2020年09月14日

「人間のトリセツ」


人間のトリセツ〜人工知能への手紙〜 --- 黒川伊保子/著 ちくま新書 2019

このごろ凝って黒川さんの本を続けて何冊か(数えた。6冊か〜。これで7冊目)読んだけれども
これが一番好きかもしれないなぁー

この本で初めて、黒川さんが自閉スペクトラムだって読んだのと
(ああ、それで、特定の感覚に鋭敏かつ知的なのね。お仕事に生かしていらっしゃいます)
語り口もたおやかで好き。
しなやかな母親視点があるところも。

「日本語では『ありがとう』、英語では I love you. 自尊心をつくる魔法のことばたち」

「20世紀に人々が憧れた理想のエリート脳(今もうっかり、子どもをそう育てようとしている親たちがいる)は、人工知能と変わらない。人工知能時代に、存在価値が薄れる人たちである」


一番(っていうのも実は、決めかねるけどもね)面白かったのは

p135からの「イタリアの絶妙、ドイツの美学、日本の中庸」からの数章ですねー

黒川さんはの脳の使い方のタイプ(「感性モデル」)を
プロセス志向共感型とゴール志向問題解決型の二つであるとして
それぞれ女性脳、男性脳と便宜上読んでいるけれども

一方で言語の発音の特性から
「脳のすぐ近くで筋肉を使い、頭蓋骨の中に音を響かせる言語は、感性モデルに影響を与えている。
母音を主体に音声認識をするイタリア語と、強く擦る子音を多用するドイツ語の使い手では、(中略)
イタリア語はその使い手をプロセス志向共感型に、
ドイツ語はその使い手をゴール志向問題解決型に導く傾向がある」


母音だけではなく、子音を使うときのブレスコントロールも関係するそうですが。

でね、日本語は興味深くて
訓読み主体で(イタリア語のように)プロセス志向共感型
音読み主体で(ドイツ語のように)ゴール志向問題解決型
のように、表現することができるというのね。

載っている例は
「嬉しいです。ありがとうございます」「お納めください」と
「光栄です。感謝していいます」「ご査収ください」


ほほぅ。こうやって、「親しみ」と「敬意(や、緊張感)」を
選択する語彙で表現していると。

……っていうのは一例ですが、こんな感じで

まぁいえばなぞときですけど、とっても面白かったです^^

あぁそうそう。タイトルはいかがなものかと思います。
キャッチ―で、きっと売れるタイトルなんだろうけど。中身はもっとステキよ。
posted by しろくま at 19:18| Comment(0) | こんなん読みました^^

「人は顔を見れば99%わかる」


人は顔を見れば99%わかる〜フランス発・相貌心理学入門〜 --- 佐藤ブゾン貴子/著 河出新書 2020

この頃何かと話題の本ですねー

最初、電子書籍を買ったのですけど、これがもう使いにくいったらさー
いろんなページをちょいちょい参照しながら読みたいので
一通り読んだ後、たまらなくなって紙の本をもう一度買いました。ふふん

見た目のことは、ホメオパシーでもfacial analysisを(も)使います。
この本のような骨格・パーツと配置以外に、表情や肌の色つやなども観察しますけれども。

さて、本書。
すごいおもしろいんですけど、よくわからないのが「こめかみのへこみ」だわ。

本書によると、こめかみの形状は
@まっすぐ Aすこしへこんでいる Bへこんでいる の3パターンに分けられて

@の人はアイディアを現実的思考に置き換える力がある
Aの人は思考力はあるが自分に対する理想(こうじゃなきゃ、という縛り?)がとてもたかく、道徳や常識にとらわれやすい
Bの人は思考が堂々巡りしやすい慎重すぎるタイプ
って読むんだそうで

わたしがイマイチよくわかんないのは、こめかみの線はまっすぐにみえるんだけど、もみあげが前に飛び出していてへこんだように見える人はどうなのよ??

