そのあたたかさが何か特別なものだと感じさせる人のすぐそばに立ったことはないだろうか?
まるでその人に包みこまれ、その人自身のなかに誘いこまれるような、こころから歓待されていることが実感できるような感じのする人だ」



ということで、今わたしの興味関心は「生命場」です

気になったのは、「霊的」「精神的」「こころ」「感情」などの訳語が
なんか厳密ではない気がしてとっても気になった。
(これ、シュタイナーの本なんかでも訳しわけが難しいらしいんですよね。ドイツ語だけど)

原文読みたい… (さがしたら部分的にネットで読めるところもありましたが)

さすがの名著。

また読もうー
posted by しろくま at 21:26| Comment(0) | こんなん読みました^^

解放はつづく……

20190904rainbow_s.jpg

今日は頭がぼーっとしてます。

結構な雨雲が通り過ぎたからかもしれないし
最近受けたRASの解放セッションと、去年の怒涛のセッションをついさっき半年以上ぶりに読み返していたから
気づきが一度に押し寄せてきたからかもしれない

その流れのひとつなんですが
さっき aha!体験がありました

先日小豆島に行ったときさくらちゃんを実家に預けていきました
フードはこれかこれをあげてねって託したんだけど
母からLineで「さくらちゃんはこのチキンのが好きだねー」って

そうかな?
どっちも結構好きそうなんだけどなぁって思っていたわたし。

さっきさくらちゃんに晩ごはんをあげていてふと気づきました
チキンの方です
さくらちゃん
あきらかに喜んで食べています

あーわたしこれ、気づいてなかった? 毎日朝晩、このご飯を(さくらちゃんが倒れて以来)
もう1か月もあげてたのに?
でも、母は1回で気がついた?


わたしは母みたいにはなりたくないと思って大きくなったのです
小さい頃から心に痛いことが結構あって
母の考えずに発言するところや、思慮の浅いところ
あとたっぷり感情的になるところがとっても嫌だった
だからそうならないように自分は
思考派だし、感情は表に出さないようにしてるし(漏れてるってことはあると思うけど…)
考え方もずいぶんドライ

だけど
わたしは
母のもつ、「感じる」能力までも自分に否定して(自分に許してなかった!)生きてきたんだなぁって
ハッとしました

これはね
先日もRASのセッションで(そういえば母の話もした)
「本来右脳派なのに、左脳を使って生きてきましたよね。
(わたしの思っている)お母さんみたいじゃなく、適切に右脳を使える人ですよ」

って言われたんだけど
なんか全然ピンと来ていなかったのが

そうか。
このことか〜!

ってわかりました。

で、今日は疲れたのでもう何もせずに寝たいと思います。
わたしはちゃんと感じて、自分の感覚を信頼できる人になれると思います
posted by しろくま at 20:42| Comment(0) | RAS ストレス解放システム