ってことなのです
なので、セミナーを申し込んでしまった……(* ̄m ̄)東京行きます♪


ところで…

先日京都の国立博物館に、観音様を見に行ってきましたが
そのあと三十三間堂にも寄って(向かいだものね)

気がついたのが

仏像のこめかみは必ずまっすぐである。
っていうことと
和尚さんたち(絵に描かれている)のこめかみは大きくへこんでいる(人が多い)
っていうことです。
博物館に展示されていた僧たちの肖像は、大きくこめかみがへこんでいて、あまり人相がおよろしくなかったように思ったわ?

展覧会のことは別に書こうっと。


これ、面白いです。
posted by しろくま at 18:42| Comment(0) | こんなん読みました^^

「隠れ酸欠から体を守る 横隔膜ほぐし」


隠れ酸欠から体を守る 横隔膜ほぐし --- 京谷達矢/著 青春出版社 2020

昨日ですが
この方の一日セミナーがあったので行ってきました
横隔膜ほぐし、のセミナーということでこの本を読んでから出かけました(読むだけならすぐ読めます)

楽健道という独自の整体を考案・主宰されている方です

楽健道の施術は、知人の紹介で、この方ではなかったのですけどお弟子さんの
施術を受けたことがありました。もう数年前ですけど
そのときは、もっと気がかりな不調を抱えていたので
それ自体は施術で好転することはなく
(結局去年手術したのよね)

それ以来の楽健道でした

で!

しばらくの座学の後
最初は横隔膜ほぐしとやらの練習。
本にも載っている体操。

あれー?
身体がしっかり地面にくっついて、重心が低くなって安定している感じ。

ほほーと思っていたところ

次は先生の施術デモ。

まずは男性の方が、施術台の上へ。
ふむふむ。キネシオロジーを応用した、原因か所の診断なのね……

施術はササッと、すぐに再診断、そして、治って(キネシがyesになって)いる……!!

次に、わたしがデモ施術していただけることになりました。

体験すると、もうびっくり。
ほとんど何かされた感じがないのに、再テストすると全然違うー

骨盤の調整(わたしは片方ではなく“両方”下がっていたらしい)と
左膝の痛みの調整をしてもらいました。

ささっとこすったところ、自分でもできますかって聞いたら、自分でやっても無理なんだそう。
そうか、潜在意識にinputが必要なのね。

ということで大変興味深い経験でした。

手術前に、施術していただきたかったなぁ。でも今お会いできたのも何かのタイミングなのでしょう


横隔膜ほぐし、昨日からやっています。
でも、bodytalk accessやら、目の体操やら、ほぼ毎日やるやつがいろいろあってわたし、いそがしいわ。
( ̄m ̄〃)
あ、目の体操のことまだ書いてなかったー。



posted by しろくま at 18:31| Comment(0) | こんなん読みました^^

「看取りの人生」


看取りの人生〜後藤新平の「自治三訣」を生きて〜 --- 内山章子/著 藤原書店 2018

いや〜面白くて一気に読みました。
この方は鶴見俊輔(新聞でよく見るので印象深くお名前だけは知っていた程度)の妹さんで
お姉さんも社会学者の鶴見和子さん(スミマセン存じ上げませんでした)で
お父さんは鶴見祐輔さんで母方のおじいさんは後藤新平さんだとか
(巻末に家系図があるけど政治家・学者の多い超リベラルなおうちですねぇ)

古い日本の、教養ある、上流のおうちの中はこんな風だったのねぇ。
っていうまぁワイドショー的な興味と

4兄弟の3番目で一見「家」の都合の犠牲になった風の著者が
素直に従順に、その成り行きを感謝で回収しながら生きてこられたご様子がよくわかり

昔の人は家制度の中で(多少の揺らぎはありつつも)
それぞれのお役目を与えられて、生きてきたのねぇ。

父母兄弟のすべての看取りに関わりながら、
ご苦労多く忙しい中で還暦すぎて俳句をはじめ、70代で芸大の通信学部に入学し…

この方自体も大変にユニークな方のようで

でもさ
こういう従順な生き方はご自分の中で破たんしなかったのかしら(でしょうね)

太い芯が通っている女性の手記です

新聞の書評か何かで観たんだけど、図書館でも人気で予約待ちでした
早く返さなきゃ……



posted by しろくま at 16:37| Comment(0) | こんなん読みました^^

2020年08月31日

「おとうさんがいっぱい」


おとうさんがいっぱい --- 三田村信行/作 理論社 2003

小学校低学年で十分読める、子どもの本ですけれどもね

SFみたい……


自分(や家族)の、存在、というものに、
ナナメの方向から疑問を投げかけるストーリーで、なかなかにコワイです
(星新一さんをちょっと思い出す)

おもしろかった……

主人公はみんな、ひとりっ子。
わたしとはずいぶん違う環境だけど
コレ子どもの頃に読んでいたら、どう思ったかな。

posted by しろくま at 15:25| Comment(0) | こどもの本

「ムーミン谷の仲間たち」


ムーミン谷の仲間たち --- トーベ・ヤンソン/著 山室静/訳 講談社(青い鳥文庫) 1983

ちゅん2が小学校の頃愛読していた本です。
古い版なので、表紙はこれと違っています

ムーミンシリーズは(アニメの印象とは逆に)割と読みにくくて、
わたしはこれしか読んだことなかったんですけど(2012年でした)

今回これでやっと2冊目。
そして
また衝撃を受けてしまった。

やっぱり、出てくる人(?妖精ってことになってるわ)たちはあくが強くでこぼこなんですが
なんかさぁ。
1冊目読んだ時にはこう思ったけど
この時のわたしにはさぁ

こうするべき、っていうほどの強い調子ではなくても
こうしたほうがよい。っていうやんわりとした、でもわりかし強めの
常識感、まぁいえば、不自由さ、がたくさんあったんだなぁって…

やっと客観的にそう思える自分がいるのであります


そんな私が今回これを読んでみたらば

これはなかなか爽快な物語なんであります

いわば短編集ですけどもね。

一番心に残ったのはフィリフヨンカの話かなー

ムーミンの物語を楽しめるようになるということは

自分のなかの弱さや歪さにOKを出せるっていうか
それも愛おしく思えるようになるってことなんだわ

うわぉー


posted by しろくま at 15:18| Comment(0) | こどもの本

「前向きに生きるなんてばかばかしい」


前向きに生きるなんてばかばかしい --- 黒川伊保子/著 マガジンハウス 2018

これは書き下ろされたものというよりは
(あとがきにありましたが)
編集者がインタビューして、その内容をまとめたもののようです

「やりたいことは夢とは呼ばない」「夢をもたなければならないという強迫観念」
「潜在意識の夢、それも誰でも口にするようなステレオタイプの成功の夢、他人から見て輝かしく見える夢で、脳をロックしてはいけない。それは全方位に動けるパラボラアンテナを一方向に固定してしまうようなものだ」



わたしは、請け負った仕事(といっても、ボランティアだけど)を
だいたい締め切りまで伸ばし伸ばしにするのが得意なので

でも、この頃は、
「それでもターボかかって結局いいものできるやん♪」
と思い直し、これはこれでワクワクするわ。と思ったりしているのですけど

そんなわたしにとってもencouragingだったのは
「ぐずぐずは脳にいい」
「ヒトがぐずぐずしているとき、脳の中ではある力が育まれている。それが『物語力』だ」
「物語力がない人は、あれこれ考えないからどんどん行動できる」


っていうくだりですかねー(* ̄m ̄)

それから

「『他人から見た自分』を目標にしてはいけない」

これ、今パラパラめくっていて、ふっと目に留まったフレーズですけども
昨日bodytalkのセッション受けた後に、プラクティショナーの方と話していたことと
ちょっとシンクロするので、そのことはまた改めて。

黒川さんの他の本とアプローチは違うけれども
そして読みやすいけれども
内容はいつもの黒川さん(そしてやはりエピソードの重複あり)でした。ま、そうか。
posted by しろくま at 15:08| Comment(0) | こんなん読みました^^

「精神科医Tomyが教える 1秒で悩みが吹き飛ぶ言葉」


精神科医Tomyが教える 1秒で悩みが吹き飛ぶ言葉 --- 精神科医Tomy/著 ダイヤモンド社 2020

少し前に読んだんですけど、電子書籍だったもので、ここに書くのをすっかり忘れてました。

Tomyさんは「ゲイで精神科医でなおかつコラムニスト」なんだそうですが

語り口はソフトでユニークに
おっしゃることはなかなかにナルホドなんでございます

たとえばですね…

「019 承認
自己承認欲求は、自分で自分を承認できれば、パーフェクトに解決よ。

他人に承認させようとするから、苦しくなったり面倒くさくなったりするの。
方法は、何かに夢中になること。
夢中になることがなければ、探すこと。
自分の足で自分の人生を歩くこと」

「050 遠ざける
何かを遠ざけるということは、深くかかわることと同じなのよ。」

「065 自分
一番癒してくれる人は、
一番怒ってくれる人は、
一番泣いてくれる人は、
一番人生に影響を与えてくれる人は、そう、自分なの」

「112 運命
運命の人って、いるとしたら
『世界の色を変えてくれる人』だと思うわ」

「130 願う
強く何かを願うと、他の選択肢がみえなくなるわ」



ってかんじです(* ̄m ̄)

ちょっとしたときに、パラパラめくってみて
心に響く言葉を受け取るといいなって思います

「157 肯定
自分の選択が正解か不正解か
なんてことはないの。
肯定できるかどうかだけ。

そして、他人には、肯定も否定もできないのよ。
アナタが肯定しなくて誰が肯定するのよ」


posted by しろくま at 14:52| Comment(0) | こんなん読みました^^

2020年08月20日

「無限の中心で」


無限の中心で --- まはら三桃/著 講談社 2020

昨日図書館で借りてきたんですけど

おもしろっくって、久しぶりに睡眠時間を削ってイッキ読みしました^^

高校生活モノです

たくさんの学科がある総合高校の、数学研究部が舞台。

皆個性的な面々(男子3人)で
彼らに関わることになる主人公の女の子(文系女子)との間でストーリーが進むのですけど
もうひとり、超個性的な数学の天才との出会いがなかなか始まらなくて……

え ここで終わり!??

って感じの幕切れでした

いやーん やだー!
なんて思わせぶり

続編でないかなぁ


ちゃんと取材して書かれた青春小説ってこんな感じなんだなぁ〜
って思いました

スポーツモノもおもしろかったけど
こういうインドア系もいいわぁ

インドアどころか
頭蓋骨の内側だっていう
でも
超インサイドに見えるそこがじつは
無限の宇宙につながっているという


posted by しろくま at 08:28| Comment(0) | こんなん読みました^^

2020年08月18日

「39番目の世界」


39番目の世界 --- ミシェル・フィリパール/著 評論社 1990

図書館で借りて読みました。
舞台はフランスの(架空の)地方都市クレザンフォン、
9歳の少年が主人公の、子ども向けSFです。

フランス語からの訳文なんだけど、日本語がとても妙というか読みにくくて
最初の2ページで読むのやめようかと思いましたけど
まあでも、子どもの頃以来??のSFだしー と思い直し

(小さい頃、何年に一度とか妙にSFばかり読みふける時期がありまして
第1SF期とか第2SF期とか自分で呼んでおりました)

結局、結構面白かったのです
ストーリーがおもしろいというよりも
意外性のある異界の描写と
ちまちました(失礼、とても日常的な)主人公と
権力者たちのばかばかしさ。
一番まともなのが子どもだもんねぇー^^

(あと、ママ:唯一女性の登場人物 が、最後にはなんだか素敵になっている。)


そうそう
気になるのは町の場所ですけど、北緯47.8度東経5.4度はだいたい
クレザンフォン.jpg
このあたり。パリの南東。

ディジョン(マスタードで有名ね)の近くだったみたいな気がしたんだけど、探してみたら別に近くとは書いてなかったわ。
確かに、ディジョンのちょっと上(北東)みたいです
クレザンフォン3.jpg

( ̄m ̄〃)案外ハマっている。
posted by しろくま at 23:48| Comment(0) | こどもの本